第88回アカデミー賞

第88回アカデミー賞
開催日 2016年2月28日 (2016-02-28)
会場 カリフォルニア州ロサンゼルス市ハリウッド
ドルビー・シアター
プレショー ジェス・ケイグル
エイミー・ロバック英語版
ロビン・ロバーツ英語版
ララ・スペンサー英語版
マイケル・ストレイハン
ジョー・ズィー英語版[1]
司会 クリス・ロック[2]
プロデューサー デヴィッド・ヒル英語版
レジナルド・ハドリン[3]
ディレクター グレン・ウェイス
ハイライト
作品賞 スポットライト 世紀のスクープ
最多部門受賞 マッドマックス 怒りのデス・ロード』 (6)
最多部門
ノミネート
レヴェナント: 蘇えりし者』 (12)
TV放映
放送局 ABC
開催時間 3時間37分
視聴率 3430万人[4]
23.4% (ニールセン調査)[5]
 < 第87回 アカデミー賞 第89回 > 

第88回アカデミー賞の授賞式は、映画芸術科学アカデミー(AMPAS)が主催し、2015年の映画を対象としており、2016年2月28日にカリフォルニア州ロサンゼルス市ハリウッドドルビー・シアターPST午後5時30分より開始された[6]。アメリカ合衆国ではABCによって放送され、プロデューサーはデヴィッド・ヒル英語版レジナルド・ハドリン、司会はクリス・ロックが務めた。クリス・ロックは2005年に行われた第77回以来、2度目の司会起用となった[7]

関連イベントとしては、2015年11月14日にハリウッド&ハイランドセンター英語版で第7回ガヴァナーズ賞英語版授賞式が行われ、アカデミーは名誉賞をスパイク・リージーナ・ローランズに、­ジーン・ハーショルト友愛賞デビー・レイノルズにそれぞれ授与した[8]。2016年2月14日にはカリフォルニア州ビバリーヒルズビバリー・ウィルシャー・ホテル英語版オリヴィア・マンジェイソン・シーゲルの司会によりアカデミー技術貢献賞英語版授賞式が行われた[9]

最多受賞は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』であり、6部門を受賞した。『レヴェナント: 蘇えりし者』は最多12部門のノミネートのうち3部門を受賞した。この他に『スポットライト 世紀のスクープ』が作品賞を含む2部門を受賞し、『A Girl in the River: The Price of Forgiveness』、『AMY エイミー英語版』、『ベア・ストーリー』、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』、『ブリッジ・オブ・スパイ』、『リリーのすべて』、『エクス・マキナ』、『ヘイトフル・エイト』、『インサイド・ヘッド』、『ルーム』、『サウルの息子』、『007 スペクター』、『僕はうまく話せない英語版』がそれぞれ1部門で受賞した。

目次

受賞とノミネート編集

第88回アカデミー賞のノミネートは2016年1月14日PST午前5時30分 (UTC13時30分 / EST午前8時30分)にカリフォルニア州ビバリーヒルズサミュエル・ゴールドウィン・シアター英語版で映画監督のギレルモ・デル・トロアン・リー、アカデミー会長のシェリル・ブーン・アイザックス英語版と俳優のジョン・クラシンスキーによって発表された[10][11]。 最多ノミネートは『レヴェナント: 蘇えりし者』の12部門で、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が10部門でこれに続いた[12]アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥは2年連続で監督作品が最多ノミネートを受けた。

一覧編集

 
主演男優賞を受賞したレオナルド・ディカプリオ
 
主演女優賞を受賞したブリー・ラーソン
 
助演男優賞を受賞したマーク・ライランス
 
助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデル
 
長編アニメ映画賞を受賞したピート・ドクター
 
外国語映画賞を受賞したネメシュ・ラースロー英語版
 
短編ドキュメンタリー映画賞を受賞したシャーミーン・オベイド=チノイ英語版
 
作曲賞を受賞したエンニオ・モリコーネ
 
歌曲賞を受賞したサム・スミス
作品賞 監督賞
主演男優賞 主演女優賞
助演男優賞 助演女優賞
脚本賞 脚色賞
長編アニメ映画賞 外国語映画賞
長編ドキュメンタリー映画賞 短編ドキュメンタリー映画賞
短編実写映画賞 短編アニメ賞
作曲賞 歌曲賞
音響編集賞 録音賞
美術賞 撮影賞
メイクアップ&ヘアスタイリング賞 衣裳デザイン賞
編集賞 視覚効果賞

特別賞編集

アカデミーは2015年11月14日に第6回ガヴァナーズ賞英語版授賞式を行い、以下の4人に賞を授与した[13][14][15]

アカデミー名誉賞
ジーン・ハーショルト友愛賞

複数ノミネート作品編集

以下の16の作品が複数部門でノミネートを獲得した。

ノミネート数 作品
12 レヴェナント: 蘇えりし者
10 マッドマックス 怒りのデス・ロード
7 オデッセイ
6 ブリッジ・オブ・スパイ
キャロル
スポットライト 世紀のスクープ
5 マネー・ショート 華麗なる大逆転
スター・ウォーズ/フォースの覚醒
4 リリーのすべて
ルーム
3 ブルックリン
ヘイトフル・エイト
ボーダーライン
2 エクス・マキナ
インサイド・ヘッド
スティーブ・ジョブズ

変更点編集

本年度より、受賞者が行うスピーチに関する規則が変更された。従来、受賞者はスピーチ中に映画関係者やスタッフへの感謝の思いを述べることが多かった。しかし、そうしたスピーチは視聴者にとっては聞きなれない人名の羅列にすぎず、退屈なものとみなされているのではないかという批判が以前からあった。そこで、本年度より、ノミネート者はアカデミー側に感謝したい人物の一覧を提出することになった。受賞した際には、感謝したい人の名前がテロップで流れる。これによって、視聴者を感動させるようなスピーチが増えることが期待されている[16][17]

実際、レオナルド・ディカプリオの環境保護を訴えるスピーチは高い評価を受けた[18][19][20]

批判編集

人種多様性の欠如編集

昨年に引き続いて、演技部門にノミネートされた俳優が白人で占められていることに対して批判が上がっている(ただし、監督賞にはメキシコ出身のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥがノミネートされている)。『ビースト・オブ・ノー・ネーション』のイドリス・エルバや『クリード チャンプを継ぐ男』のマイケル・B・ジョーダンなどノミネートに期待がかかっていた俳優がいたにも拘らず、それが無視されたのはアカデミーの保守性を示唆するものだというのである[21][22][23]。本年度の授賞式の司会を務めるクリス・ロックも自身のTwitterで「アカデミー賞は白人のBET賞だね。」と揶揄した[24]。こうした批判に対し、映画芸術科学アカデミーシェリル・ブーン・アイザックス会長は「もちろん、わたしも失望を感じている。しかし、ノミネート者が白人で占められたからといって、ノミネートされた演技・作品の素晴らしさが失われるわけではない。」との声明を出したが[25]、1月18日に選考メンバーの見直しが発表された[26]

こうしたノミネート結果を受けて、女優のジェイダ・ピンケット=スミスと映画監督で本年度の名誉賞受賞者であるスパイク・リーが授賞式に出席しないとの声明を発表した[27][28]。彼らの呼びかけを受けて、ピンケット=スミスの夫であるウィル・スミスらが授賞式欠席を表明した[29]。また、助演男優賞にノミネートされたマーク・ラファロはボイコットに賛同の意を示したが[30]、「聖職者に虐待された人々や正義を貫いたジャーナリズムを支持する意味を込め、私自身は授賞式に出席するつもりだ」と自身のTwitterで表明した[31][32]

ただし、ボイコットに対し批判の声も上がっている。ウーピー・ゴールドバーグは2016年1月19日に放送された『ザ・ビュー』において、「私も今回のオスカーで非白人がノミネートされなかったことに対して不満を感じる。しかし、人種問題はアカデミー賞に限ったことではない。ハリウッド全体の問題だ。多様な人種の俳優が出演する映画が製作されない限り、問題が解決されることはない。」「授賞式のボイコットは司会を務めるクリス・ロックに平手打ちをするようなものだ」と述べた[33][34]

アカデミーとしても批判を気にしたのか、授賞式開幕からクリス・ロックのトークは黒人のノミニーが居ないことを徹底的に皮肉って逆に会場の笑いを誘い[35])、アンジェラ・バセットが1分ビデオで「それでも有能なブラック俳優が居るのを紹介します。映画「エネミー・オブ・アメリカ」で主役級の役を演じ、…(ウィル・スミスと思わせる前フリを1分近く話して)ジャック・ブラック(白人の端役俳優)です。」とオチを付ける映像を会場で流しもした。

シャーロット・ランプリングはラジオ番組で「(演技部門に黒人がノミネートされなかった)本当の理由は誰にもわからないが、黒人俳優の演技がノミネートに値するものではなかったからではないか。」「なぜ人間を分類するのか。私たちは誰もがある程度は受け入れられる時代に生きているのに」と述べたところ、『ガーディアン』をはじめとするメディアが「ランプリングがボイコット運動を白人に対する人種差別だと主張した」と報じ物議を醸した[36][37]。これに対し、ランプリングは「誤解である。理想の社会では全ての演技に評価される機会が平等に与えられるということを言いたかっただけだ。」「人種多様性を実現するためにアカデミーが改革に乗り出したことは女優にとって励みになることだ。」とコメントを出した[38]

「ホワイトオスカー」をめぐる批判は他のマイノリティの冷遇に対する批判にもつながった。ジョージ・クルーニーはアカデミー賞の黒人俳優に対する冷遇を批判しつつも、「ヒスパニック系の俳優に対する冷遇はもっと酷い。改善していくべきだ。」と述べた[39][40]ジュリー・デルピーは「かつて私はアカデミー会員に女性が極めて少ないという問題を提起したが、映画界はそれを黙殺した。」「フェミニストは人々がとりわけ忌み嫌う人間だ。この業界で女性であるということほど過酷なことは無い。」「時々、私がアフリカ系アメリカ人であったらよかったのにと思うことがある。人々は黒人を圧殺しようとはしないから。」と述べた[41]

『キャロル』の作品賞・監督賞ノミネート漏れ編集

批評家・観客の双方から高い評価を受け、数々の映画賞を受賞した『キャロル』が作品賞と監督賞にノミネートされなかったことに対しても批判の声が上がっている。『キャロル』は女性同士の恋愛を描いた映画である。(そのため、保守的なアカデミー会員には受けないのではないかという予測はノミネート発表以前から出ていた[42])。また、原作者のパトリシア・ハイスミスと監督のトッド・ヘインズLGBTである。そうであるために、アカデミーが『キャロル』を選外としたことは同性愛者に対する差別意識の表れであるとの批判が集まった[43]

ただし、このような批判に異を唱える批評家もいる。ヘザー・ホーガンは2010年第83回アカデミー賞の作品賞にノミネートされた『キッズ・オールライト』がレズビアンのカップルを題材にした家族ドラマであったことを根拠として、『キャロル』の落選はLGBTに対する差別が原因ではないと主張する。ホーガンはアカデミー賞の投票権を持つ人間の76%が男性で占められていることが『キャロル』落選の理由だと指摘している。男性のアカデミー会員には男性を求めない女性の心情が理解できなかったのだという[44]

参考文献編集

  1. ^ Robin Roberts & Michael Strahan Host ABC's OSCARS OPENING CEREMONY: LIVE FROM THE RED CARPET Today'”. Broadway World (2016年2月28日). 2016年2月29日閲覧。
  2. ^ Parker, Ryan (2015年10月21日). “It's Official: Chris Rock to Host Oscars”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). http://www.hollywoodreporter.com/news/chris-rock-host-oscars-2016-833567 2015年10月21日閲覧。 
  3. ^ Hammond, Pete (2015年9月1日). “Oscars: David Hill & Reginald Hudlin To Produce 88th Academy Awards”. Deadline.com (Penske Media Corporation). 2015年9月1日閲覧。
  4. ^ Broadcast primetime live + same-day ratings for Sunday, Feb. 28, 2016”. Rick Porter. TV By Numbers (2016年2月29日). 2016年3月1日閲覧。
  5. ^ Early Oscar ratings are the lowest in years”. James Hibberd. Entertainment weekly (2016年2月29日). 2016年3月1日閲覧。
  6. ^ “When Are The Oscars 2016? Start Time and Date for The 88th Academy Awards!”. Jim Donnelly (The Academy). (2016年1月29日). http://oscar.go.com/news/oscar-news/when-are-the-oscars-2016-start-time-and-date-for-the-88th-academy-awards 2016年2月1日閲覧。 
  7. ^ Oldham, Stuart (2015年10月21日). “Chris Rock Confirmed to host The Oscars”. Variety (Penske Media Corporation). http://variety.com/2015/film/news/chris-rock-oscars-host-1201623174/ 2015年10月21日閲覧。 
  8. ^ Whipp, Glenn (2015年11月15日). “Governors Awards: Academy bestows honors, announces new diversity initiative”. Los Angeles Times. http://www.latimes.com/entertainment/envelope/goldstandard/la-et-mn-governors-awards-oscars-20151115-column.html 2016年2月4日閲覧。 
  9. ^ Sarah, Huggins (2016年1月29日). “Olivia Munn and Jason Segel To Host 2016 Sci-Tech Awards”. The Academy (Oscar.org). http://oscar.go.com/news/oscar-news/olivia-munn-and-jason-segel-to-host-academys-sci-tech-awards 2015年1月29日閲覧。 
  10. ^ Coggan, Devan (2016年1月13日). “John Krasinski, Guillermo del Toro, Ang Lee to announce Oscar nominations”. Entertainment Weekly (Time Inc.). http://www.ew.com/article/2016/01/11/oscars-john-krasinski-guillermo-del-toro-ang-lee 2016年1月11日閲覧。 
  11. ^ Ford, Rebecca (2016年1月14日). “Oscar Nominations: The Complete List”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). http://www.hollywoodreporter.com/lists/oscar-nominations-complete-list-855398 2016年1月14日閲覧。 
  12. ^ Shoard, Catherine; Pulver, Andrew (2016年1月14日). “Oscar nominations 2016: The Revenant leads field, Mad Max in second place”. The Guardian (Guardian Media Group). http://www.theguardian.com/film/2016/jan/14/oscar-nominations-2016-the-revenant-leads-field-mad-max-in-second-place 2016年1月18日閲覧。 
  13. ^ “Spike Lee, Debbie Reynolds And Gena Rowlands To Receive Academy'S 2015 Governors Awards”. 映画芸術科学アカデミー. (2015年8月27日). http://www.oscars.org/news/spike-lee-debbie-reynolds-and-gena-rowlands-receive-academys-2015-governors-awards 2015年9月1日閲覧。 
  14. ^ Kilday, Gregg (2015年8月27日). “Spike Lee, Gena Rowlands and Debbie Reynolds to Get Honorary Oscars”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). http://www.hollywoodreporter.com/news/spike-lee-honorary-oscar-winner-817780 2015年9月1日閲覧。 
  15. ^ Hammond, Pete (2015年8月27日). “Oscars: Academy President Cheryl Boone Isaacs On Governors Awards Winners’ Reactions – "They Always Take My Call"”. Deadline.com (Penske Media Corporation. http://deadline.com/2015/08/oscars-academy-president-governors-awards-winners-reactions-they-always-take-my-call-1201508613/ 2015年9月1日閲覧。 
  16. ^ アカデミー賞の受賞スピーチのルール変更へ”. 2016年2月28日閲覧。
  17. ^ The Oscars' weird new speech rule: awesome or embarrassing?”. 2016年2月28日閲覧。
  18. ^ DiCaprio calls for action on climate change in Oscars speech – video”. 2016年2月29日閲覧。
  19. ^ Leonardo DiCaprio Wins First Oscar, Says "Climate Change Is Real"”. 2016年2月29日閲覧。
  20. ^ レオナルド・ディカプリオが悲願のアカデミー賞主演男優賞を受賞”. 2016年2月29日閲覧。
  21. ^ The Oscars Are Very White This Year—Again”. 2016年1月15日閲覧。
  22. ^ Academy Nominates All White Actors for Second Year in Row”. 2016年1月15日閲覧。
  23. ^ The Oscars Are Way Too White, Again”. 2016年1月15日閲覧。
  24. ^ https://twitter.com/chrisrock/status/688134422604849152?lang=ja
  25. ^ Academy President Addresses Lack of Oscar Diversity”. 2016年1月15日閲覧。
  26. ^ アカデミー賞会長、白人だらけのノミネーションに選考メンバー見直し発表【第88回アカデミー賞】”. シネマトゥデイ (2016年1月19日). 2016年1月19日閲覧。
  27. ^ 白人のみのアカデミー賞ボイコットへ…ウィル・スミス妻やスパイク・リーが表明【第88回アカデミー賞】”. 2016年1月20日閲覧。
  28. ^ Spike Lee, Jada Pinkett Smith to boycott this year's Oscars”. 2016年1月20日閲覧。
  29. ^ Will Smith Confirms He Won't Attend Oscars; Mark Ruffalo “Weighing” Appearance”. 216-01-21閲覧。
  30. ^ https://twitter.com/MarkRuffalo/status/690237124289794048
  31. ^ https://twitter.com/MarkRuffalo/status/690235498573365248
  32. ^ Mark Ruffalo Calls America ‘Rife With White Privilege Racism’”. 2016年1月22日閲覧。
  33. ^ Whoopi Goldberg on Oscars' Diversity: Black Movies Not Being Made; She Won't Boycott Awards”. 2016年1月22日閲覧。
  34. ^ アカデミー賞“白人候補問題” ウーピー・ゴールドバーグ、授賞式ボイコットに持論”. 2016年1月22日閲覧。
  35. ^ 冒頭が「今回を含め88回中、黒人のノミニーが居ない年は50回以上あったから珍しくはない。その殆どは昔だけどね。当時はオレたち黒人は、公民権運動に忙しくてアカデミー賞どころじゃなかったからね。」
  36. ^ Oscars 2016: Charlotte Rampling says diversity row is 'racist to white people'”. 2016年1月22日閲覧。
  37. ^ Charlotte Rampling says Oscars diversity debate is 'racist to whites'”. 2016年1月22日閲覧。
  38. ^ Charlotte Rampling says Oscar racism comments were 'misinterpreted'”. 2016年1月23日閲覧。
  39. ^ George Clooney on White Oscars: ‘We’re Moving in the Wrong Direction’ (EXCLUSIVE)”. 2016年1月20日閲覧。
  40. ^ ジョージ・クルーニー、今年のアカデミー賞演技部門のノミネーションをめぐる問題に言及”. 2016年1月22日閲覧。
  41. ^ Julie Delpy Says Hollywood Dumps on Women Most: ‘I Sometimes Wish I Were African American’ (Video)”. 2016年1月22日閲覧。
  42. ^ https://twitter.com/oscarnoyukue/status/687612169890877440
  43. ^ Why Did Carol Get Shut Out of Oscar’s Biggest Categories?”. 2016年1月15日閲覧。
  44. ^ The “Carol” Oscars Snub: The Problem Isn’t Lesbians, It’s Misandry”. 2016年1月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集