第88回全国高等学校野球選手権大会

第88回全国高等学校野球選手権大会(だい88かいぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかい)は、2006年8月6日から8月21日までの16日間にわたって阪神甲子園球場で行われた全国高等学校野球選手権大会である。

日本の旗 第88回全国高等学校野球選手権大会
試合日程 2006年8月6日 - 8月21日
出場校 49校
参加校数 4112校
優勝校 早稲田実西東京、初優勝)
試合数 49(再試合1)試合
開会式司会 畑あゆみ(兵庫小野高校
小枝真也(兵庫・須磨東高校
入場先導 坂本和也(兵庫・高砂高校
選手宣誓 中村浩樹(三重三重高校
始球式 松田弘晃(京都久美浜高校
小坂一文(京都・久美浜高校)
田家源也(京都・久美浜高校)
田中健太(京都・久美浜高校)
閉会式司会 高杉由香理(兵庫・加古川北高校
山口達也(兵庫・小野高校)
総入場者数 852,000人(1日平均53,250人)
大会本塁打 60本塁打
 < 20052007 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

目次

概要編集

  • キャッチフレーズは、「夏の仲間にありがとう」。
  • この大会をもって、初戦の東西対戦は終了し、翌年の第89回大会から全地区フリー対戦となる。ただし、翌年以降も毎年2チームが出場する北海道・東京は、南北同士・東西同士にならないように対応が執られる(記念大会時には、埼玉・千葉・神奈川・愛知・大阪・兵庫も2チームが出場するため、北海道・東京と同じ対応が執られる)。
  • 決勝戦は戦後初の選手権3連覇を目指す駒大苫小牧と、ハンカチ王子として注目を集めていた斎藤佑樹擁する早稲田実業との対戦となった。8月20日の試合は延長15回まで1-1と両校共に譲らず37年ぶりの決勝戦引き分けとなり、翌21日の再試合で4-3にて早稲田実業が勝利し初優勝となった。
  • 山形代表の日大山形が山形県勢として初めてベスト8に進出した。これにより、47都道府県全てが春夏の両大会でベスト8以上に進出したことになった。

日程編集

出場校編集

東日本
地方大会 代表校 出場回数
北北海道 白樺学園 初出場
南北海道 駒大苫小牧 4年連続6回目
青森 青森山田 3年連続7回目
岩手 専大北上 6年ぶり5回目
秋田 本荘 18年ぶり3回目
山形 日大山形 8年ぶり14回目
宮城 仙台育英 5年ぶり19回目
福島 光南 初出場
茨城 常総学院 3年ぶり10回目
栃木 文星芸大付 6年ぶり9回目
群馬 桐生第一 2年ぶり8回目
埼玉 浦和学院 2年ぶり8回目
千葉 千葉経大付 2年ぶり2回目
東東京 帝京 4年ぶり9回目
西東京 早稲田実 10年ぶり27回目
神奈川 横浜 2年ぶり12回目
山梨 甲府工 7年ぶり8回目
静岡 静岡商 32年ぶり9回目
愛知 愛工大名電 2年連続8回目
岐阜 県岐阜商 2年ぶり26回目
三重 三重 11年ぶり9回目
新潟 日本文理 2年ぶり4回目
長野 松代 初出場
富山 福岡 初出場
西日本
地方大会 代表校 出場回数
石川 金沢 3年ぶり11回目
福井 福井商 2年連続17回目
滋賀 八幡商 6年ぶり6回目
京都 福知山成美 7年ぶり2回目
大阪 大阪桐蔭 2年連続4回目
兵庫 東洋大姫路 5年ぶり11回目
奈良 天理 4年連続23回目
和歌山 智弁和歌山 2年連続14回目
岡山 関西 2年連続7回目
広島 如水館 5年ぶり5回目
鳥取 倉吉北 4年ぶり6回目
島根 開星 4年ぶり4回目
山口 南陽工 28年ぶり2回目
香川 香川西 3年ぶり2回目
徳島 徳島商 6年ぶり21回目
愛媛 今治西 3年ぶり9回目
高知 高知商 9年ぶり22回目
福岡 福岡工大城東 9年ぶり2回目
佐賀 佐賀商 2年連続14回目
長崎 清峰 2年連続2回目
熊本 熊本工 3年連続18回目
大分 鶴崎工 17年ぶり3回目
宮崎 延岡学園 6年ぶり5回目
鹿児島 鹿児島工 初出場
沖縄 八重山商工 初出場

組み合わせ・試合結果編集

1回戦 - 3回戦編集

- 2回戦 3回戦
                   
 
8月10日(3)
 
 南陽工 3
 駒大苫小牧 5
 
8月15日(1)
 
 駒大苫小牧 10x
 青森山田 9
 
8月11日(1)
 
 延岡学園 0
 
 青森山田 7
      
      
- 2回戦 3回戦
                   
 
8月11日(2)
 
 桐生第一 6
 佐賀商 5
 
8月15日(2)
 
 桐生第一 2
 東洋大姫路 5
 
8月11日(3)
 
 東洋大姫路 4
 
 甲府工 2
      
      
- 2回戦 3回戦
                   
 
8月11日(4)
 
 専大北上 0
 福岡工大城東 4
 
8月15日(3):延長10回
 
 福岡工大城東 4
 帝京 5
 
8月12日(1)
 
 如水館 2
 
 帝京 10
      
      
1回戦 2回戦 3回戦
                   
 
8月12日(2)
 
 日本文理 1
 香川西 2
 
8月15日(4)
 
 香川西 3
 鹿児島工 9
 
8月12日(3)
 
 鹿児島工 3
8月6日(1)  
 高知商 2
 高知商 10     
 白樺学園 7     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
8月6日(2)
 早稲田実 13
8月12日(4)
 鶴崎工 1
 早稲田実 11
8月6日(3)
 大阪桐蔭 2
 大阪桐蔭 11
8月16日(1)
 横浜 6
 早稲田実 7
8月7日(1)
 福井商 1
 清峰 22
8月13日(1)
 光南 3
 清峰 6
8月7日(2)  
 福井商 7
 福岡 1     
 福井商 8     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
8月7日(3)
 徳島商 1
8月13日(2)
 仙台育英 5
 仙台育英 3
8月7日(4)
 日大山形 6
 日大山形 6
8月16日(2):延長13回
 開星 2
 日大山形 11x
8月8日(1)
 今治西 10
 関西 10
8月13日(3)
 文星芸大付 11x
 文星芸大付 3
8月8日(2)  
 今治西 12
 常総学院 8     
 今治西 11     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
8月8日(3):延長11回
 倉吉北 6
8月13日(4)
 松代 7x
 松代 3
8月8日(4):延長10回
 八重山商工 5
 千葉経大付 6
8月16日(3)
 八重山商工 9
 八重山商工 3
8月9日(1)
 智弁和歌山 8
 智弁和歌山 4
8月14日(1)
 県岐阜商 1
 智弁和歌山 5
8月9日(2)  
 金沢 2
 浦和学院 3     
 金沢 9     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
8月9日(3)
 八幡商 2
8月14日(2)
 静岡商 8
 静岡商 0
8月9日(4)
 福知山成美 4
 愛工大名電 4
8月16日(4)
 福知山成美 6
 福知山成美 6
8月10日(1)
 熊本工 3
 熊本工 6
8月14日(3)
 三重 4
 熊本工 5
8月10日(2)  
 天理 3
 本荘 5     
 天理 7     

準々決勝編集

8月17日

  • 駒大苫小牧 5 - 4 東洋大姫路
  • 智弁和歌山 13x - 12 帝京(詳細

8月18日

  • 早稲田実 5 - 2 日大山形
  • 鹿児島工 3 - 2 福知山成美(延長10回)

準決勝編集

8月19日

  • 駒大苫小牧 7 - 4 智弁和歌山
  • 早稲田実 5 - 0 鹿児島工

決勝編集

8月20日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 R H E
駒大苫小牧 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 7 1
早稲田実 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 10 1
  1. (延長15回・大会規定により引き分け)
  2. (駒) : 菊地、田中 - 小林
  3. (早) : 斎藤 - 白川
  4. 審判:球審…赤井、塁審…長谷川・日野・小山
  5. 試合時間:3時間37分

8月21日(再試合)

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
駒大苫小牧 0 0 0 0 0 1 0 0 2 3 6 1
早稲田実 1 1 0 0 0 1 1 0 X 4 6 0
  1. (駒) : 菊地、田中 - 小林、及川
  2. (早) : 斎藤 - 白川
  3. 審判:球審…赤井、塁審…長谷川・日野・小山
  4. 試合時間:1時間56分

大会本塁打編集

1回戦
  • 第1号:筒井和哉(高知商)
  • 第2号:前田竜太(高知商)
  • 第3号:謝敷正吾(大阪桐蔭)
  • 第4号:中田翔(大阪桐蔭)
  • 第5号:越前一樹(横浜)
  • 第6号:大津智(清峰)
  • 第7号:吉村圭司(福井商)
  • 第8号:吉村圭司(福井商)
  • 第9号:菅田侑弥(仙台育英)
  • 第10号:山本直哉(関西)
  • 第11号:熊代剛(関西)
  • 第12号:宇高幸治(今治西)
  • 第13号:崎原悠介(今治西)
  • 第14号:宮本大輔(常総学院)
  • 第15号:本川翔太(倉吉北)
  • 第16号:廣井亮介(智弁和歌山)
  • 第17号:赤坂和幸(浦和学院)
  • 第18号:中西良(三重)
  • 第19号:高橋佑介(天理)
  • 第20号:東海林潤(本荘)
2回戦
  • 第21号:大東憲司(青森山田)
  • 第22号:野田雄大(青森山田)
  • 第23号:本田誠矢(青森山田)
  • 第24号:不破卓哉(帝京)
  • 第25号:中村晃(帝京)
  • 第26号:塩澤佑太(帝京)
  • 第27号:雨森達也(帝京)
  • 第28号:船橋悠(早稲田実)
  • 第29号:小杉太郎(大阪桐蔭)
  • 第30号:川西啓介(早稲田実)
  • 第31号:佐々木優介(清峰)
  • 第32号:金城長靖(八重山商工)
  • 第33号:駒谷謙(福知山成美)
  • 第34号:藤原宏文(天理)
3回戦
  • 第35号:野田雄大(青森山田)
  • 第36号:鷲谷修也(駒大苫小牧)
  • 第37号:中澤竜也(駒大苫小牧)
  • 第38号:林崎遼(東洋大姫路)
  • 第39号:榎下陽大(鹿児島工)
  • 第40号:船橋悠(早稲田実)
  • 第41号:斎藤佑樹(早稲田実)
  • 第42号:舟生源太(日大山形)
  • 第43号:宇高幸治(今治西)
  • 第44号:桑原大貴(今治西)
  • 第45号:青野翔太(今治西)
  • 第46号:廣井亮介(智弁和歌山)
  • 第47号:廣井亮介(智弁和歌山)
準々決勝
  • 第48号:林崎遼(東洋大姫路)
  • 第49号:馬場一平(智弁和歌山)
  • 第50号:馬場一平(智弁和歌山)
  • 第51号:上羽清継(智弁和歌山)
  • 第52号:廣井亮介(智弁和歌山)
  • 第53号:塩澤佑太(帝京)
  • 第54号:沼田隼(帝京)
  • 第55号:橋本良平(智弁和歌山)
  • 第56号:鮫島哲新(鹿児島工)
準決勝
  • 第57号:後藤貴司(早稲田実)
決勝
  • 第58号:三木悠也(駒大苫小牧)
決勝再試合
  • 第59号:三谷忠央(駒大苫小牧)
  • 第60号:中澤竜也(駒大苫小牧)

記録編集

大会記録編集

記録 補足
大会本塁打 60 大会新記録

チーム記録編集

記録 校名 選手名 対戦校・記録イニング 補足
2者連続本塁打 大阪桐蔭 謝敷、中田 1回戦・横浜戦 多数
帝京 中村、塩沢 2回戦・如水館戦 多数
早稲田実 船橋、斎藤 3回戦・福井商戦 多数
1イニング全員得点 清峰 - 1回戦・光南戦8回 -
9イニング目での最多得点 8 帝京 - 準々決勝・智弁和歌山戦9回 大会新記録
4点差からの逆転サヨナラ勝利 智弁和歌山 - 準々決勝・帝京戦9回 大会新記録
チーム1試合最多本塁打 5 智弁和歌山 馬場2、上羽、廣井、橋本 準々決勝・帝京戦 大会新記録
チーム1試合最多犠打 9 静岡商 - 1回戦・八幡商戦 大会タイ記録(3校目)[1]
両チーム1試合最多本塁打 7 智弁和歌山、帝京 智弁和歌山5(馬場2、上羽、廣井、橋本)、帝京2(塩沢、沼田) 準々決勝 大会新記録
勝利投手、敗戦投手とも投球数1 智弁和歌山、帝京 智弁和歌山(松本)、帝京(杉谷 準々決勝 大会新記録
連続決勝進出 3 駒大苫小牧 - - 大会タイ記録(4校目)[2]

個人記録編集

記録 選手名 所属校 対戦相手 補足
1試合2本塁打 吉村圭司 福井商 1回戦・福岡戦 多数
廣井亮介 智弁和歌山 3回戦・八重山商工戦 多数
馬場一平 智弁和歌山 準々決勝・帝京戦 多数
個人最多試合登板 7 斎藤佑樹 早稲田実 - 大会新記録
個人最多投球回 69 斎藤佑樹 早稲田実 - 大会新記録

脚注編集

  1. ^ 横浜商1979年3回戦・対豊浦戦)、広島商1988年3回戦・対日大一戦)に並ぶ史上3校目。
  2. ^ 和歌山中1921年-23年)、中京商1931年-33年)、PL学園1983年-85年)に並ぶ史上4校目。

関連項目編集

外部リンク編集