第9回選抜中等学校野球大会

第9回選抜中等学校野球大会(だいきゅうかいせんばつちゅうとうがっこうやきゅうたいかい)は、1932年昭和7年)3月30日から4月5日まで甲子園球場で行われた選抜中等学校野球大会である。

日本の旗 第9回選抜中等学校野球大会
試合日程 1932年3月30日 - 4月5日
出場校 20校
優勝校 松山商愛媛、7年ぶり2回目)
試合数 19試合
入場行進曲爆弾三勇士の歌
選手宣誓 河村正夫(大分大分商
始球式 城戸元亮(大会副会長・大阪毎日新聞社主幹)
大会本塁打 1本塁打
 < 19311933 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

概要編集

野球統制令(昭和7年3月28日文部省訓令第4号)が4月1日に施行され、第4回大会以来続いてきた優勝校のアメリカ旅行が中止された。毎日新聞社は、これに代わって最多本塁打の打者に贈る「ベーブ・ルース賞」を設定した。

また、第1回以来の優勝校の校章と校名を記したプレートを、外野フェンスに掲示することを始めた。

出場校編集

組み合わせ・試合結果編集

1回戦 - 準決勝編集

1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝

 明石中 3

 広陵中 0
 明石中 16

 小倉工 1
 小倉工 3

 鳥取二中 2
 明石中 1
 京都師範 0
 

 
 京都師範 2
 海草中 0
 

 
 明石中 4
 和歌山中 2
 

 
 和歌山中 2
 甲陽中 0
 

 
 和歌山中 3
 浪華商 2
 

 
 浪華商 3
 
 大分商 1
      
      
1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
 

 
 松山商 8
 岐阜商 0
 

 
 松山商 8
 八尾中 0
 

 
 八尾中 1
 静岡中 0
 
(延長10回)
 
 松山商 3

 中京商 2
 中京商 3
(延長10回)
 平安中 1
 中京商 3x

 坂出商 2
 坂出商 4

 広島商 1
 中京商 8
 長野商 0
 

 
 長野商 2
 
 早稲田実 0
      
      

決勝編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
松山商 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
明石中 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  1. (松) : 三森 - 藤堂
  2. (明) : 楠本 - 福島
  3. 審判:球審…鶴田、塁審…名倉・町田・富永
松山商
打順守備選手
1[遊]高須清
2[右]岩見新吾
3[捕]藤堂勇
4[二]尾崎晴男
5[投]三森秀夫
6[三]景浦將
7[一]山内豊
8[中]杉田辰見
三津田希典
9[左]宇野丈秋
明石中
打順守備選手
1[中]中田武雄
2[二]横内明
3[右]山田勝三郎
4[投]楠本保
5[遊]峰本三一
6[一]松下繁二
7[三]平林栄吉
8[捕]福島安治
9[左]田口重雄

松山商は4回表、5番三森の適時打で先制。この虎の子の1点を三森自らがドロップの連投で守りきり、2回目の優勝を遂げた。明石中は松山商を上回る6安打を放ちながら散発に終わり、唯一のチャンスであった6回裏の二死三塁も活かせなかった。

なお、明石中の楠本は今大会2度(広陵中戦、京都師範戦)の全員奪三振を記録した。

大会本塁打編集

出場した主な選手編集

関連項目編集

外部リンク編集