メインメニューを開く

第90回記念選抜高等学校野球大会(だい90かいきねんせんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい)は、2018年(平成30年)3月23日から4月4日まで阪神甲子園球場で開催された選抜高等学校野球大会である。

日本の旗 第90回記念選抜高等学校野球大会
試合日程 2018年3月23日 - 4月4日
出場校 36(一般枠・神宮枠:33、21世紀枠:3)校
優勝校 大阪桐蔭大阪、2年連続3回目)
試合数 35試合
開会式司会 入場行進:成松海悠(熊本・熊本一[注 1]
式典:廣瀬久実(山梨・山梨学院
入場行進曲今ありて」(大会歌)
国歌独唱 冨永春菜(茨城・水戸三
選手宣誓 新保利於(瀬戸内
始球式 鈴木大地スポーツ庁長官)
閉会式司会 木村太飛(青森・北斗
総入場者数 540,000人(1日平均45,000人)[1]
大会本塁打 20本塁打
 < 20172019 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

目次

概要編集

出場校数は前回の記念大会と同じ36校となった[注 2]

今大会から、延長戦におけるタイブレーク方式が導入された[2]。大会では1回戦から準決勝までの試合で延長13回に入った際、その表の攻撃から『ノーアウトランナー・一塁二塁』とし、打順も前イニングからの継続(例:四番打者の打席でイニングが始まる場合は、二番打者と三番打者をランナーとして塁に置く)として延長イニング数無制限で試合を再開する。ただし1人の投手が登板できるイニング数は通算15回までとなる[3]。なお決勝戦ではタイブレーク方式を採用せず延長15回終了時点で同点の場合は引き分けとし、翌日以降に再試合とするが、その再試合で延長13回に入った場合には準決勝までと同じ形で延長イニング数無制限でのタイブレーク方式を採用した[4][注 3]

日程編集

  • 2017年平成29年)
    • 9月19日 - 第1回の大会運営委員会が開かれる。2018年(平成30年)1月26日に出場校選考委員会を開催して本大会の出場校を選出すること、本大会の組み合わせ抽選会を同年3月16日に実施し、試合日程を3月23日から12日間(準々決勝と準決勝の間の休養日を含む)とするなどとした公式日程を決定した[5]。大会運営委員会と同日に開催した日本高等学校野球連盟の理事会に於いて、第90回大会から『延長戦試合での早期勝敗決着を企図したタイブレーク方式の導入』を行うことを決定。理事会ではタイブレーク方式について、暫定的に1回戦から準決勝までの延長13回から採用して実施することを決めたが、決勝戦での採否を始め、どのような方式でタイブレーク試合を行うかなどの詳細については協議の上、当初は2017年11月を目処に決定する方針であった[5][2]
    • 11月14日 - 第48回明治神宮野球大会高校の部・決勝戦が行われ、明徳義塾が36年ぶり2回目の優勝。四国地区の一般選考における出場枠増枠が決定[注 4]
  • 2018年(平成30年)
    • 1月10日 - 本年初の大会運営委員会を開催し、当初予定より2ヶ月遅れでタイブレーク方式の詳細を決定した。
    • 1月26日 - 出場校選考委員会にて出場36校が決定。
    • 3月16日 - 組み合わせ抽選会。
    • 3月23日 - 開会式。
    • 3月25日 - 大会本部が「満員通知」を発表。選抜大会で満員通知が出たのは、関係者によると第60回大会以来30年ぶり[6]
    • 4月2日 - 休養日。
    • 4月4日 - 決勝戦。大阪桐蔭智弁和歌山を5-2で下し2年連続3回目の優勝。大阪桐蔭は史上3校目の大会連覇となった[注 5]。また、大阪勢の優勝は11回目で都道府県別で単独最多となった[7]

選出校編集

地区 選出校 出場回数
北海道 駒大苫小牧 北海道 4年ぶり4回目
東北 花巻東 岩手 6年ぶり3回目
日大山形 山形 36年ぶり4回目
聖光学院 福島 5年ぶり5回目
関東 明秀日立 茨城 初出場
国学院栃木 栃木 18年ぶり4回目
中央学院 千葉 初出場
東海大相模 神奈川 7年ぶり10回目
慶応 神奈川 9年ぶり9回目
東京 日大三 東京 2年連続20回目
東海 静岡 静岡 2年連続17回目
東邦 愛知 2年ぶり29回目
三重 三重 4年ぶり13回目
北信越 富山商 富山 9年ぶり6回目
日本航空石川 石川 初出場
星稜 石川 13年ぶり12回目
近畿 近江 滋賀 3年ぶり5回目
彦根東 滋賀 9年ぶり4回目
乙訓 京都 初出場
大阪桐蔭 大阪 4年連続10回目
智弁学園 奈良 3年連続12回目
智弁和歌山 和歌山 4年ぶり12回目
地区 選出校 出場回数
中国 おかやま山陽 岡山 初出場
瀬戸内 広島 27年ぶり3回目
下関国際 山口 初出場
四国 英明 香川 3年ぶり2回目
松山聖陵 愛媛 初出場
明徳義塾 高知 3年連続18回目
高知 高知 5年ぶり18回目
九州 東筑 福岡 20年ぶり3回目
創成館 長崎 4年ぶり3回目
富島 宮崎 初出場
延岡学園 宮崎 12年ぶり3回目
21世紀枠
地区 選出校 出場回数
東北 由利工 秋田 初出場
近畿 膳所 滋賀 59年ぶり4回目
九州 伊万里 佐賀 初出場

組み合わせ・試合結果編集

1回戦 - 3回戦編集

1回戦 2回戦 3回戦
                   
3月23日(1)
 東筑 3
3月27日(1)
 聖光学院 5
 聖光学院 3
 東海大相模 12
 
3月29日(3)
 
 東海大相模 8
 静岡 1
 
3月24日(2)
 
 静岡 7
 
 駒大苫小牧 0
      
      
- 2回戦 3回戦
                   
 
3月24日(3)
 
 日本航空石川 10
 膳所 0
 
3月30日(1)
 
 日本航空石川 3x
 明徳義塾 1
 
3月25日(1)
 
 明徳義塾 7x
 
 中央学院 5
      
      
1回戦 2回戦 3回戦
                   
3月23日(2)
 英明 2
3月27日(2)
 国学院栃木 3
 国学院栃木 9
 延岡学園 5
 
3月30日(2)
 
 国学院栃木 4
 智弁和歌山 7
 
3月25日(2)
 
 富山商 2
 
 智弁和歌山 4
      
      
- 2回戦 3回戦
                   
 
3月25日(3)
 
 智弁学園 5
 日大山形 3
 
3月30日(3):延長10回
 
 智弁学園 1
 創成館 2x
 
3月26日(1)
 
 下関国際 1
 
 創成館 3
      
      
1回戦 2回戦 3回戦
                   
3月23日(3)
 明秀日立 4
3月27日(3)
 瀬戸内 3
 明秀日立 10
 高知 1
 
3月31日(1)
 
 明秀日立 1
 大阪桐蔭 5
 
3月26日(2)
 
 大阪桐蔭 14
 
 伊万里 2
      
      
- 2回戦 3回戦
                   
 
3月26日(3)
 
 花巻東 5
 東邦 3
 
3月31日(2):延長10回
 
 花巻東 1x
 彦根東 0
 
3月28日(1)
 
 彦根東 4
 
 慶応 3
      
      
1回戦 2回戦 3回戦
                   
3月24日(1)
 由利工 0
3月29日(2)
 日大三 5
 日大三 0
 三重 8
 
3月31日(3)
 
 三重 2
 乙訓 1
 
3月28日(2)
 
 乙訓 7
 
 おかやま山陽 2
      
      
- 2回戦 3回戦
                   
 
3月28日(3)
 
 松山聖陵 5
 近江 8
 
3月31日(4):延長10回
 
 近江 3
 星稜 4x
 
3月29日(1)
 
 星稜 11
 
 富島 2
      
      

準々決勝 - 決勝編集

準々決勝 準決勝 決勝
                   
4月1日(1)
 東海大相模 3
4月3日(1):延長10回
 日本航空石川 1
 東海大相模 10
4月1日(2):延長10回
 智弁和歌山 12
 智弁和歌山 11x
4月4日
 創成館 10
 智弁和歌山 2
4月1日(3)
 大阪桐蔭 5
 大阪桐蔭 19
4月3日(2):延長12回
 花巻東 0
 大阪桐蔭 3x
4月1日(4)  
 三重 2
 三重 14     
 星稜 9     

決勝戦スコア編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
智弁和歌山 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 6 2
大阪桐蔭 0 0 0 2 0 0 1 2 X 5 8 2
  1. (智) : 池田、平田、根来 - 東妻
  2. (大) : 根尾 - 小泉
  3. 審判:球審…宅間、塁審…戸塚・金丸・乗金
  4. 試合時間:1時間58分

大会本塁打編集

1回戦
  • 第1号:日置航(日大三)
2回戦
  • 第2号:谷合悠斗(明徳義塾)
  • 第3号:岡野龍太(智弁学園)
  • 第4号:齋藤礼二(東海大相模)
  • 第5号:工藤魁人(延岡学園)
  • 第6号:島田侑希(国学院栃木)
  • 第7号:近藤翔真(国学院栃木)
  • 第8号:高内希(彦根東)
  • 第9号:井元将也(おかやま山陽)
3回戦
  • 第10号:渡辺健士郎(東海大相模)
  • 第11号:原田竜聖(日本航空石川)
  • 第12号:松山隆一(創成館)
  • 第13号:細川拓哉(明秀日立)
  • 第14号:浦口輝(三重)
準々決勝
  • 第15号:小松勇輝(東海大相模)
  • 第16号:黒川史陽(智弁和歌山)
  • 第17号:林晃汰(智弁和歌山)
  • 第18号:梶田蓮(三重)
準決勝
  • 第19号:渡辺健士郎(東海大相模)
  • 第20号:山田健太(大阪桐蔭)


記録編集

いずれも今大会終了時点における記録

大会記録編集

記録 選手名 所属校 対戦相手
1大会最多サヨナラ本塁打 3 谷合悠斗 明徳義塾 2回戦・中央学院戦
原田竜聖 日本航空石川 3回戦・明徳義塾戦
松山隆一 創成館 3回戦・智弁学園戦
記録 日程 スコア
1日4試合最多合計得点 67 4月1日・準々決勝 東海大相模 3 - 1 日本航空石川
智弁和歌山 11x - 10 創成館
大阪桐蔭 19 - 0 花巻東
三重 14 - 9 星稜
記録 日程 スコア
1大会最多サヨナラ試合 7 3月25日・2回戦 明徳義塾 7x - 5 中央学院
3月30日・3回戦[注 6] 日本航空石川 3x - 1 明徳義塾
創成館 2x - 1 智弁学園
3月31日・3回戦 花巻東 1x - 0 彦根東
星稜 4x - 3 近江
4月1日・準々決勝 智弁和歌山 11x - 10 創成館
4月3日・準決勝 大阪桐蔭 3x - 2 三重
記録
通算安打数 616[8]
記録
通算四死球数 318[注 7][8]

応援団賞編集

最優秀賞 彦根東[9]
優秀賞 慶応
膳所
乙訓
おかやま山陽
伊万里

脚注編集

注釈
  1. ^ 前回大会閉会式から2年連続で担当(選抜大会初)。
  2. ^ 一般選考枠は1校増、21世紀枠は1校減。
  3. ^ ただし、今大会では延長戦となった試合は全試合最大で12回までで決着しており、タイブレークは行われなかった。
  4. ^ 記念大会のため四国地区からは3校選出だったが、増枠により4校選出されることが確定した。
  5. ^ 選抜大会の連覇は、第6回第7回大会(1929年1930年)の第一神港商兵庫)、第53回第54回大会(1981年1982年)のPL学園大阪)以来。
  6. ^ 史上初の1日2サヨナラ本塁打。
  7. ^ ただし、第19回・第20回は記録不明。
出典
  1. ^ “センバツ総入場者数 54万人で平成以降最多 高校野球人気に手応え”. デイリースポーツ. (2018年4月4日). https://www.daily.co.jp/baseball/2018/04/04/0011132122.shtml 2018年4月4日閲覧。 
  2. ^ a b “高校野球 来春センバツからタイブレーク導入を決定”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年9月19日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201709190000511.html 2017年9月19日閲覧。 
  3. ^ 夏の地方大会でもタイブレーク導入 高野連が発表
  4. ^ “センバツ導入のタイブレーク 十三回無死一、二塁で開始”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2018年1月10日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180110/hig18011016530002-n1.html 2018年1月10日閲覧。 
  5. ^ a b “選抜高校野球、タイブレーク来春導入 延長十三回から”. 日経電子版. 日本経済新聞社. (2017年9月19日). https://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK20383_Z10C17A9000000/ 2017年9月19日閲覧。 
  6. ^ “センバツ30年ぶりの「満員通知」日曜日に好カード”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2018年3月26日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201803250000407.html 2018年3月26日閲覧。 
  7. ^ “大阪桐蔭が優勝 史上3校目の春連覇”. 毎日新聞. (2018年4月4日). https://mainichi.jp/koshien/articles/20180404/k00/00e/050/327000c 2018年4月4日閲覧。 
  8. ^ a b “第90回選抜高校野球 大会総括 大阪桐蔭、投手力光る”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2018年4月6日). https://mainichi.jp/koshien/articles/20180406/ddm/035/050/137000c 2018年4月8日閲覧。 
  9. ^ “応援団最優秀賞は彦根東 「赤鬼魂」にちなみアルプス真っ赤に染める/センバツ”. サンスポ. (2018年4月4日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180404/hig18040418090020-n1.html 2018年4月4日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集