笹原川(ささはらがわ)は、福島県郡山市(一部須賀川市)を流れる阿武隈川水系の一級河川である。

地理編集

郡山市の高旗山を水源[1]とし、須賀川市、郡山市三穂田町付近を流れて安積町日出山で阿武隈川に合流する。かつては音無川と呼ばれており、その名や橋の名前「耳詰(ささやき)橋」は采女伝説で春姫が夫との別れを惜しんでささやきあった場所ということから名づけられた[2]。現在、福島県道355号須賀川二本松線が通る耳詰橋付近には春姫や源頼義の歌碑がある。

主な支流編集

主な橋梁編集

笹原川千本桜編集

 
笹原川千本桜

郡山市三穂田町付近で約2kmにわたって[3]川の両岸に植えられた約1000本ものソメイヨシノの桜並木[1]。開花時期には桜まつりも開催される。

アクセス編集

外部リンク編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 笹原川千本桜 (福島県郡山市)”. お花見2017 - ウォーカープラス. 角川書店. 2018年1月20日閲覧。
  2. ^ 伝説 うねめ物語とささやき橋(耳詰橋)”. 郡山市立永盛小学校だより 永遠の杜 平成20年2月21日 第70号. 郡山市立永盛小学校. 2018年1月20日閲覧。
  3. ^ 笹原川千本桜 (郡山市)”. ふくしまの旅[公式]. 福島県観光復興推進委員会. 2018年1月20日閲覧。