メインメニューを開く

笹山 幸俊(ささやま かずとし、1924年(大正13年)6月15日 - 2011年(平成23年)12月10日) は、日本政治家。元神戸市長。位階正四位勲等勲一等

笹山 幸俊
ささやま かずとし
Kazutoshi Sasayama cropped 1 Kazutoshi Sasayama 19960117.jpg
生年月日 1924年6月15日
出生地 日本の旗 鹿児島県
没年月日 (2011-12-10) 2011年12月10日(87歳没)
出身校 神戸工業専門学校土木科(神戸大学工学部土木工学科)
前職 神戸市助役
所属政党 無所属
称号 正四位
勲一等瑞宝章

在任期間 1997年11月20日 - 2001年11月19日

Flag of Kobe.svg 神戸市長
在任期間 1993年11月20日 - 1997年11月19日

Flag of Kobe.svg 神戸市長
在任期間 1989年11月20日 - 1993年11月19日
テンプレートを表示

兵庫県神戸市都市計画局長、兵庫県神戸市助役、兵庫県神戸市長などを歴任した。

概要編集

神戸市役所にて都市計画局計画部長や都市計画局長を歴任し、1981年12月に神戸市助役に就任した。1989年神戸市長選挙で当選を果たし、以後、3期12年間に渡って神戸市長を務めた。

市長在任中に発生した兵庫県南部地震による阪神・淡路大震災で神戸市は大きな被害を受けたため、その復興に取り組んだ。

来歴編集

生い立ち編集

鹿児島県出身。1945年9月に神戸工業専門学校土木科(後の神戸大学工学部土木工学科)を卒業後、1946年に神戸市役所に入庁。

神戸市職員時代には土木技術者として戦災復興を担当する復興本部企画課に配属されたのを皮切りに一貫して都市計画畑を歩み、都市計画局計画部長や都市計画局長を歴任し、1981年12月に神戸市助役に就任。

政治家として編集

 
1995年3月5日、阪神・淡路大震災犠牲者神戸市合同慰霊祭にて

日本社会党日本共産党社会民主連合、そして自由民主党系市議らの支援を受け、1989年に神戸市長選挙で初当選。以後、3期12年間に渡って2001年まで市長を務めた。

市長在任中、1993年に現神戸空港が国の第6次空港整備五カ年計画の新規事業格上げになったほか、1995年には阪神・淡路大震災に見舞われる。

震災発生直後から約1ヶ月半、市長室に泊まり込み、救援活動などを指揮。その後も当時の貝原俊民兵庫県知事とともに、被災者支援や仮設住宅の建設などの復旧・復興に取り組んだ。

復興まちづくりでは、都市計画のエキスパートとして土地区画整理事業や市街地再開発事業などを進めたが、震災発生から2ヵ月後という早急な都市計画決定が住民の反発を招いた。また、地震が少なかった神戸市で発生した大災害ということもあり初動体制の遅れや不備、また、震災復興の遅れに対する批判が市民・市議の間から沸き起こり、日本共産党が市政与党を離脱。3期目の選挙では対立候補の日本共産党系候補に予想外の猛追を受けるなど笹山市政に対する批判が表面化した。

在任中は、「山、海へ行く」と言われた神戸市のかつての開発手法が頭打ちとなる中、ソフト重視へと舵を切り、市民との対話や協働なども掲げた。

このほか、都市の賑わいとやすらぎが調和した「アーバンリゾート都市」を提起し、1993年にはアーバンリゾートフェアを開催。また、1999年には「医療産業都市構想」を策定。神戸ポートアイランドに先端医療の研究所や企業の誘致を進めた。

2003年4月に勲一等瑞宝章を受章した。2011年12月10日、消化管出血のため死去した[1][2]。87歳没。

没後に日本政府より正四位に叙位された[3]

略歴編集

 
1996年1月17日、灘消防署にて

栄典編集

脚注編集

[ヘルプ]
公職
先代:
宮崎辰雄
  神戸市長
第14代(民選第4代):1989年 - 2001年
次代:
矢田立郎