笹川 臨風(ささかわ りんぷう、1870年9月2日明治3年8月7日) - 1949年昭和24年)4月13日)は、日本の歴史家評論家俳人。本名は種郎(たねお)[1]

経歴編集

東京府神田末広町(現・東京都千代田区外神田)生まれ[1]。父の義潔は旧幕臣で後に内務省土木局に勤務し、大阪名古屋などに移った。

旧制愛知県立中学校(現愛知県立旭丘高等学校)、第三高等中学校を経て帝国大学(現東京大学)国史科を卒業。旧制宇都宮中学校(現栃木県立宇都宮高等学校)校長、明治大学東洋大学の教授をつとめ、歴史書美術批評小説など幅広い著述活動を行った。高山樗牛の友人で、ともに「帝国文学」の編集に携わった。高山の没後、姉崎正治とともに『樗牛全集』を編集した。赤門派の俳人でもあり、1909年、文藝革新会の結成を提唱した。

末松謙澄のもとで毛利家史料を整理し『防長回天史』編纂に携わったほか、「小右記」「中右記」などの公家日記を収めた『史料大成』(1934-1944)の編集など、史学の発展に貢献した。

1924年、東山文化を論じた「東山時代の美術」で文学博士号取得。

美術史研究でも第一人者と見られていたが、1934年、肉筆浮世絵の大規模な偽造事件(春峯庵事件)で、偽作の推薦文を書いたため、詐欺の共犯容疑で警察に勾留された。

1949年4月13日、文京区西片町の自宅で死去[2]。墓所は豊島区駒込染井霊園

著書編集

  • 『支那小説戯曲小史』(東華堂) 1897
  • 『日本地気論』(普及舎) 1898
  • 『支那文学史』(博文館) 1898
  • 岳飛』(博文館) 1899
  • 『雨糸風片』(博文館) 1900
  • 『奈良朝』(博文館) 1901
  • 『元禄時勢粧』(博文館) 1901
  • 『日本文学史』(文学社) 1901
  • 『遊侠伝』(文武堂) 1901
  • 『国史要』(内田老鶴圃) 1904
  • 『時代と人物』(春陽堂) 1908
  • 『日本帝国史』(内田老鶴圃) 1910
  • 『南朝五十七年史』(新潮社) 1911
  • 『南朝正統論』(春陽堂) 1911
  • 日蓮上人 』(同文館) 1912
  • 『男性美』(敬文館) 1912 - 1913
  • 新田左中将』(同文館、歴史物語) 1913
  • 山中鹿之助』(中央書院) 1913
  • 『画趣と詩味』(中央書院) 1913
  • 織田信長 』(中央書院、歴史物語) 1914
  • 『伊達模様』(中央書院、歴史小説) 1914
  • 『豊公英雄録』(通俗教育普及会出版部) 1915
  • 『古人に学べ』(東亜堂書房) 1917
  • 『現代美術』(美術叢書刊行会) 1917
  • 『舞殿』(平和出版社) 1917
  • 『画を見に行く人の為に』(正午出版社) 1917
  • 『自然美と芸術美』(正午出版社) 1917
  • 『江戸むらさき』(実業之日本社) 1918
  • 淀君 小説』(博多久吉) 1918
  • 『処世活用荘子講話』(明誠館) 1919
  • 『古跡めぐり 趣味の旅』(博文館) 1919
  • 渡辺崋山』(芸艸堂) 1921
  • 『自然と文化との諧調』(博文館) 1922
  • 『江戸と上方』(国史講習会) 1922
  • 『児玉党』(私家版) 1923
  • 日扇上人』(総務局刊行部) 1923
  • 『京鹿子』(博文館、歴史小説) 1923
  • 『流転 応仁秘史』(博文館) 1926
  • 『東山時代の文化』(創元社) 1928
  • 『悟道の跡 南嶺哀話』(苅萱社) 1928
  • 『日本の名画』(アルス、日本児童文庫) 1929
  • 『日本文化史』(雄風館書房) 1934
  • 元禄義挙の顛末』(遠藤書店) 1941
  • 『赤穂義士研究』(大東書館) 1942
  • 『和歌から見た日本女性』(国民教育会出版部) 1943
  • 『邦楽』(創元社) 1944
  • 『明治還魂紙』(亜細亜社) 1946

共著編集

  • 『新撰国史談』(三島吉太郎、盛文社) 1926
  • 『趣味の伊賀路 附・中大和と伊勢詣で』(勝矢剣太郎、安進舎) 1929
  • 『趣味の笠置路 附・北大和路』(勝矢剣太郎、安進舎) 1929
  • 『近世日本食物史』(足立勇、雄山閣) 1935
  • 『西洋と日本名画物語』(石井柏亭偕成社) 1955

編纂・校注編集

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ a b 笹川臨風 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」コトバンク 2018年7月9日閲覧
  2. ^ 『朝日新聞』 1949年4月14日

関連項目編集