メインメニューを開く

笹栗 実根(ささぐり みね、1964年 - )は、アメリカワシントンDC在住のジャーナリスト翻訳者で、元・フジテレビ報道局記者。

来歴・人物編集

福岡県の出身で、日本女子大学文学部教育学科卒業後の1988年に、一般職採用でフジテレビへ入社。局内では、同期入社の「三人娘」(アナウンサーとして採用された有賀さつき河野景子八木亜希子)の「三人娘」に次ぐ「第四の女」と呼ばれていた。当時の愛称は「ちゃちゃ」。

フジテレビでは、長年にわたって報道局の記者として活動。1997年4月から1年間、笠井信輔アナウンサーとのコンビで、『FNNニュース555 ザ・ヒューマン』のキャスターを務めた。同番組の終了後に、記者としての活動へ再び専念。ワシントンDC特派員を務めていた2001年に、アメリカ民主党の政治家を目指すアメリカ人検事デービッド・ボーリングと結婚した。これを機に退社すると、一時はアメリカのアーカンソー州に居住していた。

現在は、アメリカを拠点に、フリーランスの記者、翻訳者、コーディネーターとして活動[1]。日本国内で放送される番組(文化放送制作の『ニュースパレード』など)に向けて、アメリカ国内から取材リポートを送ることもある。

脚注編集

関連項目編集

先代:
松山香織1994年~1997年)
※「FNNスーパータイム
平日夕方のFNNニュース
女性メインキャスター
FNNニュース555 ザ・ヒューマン」(1997年1998年
次代:
八木亜希子
※「FNNスーパーニュース」(1998年~2000年