メインメニューを開く

笹谷インターチェンジ

日本の宮城県柴田郡川崎町にある山形自動車道のインターチェンジ

笹谷インターチェンジ(ささやインターチェンジ)は宮城県柴田郡川崎町今宿にある山形自動車道インターチェンジである。

笹谷インターチェンジ
Sasaya IC 120821.jpg
笹谷インターチェンジ(料金所)
所属路線 E48 山形自動車道
IC番号 2
料金所番号 07-981
本線標識の表記 国道286号標識 笹谷
起点からの距離 21.9 km(村田JCT起点)
古関PA (4.1 km)
(5.8 km) 関沢IC
接続する一般道 国道286号標識国道286号
供用開始日 1981年昭和56年)4月15日
通行台数 x台/日
所在地 989-1502
宮城県柴田郡川崎町大字今宿
テンプレートを表示

西に宮城山形県境の笹谷峠を控えた川崎町笹谷地区近くに存在する。峠をつらぬく笹谷トンネルはもともと狭く曲がりくねった峠道の国道286号を迂回する一般有料道路として作られた[1]経緯から、山形道に編入された現在でも笹谷ICから山形県側の関沢ICの間は料金が別計算扱いとなっている(詳細は山形自動車道#料金特例参照)。

IC東側に山形自動車道をまたいで宮城蔵王セントメリースキー場があるためゲレンデが一望でき、スキースノーボードを行うためのアクセスに便利である。また、宿泊施設として付近に「るぽぽ かわさき」「一乃湯」もある。

歴史編集

周辺編集

接続する道路編集

料金所編集

  • ブース数:4

入口編集

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

出口編集

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

編集

E48 山形自動車道
(1)宮城川崎IC - 古関PA - (2)笹谷IC - (3)関沢IC

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 笹谷トンネルの通行料について”. 山形県 (2016年11月). 2017年1月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e 山形県の高速道路”. 2017年1月2日閲覧。
  3. ^ 一般国道286号笹谷トンネルについて”. 2017年1月2日閲覧。
  4. ^ 当インターチェンジ接続部分から山形側の区間(笹谷峠)は、関沢ICまで冬期閉鎖区間となっている。

関連項目編集

外部リンク編集