等松農夫蔵

日本の海軍軍人、公認会計士。有限責任監査法人トーマツの創業者

等松 農夫蔵(とうまつ のぶぞう、1896年明治29年)4月25日 - 1980年昭和55年)12月28日)は、日本の海軍軍人(主計科士官)。海軍経理学校6期。最終階級は海軍主計少将。戦後公認会計士となり、有限責任監査法人トーマツを創設した。

人物・来歴編集

群馬県高崎市吉井町(旧吉井町)出身。幼年期に判事であった父・金作を亡くし、叔父一家に引き取られる。群馬県立富岡中学校(現・群馬県立富岡高等学校)を経て、海軍経理学校1917年に卒業(6期)、海軍主計少尉候補生を命じられる。遠洋航海を経て、1918年戦艦扶桑」乗組。1919年、海軍主計少尉に任官。1920年、海軍主計中尉に進級。1922年、遠洋航海の指導官として世界一周。1923年、 海軍主計大尉に進級。1929年、海軍主計少佐に進級。この間、東京帝国大学に3年間派遣されて法学行政学経済学会計学などを学ぶ。1934年、海軍主計中佐に進級。1934 - 36年、ロンドンに駐在し欧州各国軍の主計制度を研究。1937 - 38年、海軍経理学校教官として主計科短期現役士官制度(短現)の創設に尽力し、教科書として『軍政学』を執筆。1939年、海軍主計大佐に進級。1940 - 41年、第十一航空艦隊主計長。1942年、空技廠支廠会計部計算課長。1945年、海軍主計少将に進級し、第一技術廠会計部長。敗戦時には横須賀鎮守府軍需部長。帝国海軍の官制が廃止された11月30日に予備役編入。12月1日に即日充員召集、横須賀地方復員局需品部長。1946年に召集解除、公職追放を受ける[1]

戦後の日本経済の発展には経理・監査業務が不可欠であると感じて独立を決意し、等松監査事務所を設立する。創設メンバーの多くは、元・海軍主計科士官であった。従来日本の企業はいわゆる「どんぶり勘定」で経営を行っており、監査という概念は希薄であった。等松の事業も当初は理解されず「そんなもんに金払う馬鹿がどこにいる」といわれるありさまであった。しかし、地道な努力で日本に監査という概念を根付かせた。1968年青木大吉らとともに等松・青木監査法人を設立。1971年、ニューヨーク事務所開設のため米国訪問中に倒れ、それを機に第一線を引退した。1975年、トウシュ・ロス・インターナショナルへの加盟を果たした。1980年、死去。84歳没。

その後、等松・青木監査法人は、1986年監査法人サンワ事務所と合併してサンワ・等松青木監査法人となるなどの発展を続け、2018年現在は有限責任監査法人トーマツとして、4大監査法人の一角を占めている。

また、トウシュ・ロス・インターナショナルは1990年に等松の名を冠したデロイト ロス トーマツ インターナショナルに名称を変更。その後1992年にデロイト トウシュ トーマツ インターナショナルに、1998年にはデロイト トウシュ トーマツに変更、現在に至る。

家族・親族編集

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録 第25版 下』人事興信所、1969年
  • 人事興信所編『人事興信録 第38版 下』人事興信所、1995年

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈・出典編集

  1. ^ 総理庁官房監査課 編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』日比谷政経会、1949年、82頁。NDLJP:1276156 
  2. ^ a b c d e f g h i j 人事興信録. 第25版 下 - 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2022年9月28日閲覧。
  3. ^ (日本語) 『人事興信錄』人事興信所、1995年https://books.google.com/books?id=0PBMAQAAIAAJ&newbks=0&printsec=frontcover&pg=PP2265&dq=%E7%AD%89%E6%9D%BE%E8%BE%B2%E5%A4%AB%E8%94%B5%E3%80%80%E9%95%B7%E7%94%B7&hl=ja