筑北村

日本の長野県東筑摩郡の村

筑北村(ちくほくむら)は、長野県東筑摩郡

ちくほくむら ウィキデータを編集
筑北村
善光寺街道青柳宿 - panoramio.jpg
筑北村旗 筑北村章
筑北町旗 筑北町章
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方信越地方
都道府県 長野県
東筑摩郡
市町村コード 20452-8
法人番号 3000020204528 ウィキデータを編集
面積 99.47km2
総人口 3,999[編集]
推計人口、2022年12月1日)
人口密度 40.2人/km2
隣接自治体 松本市安曇野市長野市千曲市上田市小県郡青木村東筑摩郡麻績村生坂村
筑北村役場
村長 太田守彦
所在地 399-7601
長野県東筑摩郡筑北村西条4195番地
北緯36度24分09秒 東経138度00分43秒 / 北緯36.40261度 東経138.01194度 / 36.40261; 138.01194座標: 北緯36度24分09秒 東経138度00分43秒 / 北緯36.40261度 東経138.01194度 / 36.40261; 138.01194
Chikuhoku village office 2022-05.jpg
外部リンク 公式ウェブサイト

筑北村位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

地理編集

善光寺街道の北国西街道沿いに位置し、青柳宿が設置されていたほか、間の宿として西条宿、乱橋宿が置かれていた[1]。旧本城村・旧坂北村と旧坂井村の間は山地で直接連絡する道路がなく、旧坂井村地区は麻績村を経由しなければならない事実上の飛地である。筑北地区4村の合併協議から麻績村が途中離脱したため、このような形となった。

青柳のはずれには、天正8年(1580年)に青柳伊勢守頼長が切り開いた道幅3.3m、長さ26m、高さ6m余の切通しがあり、『善光寺道名所図會』にも描かれた[2]

隣接する自治体編集

歴史編集

人口編集

 
筑北村と全国の年齢別人口分布(2005年) 筑北村の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 筑北村
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

筑北村(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


行政編集

所轄広域連合編集

所轄警察署編集

所轄消防署編集

村政編集

村長
関森省吾 2005年 - 2009年
飯森紀元 2009年 - 2013年
関川芳男 2013年11月13日 - 2021年
太田守彦 2021年11月15日 -
村役場
  • 本庁(本城庁舎、西条4195番地)[4]
  • 支所[5]
    • 坂北支所(坂北庁舎、坂北2187番地) - 坂北地域を所管
    • 坂井支所(坂井庁舎、坂井5687番地2) - 坂井地域を所管

議会編集

村議会編集

長野県議会(松本市東筑摩郡選挙区)編集

  • 定数:7人
  • 任期:2019年(平成31年)4月30日 - 2023年(令和5年)4月29日
  • 中川宏昌(公明党)、百瀬智之(無所属) 、中川博司(無所属)、本郷一彦(自由民主党)、両角友成(日本共産党)、清沢英男(自由民主党)、萩原清(自由民主党)

衆議院編集

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 重複
下条みつ 65 立憲民主党 101,391票
比当 務台俊介 65 自由民主党 68,958票
手塚大輔 38 日本維新の会 43,026票

経済編集

産業編集

商工業  

観光編集

フクジュソウ

農業編集

地域編集

教育編集

 
筑北小学校

2012年4月までに村内の保育園、小学校、中学校を1つに統合する案が示された[6]

小学校編集

中学校編集

高等学校編集

社会教育編集

  • 筑北村図書館

交通編集

鉄道路線編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)

バス編集

道路編集

 
道の駅さかきた

一般国道編集

道の駅

都道府県道編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

 
青柳城
 
大滝

旧跡編集

 
歴史民俗資料館

自然景勝地編集

 
西条温泉 とくら

出身有名人編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 善光寺街道 筑北四宿開設400年記念企画
  2. ^ 切通し 筑北村役場 2012年04月12日
  3. ^ 7月より本庁での業務が始まります」『ホットスポットちくほく』第58巻、筑北村、2015年、 6頁。
  4. ^ 筑北村役場の位置を定める条例”. 筑北村 (2015年9月19日). 2019年8月11日閲覧。
  5. ^ 筑北村支所設置条例”. 筑北村 (2015年6月12日). 2019年8月11日閲覧。
  6. ^ 保育園、小中学校を一つずつに統合を 筑北村教委が説明”. 信州Liveon (2010年12月7日). 2011年1月23日閲覧。
  7. ^ (仮称)筑北スマートインターチェンジ”. 筑北村 (2018年8月13日). 2020年5月17日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集