メインメニューを開く

筑波サーキット(つくばサーキット)は、茨城県下妻市にあるサーキットである。一般財団法人日本オートスポーツセンター(JASC)が運営に当たっている。

日本の旗 筑波サーキット
概要
所在地 日本の旗 茨城県下妻市村岡
運営会社 一般財団法人 日本オートスポーツセンター
営業期間 1970年 -
主なイベント 全日本ロードレース選手権
F4
FJ1600
コース2000(4輪)
Tsukuba Circuit.png
コース長 2.07km
コーナー数 14
ラップレコード 43秒304 (2016年)
小林可夢偉
ダラーラ・SF14 (スーパーフォーミュラ)
コース2000(2輪)
コース長 2.07km
ラップレコード 55秒142 (2009年)
伊藤真一
KeihinKoharaR.T. (ホンダ・CBR1000RR) (JSB1000
テンプレートを表示

目次

概要編集

1970年6月22日にオープンした。2つのコースが設けられており、本コースでも全長2070mと、鈴鹿サーキット富士スピードウェイなどと比べるとコース長は短いが、全日本選手権クラスのレースが開催できる施設が整い、オープン当初から首都圏におけるモータースポーツの重要拠点として親しまれている。

かつては4輪の全日本F3選手権全日本ツーリングカー選手権(JTCC)などの全日本選手権クラスのレースが開かれていた。

現在は4輪の全日本選手権クラスのレースは開催されていないが、2輪の全日本ロードレース選手権F4FJ1600などのジュニア・フォーミュラのレース、それに一般的な走行会やイベントなどが広く開かれている。

コース解説編集

 
筑波サーキット付近の空中写真。1990年撮影
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

筑波サーキット概要にあるコース全体図コース詳細図のマップを見ると分かるように、狭い敷地を最大限に利用し、多様なコースが設置されている。

敷地内をほぼ完全に網羅する本コース(コース2000)は、比較的高低差の少ないコースだが、コーナーのバリエーションに富み、走行にはいろいろな要素が要求される。

本コースの1コーナーと第2ヘアピンに挟まれるように設置されているオーバルコースは、オートレースの選手養成用のコースである。これは財団法人日本オートスポーツセンターがオートレースJKA)の関連団体であるためである。

本コースの最終コーナーのすぐ外側に設置されている、ホームベースのような形の部分がジムカーナ場である。ここでは各種練習会やジムカーナ大会などが行われている。JASC自身も1998年から2010年まで筑波サーキットビギナーズジムカーナシリーズを開催し(年間7戦)、毎回満員御礼の非常に人気のあるシリーズとして定着していた。

2001年にはそれまで「東コース」と呼ばれていたミニバイク用のコースが全面改修され、一周ほぼ1000mの4輪も走行可能な「コース1000」としてオープン。本コースに「コース2000」の名称が与えられたのもこの時である。コース1000は非常に見晴らしの良い安全なコースであることが特徴で、サーキット初心者にも最適なコースである。コース1000は「TC1000」、本コースは「TC2000」と呼ばれることもある。

また、筑波サーキットはモータースポーツ専門のDVDソフトであるベストモータリングの主要なテストコースであり、これまでに行われてきた数々のテストランの舞台となっていた。キャスターとして土屋圭市服部尚貴伊藤大輔などの多くのドライバーが筑波サーキットで走行をしている。これらの企画として、本来公式戦の行われていない車種でのコースレコードも参考として記録されている。

コースレコード編集

一部抜粋、太字は現行カテゴリー。公式戦以外での記録は参考に記述する。

TC2000 (4輪)編集

カテゴリー 記録 ドライバー メーカー・車種 樹立日
F2 50秒23 星野一義 マーチ・792/BMW 1979年12月1日
F3 51秒312 ダレン・マニング ダラーラ・F399/トヨタ 1999年4月17日
F4 54秒397 栗原宗之 ウエスト・056 2006年8月20日
FJ1600 57秒993 山崎信介 FV95 2000年8月6日
スーパーFJ 57秒571 根本悠生 ZAP・F109 2013年11月24日
GC 51秒23 松本恵二 MCS4+マーチ・822/BMW 1983年6月12日

TC2000 (2輪)編集

カテゴリー 記録 ドライバー メーカー・車種 樹立日
JSB1000 55秒142 伊藤真一 ホンダ・CBR1000RR 2009年4月4日
ST600 57秒764 チャラームポル・ポラマイ ヤマハ・YZF-R6 2012年5月13日
J-GP2 57秒376 中本郡 ヤマハ・YZF-R6 2012年5月12日
J-GP3 59秒035 山田 誓己 ホンダ・NSF250R 2013年6月29日
GP250 57秒430 中野真矢 ヤマハ・YZR250 1998年5月16日
GP125 59秒697 坂田和人 ホンダ・RS125R 2005年5月14日
GP-MONO 1分01秒273 中木亮輔 アームストロング・WR250F 2007年5月13日

TC2000 参考記録編集

カテゴリー 記録 ドライバー メーカー・車種 樹立日/収録コンテンツ 備考
F3000 48秒072 服部尚貴 レイナード94D/無限 ベストモータリング1995年3月号 セミウェット路面
フォーミュラニッポン 46秒935 脇阪寿一 レイナード99L/無限 ベストモータリング2001年3月号
スーパーフォーミュラ 43秒304[1] 小林可夢偉 ダラーラ・SF14/トヨタ 2016年12月4日 コース総合レコード
GT500 51秒875 土屋圭市 ARTA NSX 2003年1月25日/ホットバージョン vol.68
GT300 51秒496[2] 谷口信輝 グッドスマイル 初音ミク AMG 2017年2月26日
スーパーラップ総合記録 50秒746 アンダー鈴木 Scorch Racing S15(日産・シルビア) 2016年12月11日

利用方法・ライセンス編集

個人が貸切することも可能である。翌年度(1月〜12月)の貸切はおおよそ前年の9月くらいに募集が掛けられる。詳細についてはJASCのホームページ内でもアナウンスされる。数少ない首都圏に位置するサーキットであることや、比較的貸切費用が安いことなどから非常に人気が高いため、実績のない団体によるコース2000、コース1000の土日祝の貸切はなかなか難しいようである。

JASCの開催するライセンス講習会を受講することで、ファミリーライセンス等の取得が可能である。これによって、非常に安価にコース2000、コース1000を走行する事ができる(4100円/25分、コース2000、4輪車、土日祝に走行の場合)。また、1、2月は冬季割引料金が設定され、少し安い走行料金となる。

設備編集

 
ピットエリア
  • コントロールタワー
  • ピットエリア
    • ドライバーズサロン
    • タイヤサービス
    • 車検場
  • ガソリンスタンド
  • 観客スタンド(メインスタンドなど6ヶ所)
  • キッズルーム(メインスタンド下)
  • 授乳室(メインスタンド下/コントロールタワー2階)
  • レストラン
  • 自動販売機
  • トイレ
  • 駐車場

アクセス編集

公共交通手段編集

関東鉄道常総線宗道駅よりタクシー15〜20分。なお宗道駅前には「宗道タクシー」の営業所があるが全部で5台しかないため、常総線石下駅あるいは下妻駅からのタクシー利用も選択肢となる(石下は3社計16台、下妻は5社)。主要レース開催時には石下駅から無料送迎バスが出る(全日本ロードレース選手権開催時等)。

自動車編集

自家用車やバイク等では、長らく常磐自動車道谷和原インターチェンジが最寄りであったが、首都圏中央連絡自動車道の開通により、坂東インターチェンジが最も近い。これにより、東京以西からのアクセスが飛躍的に向上した。

出典編集

外部リンク編集