筑波観光鉄道株式会社(つくばかんこうてつどう)は、茨城県つくば市ケーブルカーロープウェイによる交通運輸業、食堂・売店業、ホテル業を営む会社。京成電鉄連結子会社であり、京成グループの企業である。京成カード加盟店。

筑波観光鉄道株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
300-4352
茨城県つくば市筑波1番地
設立 1923年4月4日
業種 陸運業
法人番号 5050001015822 ウィキデータを編集
事業内容 鋼索鉄道・索道事業
食堂・売店業、ホテル業
代表者 代表取締役社長 手塚 真一
資本金 4735万円
(2018年3月31日現在[1]
売上高 7億1523万3000円
(2018年3月期[1]
営業利益 2380万2000円
(2018年3月期[1]
純利益 2497万3000円
(2018年3月期[1]
純資産 9億1213万3000円
(2018年3月31日現在[1]
総資産 12億2324万円
(2018年3月31日現在[1]
従業員数 14人
(2018年3月31日現在[1]
決算期 3月31日
主要株主 京成電鉄 73.46%
筑波山神社 18.96%
関東鉄道 3.17%
(2018年3月31日現在[2]
主要部門 鋼索鉄道・索道
主要子会社 筑波山京成ホテル
外部リンク http://www.mt-tsukuba.com/
特記事項:筑波山ケーブルカー、筑波山ロープウェイのブランドで展開
テンプレートを表示

筑波山のケーブルカーとロープウェイはそれぞれ別の会社が運営していたが、1999年10月にからは両社が合併して発足した筑波観光鉄道が運営している。

筑波鉄道筑波線が廃止された1987年4月から首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスが開業する2005年8月までつくば市内唯一の鉄道事業者であった。

東京都内や近隣の普通鉄道駅から筑波山へのアクセスルートを担う鉄道・バス事業者(筑波観光鉄道のほか首都圏新都市鉄道・関東鉄道関鉄パープルバス関鉄グリーンバスの計5社)にはいずれも京成電鉄の資本が直接・間接的に入っている。

歴史編集

運営路線編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 鉄道統計年報平成29年度版 - 国土交通省
  2. ^ 国土交通省鉄道局監修『鉄道要覧』平成30年度版、電気車研究会・鉄道図書刊行会
  3. ^ a b c d e 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』30号 モノレール・新交通システム・鋼索鉄道、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年10月16日、32頁。

関連項目編集

外部リンク編集