メインメニューを開く

筒井 政憲(つつい まさのり、安永6年5月21日1778年6月15日) - 安政6年6月8日1859年7月7日))は、江戸時代末期(幕末)の旗本、行政官。

目付長崎奉行南町奉行大目付を歴任した。通称は右馬助、佐次右衛門。官位は伊賀守、和泉守、紀伊守、肥前守。旗本久世三四郎広景の次男で、戦国大名の末裔である旗本筒井家(1000石)を継いだ。母は旗本内藤信庸の娘。子に政循下曽根信敦がいる。下曽根信之は孫。

墓所は東京都新宿区日蓮宗常円寺にあり、新宿区の史跡に指定されている。

生涯編集

柴野栗山に学問を学び、昌平坂学問所で頭角を顕わす。目付、長崎奉行を経て、文政4年(1821年)より南町奉行を20年間務めた。

文政11年(1828年)、シーボルト事件が起こった際には、大目付村上大和守、目付本目帯刀と共に高橋景保を捕縛、尋問した。近藤富蔵の殺人事件や河内山宗春を裁いたのも政憲であった。

天保年間は、但馬出石藩お家騒動仙石騒動に巻き込まれ町奉行を免職の上、西丸留守居役に左遷された。左遷の背後には水野忠邦の暗躍があったという。さらに弘化2年(1845年)には、町奉行在任中の与力仁杉五郎左衛門の市中米買付に関係する不正が暴露され、当時の責任者として責任を問われ、留守居役を免ぜられ、小普請に左遷される。ただ、学問に優れた政憲はこの間も御儒役として大学頭林復斎に代わり12代将軍徳川家慶に進講するなどし、2年後には老中阿部正弘の命で西丸留守居役に復職となる。幕政にも関与しており、弘化3年(1846年)にフランス艦隊が琉球に来航、貿易を求めた事件で解決のために幕府と薩摩藩島津斉興斉彬父子との折衝を行い、阿部から異国船打払令の復活の是非についての諮問を受けたり、株仲間の再興を提言したりしている。

嘉永6年(1853年)にはロシアプチャーチンが国書を携えて長崎に来航し、樺太千島の日露国境確定と交易開始の要望を日本に呈した。幕府は政憲と川路聖謨を交渉全権代表に任命して長崎に派遣。併せて、西丸留守居役では重みにかけるとして儒役はそのまま、幕府内の席次を大目付格に昇叙となる。長崎での日露交渉は不調に終わり、ロシア側も船舶が故障したことやクリミア戦争発生で一時日本を離れたが、安政元年(1854年)には下田に再来日した。

幕府はやはり交渉委員を長崎同様政憲、川路とし、補佐役として下田奉行伊沢政義、目付松本十郎兵衛、勘定吟味役村垣範正、儒者古賀謹一郎をつけた。 交渉は無事妥結し、開港関係は日米和親条約を骨子とし、千島列島の国境を択捉島ウルップ島(得撫島)間と定め、ロシア船の下田・箱館(現、函館)への寄港、薪水食糧の供給を決めた。この時の交渉で、樺太では1852年以前からの日本人(大和民族アイヌ民族)の居住地は日本領とされたが、国境は未定であった。これが、後に日本人の居住地にまでロシア人が侵入する原因となる。

安政6年6月8日(1859年7月7日)、死去。享年82。子の信敦は講武所の砲術師範になったが、孫の信之は長崎海軍伝習所へ赴任、江戸へ戻って同じく講武所の砲術師範に任命されたため、父子は混同されて信之は信敦の別名とされている。

人物評編集

安積艮斎は、下情に精通し少しも私曲がなく、統率力があって迅速、公平な裁きを下し、人々から敬愛される人物であったと評した。外国奉行栗本鋤雲は、大岡忠相根岸鎮衛に比肩する名奉行であると称賛した。[1]幕臣大八木醇堂は、遠山景元とはまた違った形の名奉行であると称えた。[2]木村芥舟は、人柄は温厚で、趨勢を熟慮して深淵な手を打つ奥深い人物と評した。[3]

経歴編集

筒井政憲が登場する作品編集

脚注編集

  1. ^ 遺老瑣談
  2. ^ 醇堂叢稿
  3. ^ 燭籥記

参考文献編集

関連項目編集