箕作 秋吉(みつくり しゅうきち、1895年10月21日 - 1971年5月10日)は、日本のクラシック音楽作曲家である。箕作元八の長男として東京都に生まれた。箕作阮甫の曾孫にあたる。東洋音楽大学教授。

箕作 秋吉
別名 秋吉 元作‏
生誕 (1895-10-21) 1895年10月21日
出身地 日本の旗 日本 東京府東京市本郷区
死没 (1971-05-10) 1971年5月10日(75歳没)
学歴 東京帝国大学工学部応用化学科
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家化学者

目次

略歴編集

主な作品編集

  • 『二つの舞曲』作品1(1926年、母校の第一高等学校に献呈した管弦楽曲)
    1. マズルカ
    2. ワルツ
  • 組曲『亡き子に』作品2(1927年、管弦楽と独唱のための組曲。ピアノ伴奏版あり。さらに「讃歌」については、独唱をヴォカリーズに代え、ピアノ伴奏のほかにサキソフォンをオブリガートに加えた版も存在する)
    1. 前奏曲(管弦楽のみ)
    2. 讃歌(作曲者 詞)
    3. 子守唄(作曲者 詞)
    4. 悲歌(海の幻し)(沙良峰夫 詞)
  • 『ローマン組曲』作品3(1927年、ピアノ組曲/管弦楽版は後に破棄)
    1. マズルカ
    2. ノクターン
    3. ロマンス
    4. タランテルラ
  • 『古典組曲』作品4(1927年、ピアノ組曲)
    1. プレリュード
    2. ガヴォット
    3. メヌエット
    4. ロンド
  • 『二つの詩』作品5(1927/1948年、管弦楽曲/チェロとピアノのための組曲)
    1. 蒼鉛の月
    2. まひる
  • 『小曲集』作品6(1929年、作曲者の詞によるソプラノとピアノ(またはフルート、クラリネット、ピアノ、弦楽四重奏による七重奏)伴奏のための歌曲集)
    1. 五月雨
    2. 冬の夕
    3. 唖娘
  • 『歌曲集《閨秀叙情詩集》』作品7(1937年、ピアノ(またはフルート、クラリネット、ピアノ、弦楽四重奏による七重奏)伴奏)
    1. 唄(山口宇多子 詞)
    2. 火をいだく(品川陽子 詞)
    3. 櫟林の接吻(品川陽子 詞)
    4. 春宵(岡田淑子 詞)
    5. 女(深尾須磨子 詞)
  • 『芭蕉紀行集』作品8(1930-1931/1937年、松尾芭蕉による詞、ピアノ伴奏歌曲集/管弦楽伴奏歌曲集/室内管弦楽のための音詩)
    1. 野ざらしを心に風のしむ身かな
    2. 馬にねて残夢月遠し茶のけむり
    3. 海くれて鴨の声ほのかに白し
    4. 冬の日や馬上に氷る影法師
    5. あらたふと青葉若葉の日のひかり
    6. 閑かさや岩にしみ入る蝉の声
    7. 荒海や佐渡によことふ天の川
    8. 五月雨の空吹きおとせ大井川
    9. 菊の香や奈良には古き仏達
    10. 旅に病て夢は枯野をかけ廻る
  • 『現代詩集 第一集 四季篇』作品9(1931年、ピアノ伴奏歌曲集)
    1. おもひ出(今川英一 詞)
    2. 牛(米澤順子 詞、閨秀抒情詩集第6曲)
    3. 短章(黄瀛 詞)
    4. 病熱(大木篤夫 詞)
  • 『現代詩集 第二集 動物篇』作品10(1932年、ピアノ伴奏歌曲集)
    1. 月夜の猫(大木篤夫 詞)
    2. 凍えたる魚(室生犀星 詞)
    3. 鳩(民謡調)(高村光太郎 詞)
    4. 鴉毛の婦人(萩原朔太郎 詞)
  • 『現代詩集 第三集』作品11(1933-1935年、ピアノ伴奏歌曲集)
    1. 積雲の歌(尾崎喜八 詞)
    2. 死(金井融 詞)
    3. 熱帯海(前田鉄之助 詞)
    4. 靴みがきの唄(長田恒雄 詞)
  • 『逝ける人に』作品12(ピアノ/管弦楽伴奏歌曲集)
    1. 落葉(1936年、山村耕二 詞)
    2. 僧院と尼僧(1929年、三木露風 詞)
  • 『啄木短歌集』作品13(1934-1936年、石川啄木による詞、ピアノ(またはフルート、クラリネット、ピアノ、弦楽四重奏による七重奏)伴奏歌曲集)
    1. 雨に濡れし
    2. わかれ来て
    3. こころみに
    4. 友がみな
    5. 秋の夜の
  • 古典小交響曲ニ長調』作品14(1934年)
  • 『ヴァイオリンとピアノのためのソナタ ヘ長調』作品15-1(1935年、芭蕉紀行集の第5曲「あらたふと青葉若葉の日のひかり」を主題とする)
    1. アンダンテとアレグロ
    2. ラルゲット
    3. 民謡調ロンド
  • 『ヴァイオリンと管弦楽のためのソナタ』作品15-2(1948年、小協奏曲)
  • 『花に因んだ3つのピアノ曲』作品16(1935/1940年)
    1. 夜の狂詩曲
    2. さくら、さくら
    3. 春のやよい
  • 『三つの悲歌』作品17(1943年、ピアノ/管弦楽伴奏歌曲集)
    1. 身はたとひ(吉田松陰 詞、辞世)
    2. 勲の家(西条八十 詞、妻の悲歌)
    3. 孝塚に(平野啓司 詞、父の悲歌)
  • 『三つの歌』作品18(1945-1946年、ピアノ伴奏合唱曲集)
  • 『働く人のために』作品19(1947年、第18回メーデーのために募集した詩に作曲したピアノ伴奏合唱曲集)
  • 『交響曲第1番 ヘ調』作品20(1939年、3楽章から成り、それぞれ第1楽章「序曲《大地を歩む》」、第2楽章「間奏曲《大洋の挽歌》」、第3楽章「終曲《凱旋行進曲》」と題されている)
  • 『ピアノと室内管弦楽のための小協奏曲』作品27-1(『芭蕉紀行集』の第7曲「荒海や佐渡によことふ天の川」を主題とする)
  • 『ピアノ協奏曲』作品27-2(上記作品の3管編成への改作、第2回尾高賞佳作)
  • 『子供の報告』
  • 『序曲《大地を歩む》』
  • 『管弦楽組曲《学校生活》』
  • 『円舞曲《青年》』
  • 『皇紀二千六百年の抒情』
  • チェンバロのためのメヌエット ト長調
  • 『日本古謡を主題とする管弦楽のための3楽章』(作曲者は「交響曲第2番」と位置づけている)
  • 『六つの農作業歌』
    1. 草刈唄
    2. 麦搗唄
    3. 田植唄
    4. 田の草取唄
    5. 盆踊唄
    6. 籾摺唄
  • 『現代詩集 第四集』(ピアノ伴奏歌曲集)
    1. 朝の憩い
    2. 煙となって
    3. 幻聴
    4. 妹に
  • 『現代詩集 第五集』(ピアノ伴奏歌曲集)
    1. 岩手病院
    2. 我が家の台所
    3. しらなみ
    4. おもかげの雲
    5. 子供の生活から
  • 管弦楽伴奏歌曲『三つの詩』
  • 『挽歌』(聶耳の霊に捧ぐ)
  • 『お月さま』(童謡)
  • 『叱られ坊主』(同上)

作曲校歌編集

脚註編集

  1. ^ a b 細川周平片山杜秀 監修 『日本の作曲家 近現代音楽人名事典』 日外アソシエーツ2008年、647-648頁。ISBN 978-4-8169-2119-3

参考文献編集

  • 箕作秋吉 『音楽の時』 村松書店、1948年、152-158頁 (作品表)。

関連項目編集

外部リンク編集