メインメニューを開く

箕面石(みのおせき、 Minohlite)は、2013年に発表された新鉱物で、民間の鉱物学者大西政之などにより、大阪府箕面市の平尾鉱山から発見された[1]化学組成は(Cu,Zn)7(SO4)2(OH)10・8H2Oで、六方晶系シュレンベルグ石 (Schulenbergite) と同じ化学組成をもつが、結晶水の量に違いがある。発見地の鉱山が箕面市にあることから命名された。

脚注編集

  1. ^ Ohnishi, M. et al. (2013): Minohlite, a new copper-zinc sulfate mineral from Minoh, Osaka, Japan. Mineral. Mag., 77, 335-342.

関連項目編集

外部リンク編集