メインメニューを開く

箙 かおる(えびら かおる、12月8日[1] - )は、元宝塚歌劇団専科の男役。元雪組組長。日本舞踊家・若柳吉信代(わかやぎ きちのぶよ)[2]

兵庫県神戸市[1]神戸市立生田中学校出身[1]。身長166㎝[1]。愛称は「チャル」[1]

来歴編集

1973年、宝塚音楽学校入学。

1975年、61期生として宝塚歌劇団に入団。月組公演『春の宝塚踊りラムール・ア・パリ[3]で初舞台を踏む。宝塚入団時の成績は46人中35位[3]。同年9月、関西テレビ番組「ザ・タカラヅカ!」に出演するユニット「バンビーズ」の12期生に選ばれる。翌年8月までほぼ毎週テレビ出演することとなる。

1976年4月28日、雪組に配属[3]

1977年、『鶯歌春』公演で、オーディションに合格し、14歳の少年兵役のソロ歌手に抜擢される。

1981年、『彷徨のレクイエム』新人公演の主役を務める。

1990年、専科に異動。

1996年12月27日付で、雪組に異動し雪組組長に就任。1998年10月1日付で、再び専科に異動。

2010年11月、第17回イゾラベッラ・アットホームサロンコンサートを開催。

2017年12月14日、自身のサロンコンサート「夢の扉」を開催。このコンサートをもって宝塚歌劇団を退団。

退団後は若柳流師範・若柳吉信代として活躍、また舞台、コンサートにも出演している。

人物編集

実弟は、劇作家・演出家の菱田信也である[4]

宝塚歌劇団時代の主な舞台編集

第1次雪組時代編集

第1次専科時代編集

  • 1991年4月、『微笑みの国』(雪組:バウ・東京特別・名古屋特別)チャン
  • 1991年5月、『紫陽の花しずく』(月組:バウ)政次
  • 1991年8月、『恋人たちの肖像』(星組:東宝)ヴェルテンベルグ大公
  • 1991年9月、『グランサッソの百合』(星組:バウ・東京特別・名古屋特別)ムッソリーニ
  • 1992年1月、『珈琲カルナバル』(月組)ヴァスコ・アンドラーデ
  • 1992年8月、『ヴァレンチノ』(雪組:バウ・東京特別・名古屋特別)ラスキー
  • 1992年10月、『フラワー・ドラム・ソング』(花組:バウ)ワン・チー・ヤン
  • 1993年4月、『グランドホテル』(月組)ヘルマン・プライジング
  • 1993年5月、『マンハッタン物語』(月組:東京特別・名古屋特別)ロドニー・エスマン
  • 1993年10月、『アップル・ツリー - 三つの愛の物語 - 』(花組:バウ・東京特別・名古屋特別)アリク王
  • 1993年12月、『ベイ・シティ・ブルース』(花組:東宝)マクガバン
  • 1994年2月、『たけくらべ』(月組:バウ、花組:東京特別・名古屋特別)和尚
  • 1994年8月、『カサノヴァ・夢のかたみ』サンマルコ大司教
  • 1995年3月、『国境のない地図』(星組)ガイヤー・ストロハイム
  • 1996年1月、『訪問者』(月組:バウ・東京特別)滝蔵
  • 1996年8月、『虹のナターシャ』(雪組)カメ
  • 1996年9月、『チェーザレ・ボルジア』(月組)法王アレッサンドロ6世

第2次雪組時代編集

  • 1997年2月、『虹のナターシャ』カメ/『La Jeunesse!』
  • 1997年3月、『仮面のロマネスク』法院長/『ゴールデン・デイズ』
  • 1997年5月、『嵐が丘』(バウ)リントン判事
  • 1997年9月、『真夜中のゴースト』バーラント子爵/『レ・シェルバン』
  • 1997年12月、『春櫻賦』尚寧/『LET'S JAZZ - 踊る五線譜 - 』
  • 1998年2月、『ICARUS - 追憶の薔薇を求めて - 』(バウ・東京特別・名古屋特別)ウォルター・キャンベル
  • 1998年5月、『風と共に去りぬ』(全国ツアー)ミード博士
  • 1998年8月、『浅茅が宿 - 秋成幻想 -』法師/『ラヴィール』

第2次専科時代編集

  • 1999年11月、『バッカスと呼ばれた男』(雪組)ポルトス
  • 2000年4月、『ささら笹舟 ―明智光秀の光と影―』(雪組:バウ)織田信長
  • 2000年7月、『更に狂はじ』(月組:東京特別・バウ)義円(足利義教
  • 2000年9月、『トム・ジョーンズの華麗なる冒険』(花組:バウ・東京特別)チャールズ・ウエスタン
  • 2001年4月、『ベルサイユのばら2001 -フェルゼンとマリー・アントワネット編-』(宙組)グスタフ三世
  • 2001年9月、『フィガロ!』(宙組:バウ)アルマヴィバ伯爵
  • 2002年3月、『殉情』(雪組:ドラマシティ・東京特別)利太郎
  • 2002年6月、『SLAP STICK』(月組:バウ・東京特別)ウィリアム・テイラー
  • 2002年8月、『専科エンカレッジ スペシャル』(バウ)
  • 2003年1月、『おーい春風さん/春ふたたび』(宙組:バウ)親方/虚無僧、左衛門
  • 2003年2月、『傭兵ピエール』(宙組)コーション大司教
  • 2003年7月、『王家に捧ぐ歌』(星組)ファラオ
  • 2004年1月、『送られなかった手紙』(雪組:バウ・東京特別)ダンテス少佐
  • 2004年6月、『飛鳥夕映え - 蘇我入鹿 - 』蘇我蝦夷
  • 2005年2月、『王家に捧ぐ歌』(星組:中日)ファラオ
  • 2006年1月、『不滅の恋人たちへ』(宙組:バウ)アルフレッド・デジュネー
  • 2006年8月、『リボンの騎士 ザ・ミュージカル』(外部出演)王・神さま
  • 2007年5月、『大坂侍 -けったいな人々- 』(月組:バウ・東京特別)大和屋源右衛門
  • 2007年9月、『専科エンカレッジコンサート』(バウ)
  • 2008年8月、『シンデレラ the ミュージカル』(外部出演)王様
  • 2008年11月、『外伝ベルサイユのばら - ベルナール編 - 』(星組:全国ツアー)ジャルジェ
  • 2009年2月、『外伝ベルサイユのばら - アンドレ編 - 』(宙組:中日)ジャルジェ
  • 2009年9月、『外伝ベルサイユのばら - アンドレ編 - 』(花組)ジャルジェ
  • 2013年4月、『ベルサイユのばら - フェルゼン編 - 』(雪組)ブイエ将軍
  • 2015年6月、『王家に捧ぐ歌』(宙組)ファラオ
  • 2016年5月、『王家に捧ぐ歌』(宙組:博多座)ファラオ
  • 2017年11月、『鳳凰伝 -カラフとトゥーランドット-』(月組:全国ツアー)ティムール王
  • 2017年12月、サロンコンサート『夢の扉』(宝塚ホテル)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、9頁。ISBN 978-4-86649-004-5
  2. ^ 箙かおるFacebook
  3. ^ a b c 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、87頁。ISBN 9784484146010
  4. ^ [1]菱田信也(菱田シンヤ)ツイッター
  5. ^ この時期は新人公演が2回実施されている

外部リンク編集