メインメニューを開く

箱根強羅ホテル』(はこねごうらホテル)は、井上ひさしによる戯曲

第二次世界大戦末期の箱根強羅ホテルを舞台に、憲兵・陸軍・海軍のスパイ工作をコメディタッチで描いた作品で、劇中に『ひょっこりひょうたん島』の曲も使用されている。

登場人物編集

憲兵編集

陸軍編集

海軍編集

その他編集

外部リンク編集