葛飾北斎画:『北斎漫画
『節分の鬼』豆撒き
『吉田神社追儺』 - 都年中行事画(1928年

節分(せつぶん/せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春立夏立秋立冬)の前日のこと。節分とは「季ける」ことも意味している。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。この場合、節切月日の大晦日にあたる。本項目では、立春の前日、およびその日に行われる伝統的な行事について述べる。

一般的には「鬼は外、福は内」と声を出しながら福豆(煎り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けを行う。また、邪気除けの柊鰯などを飾る。これらは、地方や神社などによって異なってくる(後述)。

目次

概要編集

季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、それを追い払うための悪霊ばらい行事が執り行われる。

宮中での年中行事であり、『延喜式』では、彩色した土で作成した牛と童子の人形を大内裏の各門に飾っていた。

「土牛童子」ともいわれ、大寒の日の前夜の夜半に立てられ、立春の日の前夜の夜半に撤去された。『延喜式』によれば、土偶(土人形の意)も土牛も、各門での大きさは同じで、土偶は高さ2尺で、方1尺5寸・厚さ2寸の板に立てる。土牛は高さ2尺・長さ3尺で、長さ3尺5寸・広さ1尺5寸・厚さ2寸の板に立てる。陽明門および待賢門には、青色のものを、美福門および朱雀門には、赤色のものを、郁芳門、皇嘉門、殷富門および達智門には、黄色のものを、藻壁門および談天門には、白色のものを、安嘉門および偉鑒門には、黒色のものを、立てる。『公事根源』十二月には、「青色は春の色ひんかしにたつ赤色は夏のいろ南にたつ白色は秋のいろ西にたつ黒色は冬の色北にたつ四方の門にまた黄色の土牛をたてくはふるは中央土のいろなり木火金水は土ははなれぬ理有」とある。

これは、平安時代頃から行われている「追儺」から生まれた[1]。元々中国から伝わったの行事は日本に定着していき、現在の節分の元となった [2]

続日本紀慶雲三年十二月の条によると706年にこの追儺が始まり(「是年天下諸国疫疾百姓多死始作土牛大儺」とある)、室町時代に使用されていた「の枝」への信仰にかわって、炒った豆で鬼を追い払う行事となって行った。

近代、上記の宮中行事が庶民に採り入れられたころから、当日の夕暮れ、の枝にの頭を刺したもの(柊鰯)を戸口に立てておいたり、寺社で豆撒きをしたりするようになった[1]

日付編集

節分の日付(未来は予測)
4で割った余り
1 2 3 0
1873年 - 1884年 3日 3日 3日 3日
1882年 - 1900年 2日 3日 3日 3日
1901年 - 1917年 3日 4日 4日 4日
1915年 - 1954年 3日 3日 4日 4日
1952年 - 1987年 3日 3日 3日 4日
1985年 - 2024年 3日 3日 3日 3日
2025年 - 2057年 2日 3日 3日 3日
2055年 - 2090年 2日 2日 3日 3日
2088年 - 2100年 2日 2日 2日 3日
2101年 - 21??年 3日 3日 3日 4日

現在は毎年2月3日であるが、これは1985年から2024年ごろまでに限ったことであり、常にそうではない。

1984年までは、4年に1度の閏年2月4日だった。2025年から(2021年からになる可能性あり)は閏年の翌年に2月2日になる。グレゴリオ暦での最初の節分となった1873年から22世紀初頭までの具体的な日付は表のようになる(重複している年はどちらの欄を使っても正しい日付が出る)。数十年のスケールで徐々に前倒しになってくるが、4で割り切れても閏年とならない1900年2100年2200年……の翌年に1日遅れて帳消しとなる。

立春の前日であり、立春は太陽黄経が315度となる日である。このように、間接的に天体の運行に基づいているので、日付は年によって異なり、また未来の日付は軌道計算に基づく予測しかできない。なお厳密には、基準とする標準時によっても異なるが、日本以外では祝う風習がないので、旧正月のように国による日付の違いが話題となることはない。

年内節分編集

太陰太陽暦では、19年に7回閏月を加え閏年とするため、年末に立春を迎えることがある。それに伴い節分も年内となる。これを年内節分という。

豆まき編集

 
神社における豆撒きの様子
 
家庭の豆撒きで使用する豆とお面

邪気を追い払うために、古くから豆撒きの行事が執り行われている。室町時代の百科事典『壒囊鈔』巻一の八十三「節分夜打大豆事」によれば、宇多天皇の時代に、鞍馬山が出て来て都を荒らすのを、祈祷をし鬼の穴を封じて、三石三升の炒り豆(大豆)で鬼のを打ちつぶし、災厄を逃れたという伝承に由来するとしている[3]。豆は、「穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっている」という信仰、または語呂合わせで「魔目(豆・まめ)」を鬼の目に投げつけて鬼を滅する「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いがある[1]

豆を撒き、撒かれた豆を自分の年齢(数え年)の数だけ食べる。また、自分の年の数の1つ多く食べると、が丈夫になり、風邪をひかないという習わしがあるところもある。初期においては豆は後方に撒くこともあったと言う。

方法編集

豆をまく際には掛け声をかける。室町時代の相国寺の僧侶、瑞渓周鳳の日記である『臥雲日件録』の文安4年(西暦1448年)12月22日の記述には「散熬豆因唱鬼外福内」とある[4]ように、掛け声は通常「鬼は外、福は内」である。

しかし、地域や神社によって異なる場合がある。鬼を祭神または神の使いとしている神社、また方避けの寺社では「鬼は外」ではなく「鬼も内(鬼は内)」としている[1]。奈良県吉野町の金峯山寺で行われる節分会では役行者が鬼を改心させて弟子にした故事から「福は内、鬼も内」としている[5]。また新宗教大本は鬼神を「艮の金神国常立尊)」と解釈しているので、同じく「鬼は内」とする[6]。「鬼」の付く(比較的少数だが「鬼塚」、「鬼頭」など)の家庭もしくは鬼が付く地名の地域では「鬼は内」の掛け声が多いという。山形市の鳥海月山両所宮でも鬼の字が姓に含まれる世帯もあることから、掛け声を「鬼は外、福は内」だけでなく「福は内、鬼も内」としている[7]。大名九鬼家の領地でも、藩主に敬意を表して「鬼は内」としている[8]。また、丹羽氏が藩主であった旧二本松藩領内の一部では「鬼は外」と言うと「おにわそと」転じて「お丹羽、外」となるため、それを避けるために「鬼、外」と言う所がある[9]

使用する豆は、お祓いを行った炒った大豆炒り豆)である。豆を神棚に供えてから撒く地方もある。炒り豆を使用するのは、旧年の厄災を負って払い捨てられるものであるため、撒いた豆から芽が出ては不都合であったためであるという。北海道・東北・北陸・南九州の家庭では 落花生を撒き、寺社や地域によっては餅や菓子、みかん等を投げる場合もあるが、これは「落花生は大豆より拾い易く地面に落ちても実が汚れない」という合理性から独自の豆撒きとなった[10]

かつては、豆のほかに、米、麦、かちぐり、炭なども使用されたという。豆まきとなったのは、五穀の中でも収穫量も多く、鬼を追い払うときにぶつかって立てる音や粒の大きさが適当だったからとする説もあるが定かではない。

近代の傾向編集

 
大國魂神社節分祭 新横綱稀勢の里関の豆まき(2017年2月3日撮影)

スーパーマーケットなどの特設コーナーで、炒った豆をパックにし、福豆(ふくまめ)などの名称で販売される。鬼のお面(お多福の面が入っている商品もある)がおまけとしてついているものもあり、父親などがそれをかぶって鬼の役を演じて豆撒きを盛り上げる。しかし、元来は家長たる父親あるいは年男が豆を撒き鬼を追い払うものであった[1]

小学校では5年生が年男・年女にあたるため、5年生が中心となって豆まきの行事を行っているところもあり、神社仏閣と幼稚園保育園が連携している所では園児が巫女稚児として出る所もある。相撲力士を招いて(醜・しこ・四股を踏む事により、凶悪な鬼を踏みつけ鎮める悪魔祓いをする)豆撒きをする社寺もある。

豆が幼児の鼻や耳に入ってけがをする危険やアレルギーなどを考慮して、豆の代わりに新聞紙を丸めて豆まきを行う乳幼児施設もあり[11]、もはや豆まきではないとも言えよう。

その他の民俗編集

邪気・魔物・妖怪編集

  • 付喪神 - 立春前の「煤払い」に廃棄された古道具の精霊「付喪神」が腹を立て、節分の夜に妖怪となって一揆を起こす物語が『付喪神絵巻』に記されている。
  • 百鬼夜行 - 節分に鬼や妖怪などが深夜に群れ歩く「百鬼夜行」が現れるとする、『増補下学集』(山脇道円)などの文献もある。
  • 一本足 - 奈良県吉野郡中龍門村(現・吉野町)では節分の日に「一本足」が現れるのを防ぐため、ヤイカガシを玄関に掲げる風習がある。
  • 銭貸し - 節分の夜に銭の入った袋を担いで四つ辻に現れる。銭を貸してくれるが、次の節分の夜に返さなければ、恐ろしい事になるといわれる。
  • カイナデ(カイナゼ) - 京都で、節分の夜に便所で尻を撫でるとされる妖怪。「赤い紙やろうか、白い紙やろうか」と唱えると避けられるという伝承がある。

厄祓い悪霊祓い編集

柊鰯編集

 
門口に挿した「やいかがし」

柊の小枝と焼いた鰯の頭、あるいはそれを門口に挿したもの。西日本では、やいかがし(焼嗅)、やっかがし、やいくさし、やきさし、ともいう。

厄落とし編集

節分の夜に炒り豆を年の数だけ紙に包み、人知れず家に近い四つ辻の真ん中に捨てて、振り返らずに家まで戻り、厄を落とす風習が各地にある[12]。豆ではなく、[13]、金銭[14]、火吹竹、炮烙、ふんどし[15]、履物[16]などのこともある。

節分お化け編集

「お化け」と呼ばれる事もある。一説では、当初は子供の様な格好をしたことから「お坊髪」と呼ばれ、それが「お化け」になったともされている。 厄払いのために、普段と違う服装で社寺参拝を行う。いつもと違う扮装をすれば、魔を追い払うことが出来る、と信じられたことから始まったもの[1]

東京の浅草、四ツ谷、京都の花街、大阪の北新地などでは、芸者舞妓芸妓)やホステスが、通常の芸妓衣装ではない、様々な扮装をする。

参詣編集

 
櫛田神社の大お多福面
  • 大お多福面 - 福岡県下では、節分の時期、神社に「大お多福面」が設置され、大きな口をくぐると、商売繁盛や家内安全などの御利益があるとされている。

初夢編集

文献での初夢の初出は、鎌倉時代西行が著した『山家集』巻上(1首目)の「年くれぬ 春くべしとは 思ひ寝に まさしく見えて かなふ初夢」である。その題に「立春の朝よみける」とあり、この時代には暦上の新年とは無関係に節分から立春の夜に見るを初夢としている[18]

行事食編集

 
炒り豆と恵方巻
  • 福豆 - 「炒り豆の花が咲く」とはあり得ないことが実現することを例えたことわざ。厄払いに用いた豆から芽が出ないようにしっかりと炒る。
  • 節分鰯 - 西日本には節分にの焼き魚を食べる「節分いわし」の風習がある。
  • 福茶 - 福豆(大豆)と昆布梅干しなどの具に煎茶や湯を注いだ茶。
  • 恵方巻 - 恵方を向いて無言で食すると縁起が良いとされる[19]巻寿司
  • 蒟蒻 - 「腸の砂おろし」と呼び、「体内にたまった砂を出す」として食べる[20]
  • カナガシラ(魚) - 長崎県ではその名が「お金が貯まる」に通じるとして、節分に食べる風習がある。
  • 鯨料理 - 山口県では「大きなものを食べると縁起が良い」として鯨料理を食べる風習がある[21][22]。また、青森県八戸市鮫町蕪嶋神社「節分厄除祭」では、直会にくじら汁を食べる習慣がある[23]
  • 粕汁 - 奈良の寺院では、節分会にあたり関係者に振る舞われる[24][25]
 
節分福引せんべい
  • がらがら・福引煎餅 - 小麦粉と卵黄に砂糖で味付けた煎餅の中におもちゃの入った伝統的な食玩駄菓子。がらがらは、山梨県甲府市の大神宮節分祭の名物[26][27]。また、福引煎餅は、三重県津市で食べられる厄除けの煎餅。
  • 切山椒 - 切山椒は、糝粉に砂糖と山椒を炒った粉をまぜた生地を蒸して搗き、拍子木形に切って作った餅菓子で、山梨県甲府市の大神宮節分祭の名物[26]
  • 小判菓子 - 福井県小浜市で「一生お金に困らないように」と、炒り豆とともに神棚に供えて食べる小判の形をした縁起物の焼き菓子[28]

節分祭・節分会編集

神社では節分祭(せつぶんさい)、寺院では節分会(せちぶんえ・せつぶんえ)の呼称が一般的である。

神社編集

 
春日大社節分万灯籠

寺院編集

 
宝光院節分会はだか祭り
 
壬生狂言
  • 壬生寺(京都府京都市中京区) - 壬生狂言が行われる
  • 東大寺奈良県奈良市) - 節分万灯明・星祭。日中、古くなったお札やお守り等を火にあげる儀式「還宮(げんぐう)」と二月堂の舞台の上から「節分豆まき」が行われる。星に「除災与楽」を祈る法会「星祭り」は、二月堂本堂に万灯明を灯し、「星曼荼羅」を掲げて勤められる。
  • 元興寺(奈良県奈良市) - 節分会柴燈大護摩供。山伏が弓矢と剣で魔を祓い、不動明王を勧進した大護摩を焚いて、山伏と一般参列者が火渡り行をする。八雷神や元興神の鬼の発祥地であるので、「福は内、鬼は内」と豆まきをする。
  • 興福寺(奈良県奈良市) - 追儺会・鬼追い式。松明をかざして暴れまわる3匹の鬼が、毘沙門天によって退治された後、大黒天打出の小槌で参拝者に福を授ける。年男による福豆まきが行われる。
  • 法隆寺(奈良県生駒郡斑鳩町) - 追儺会。西円堂の周囲を回りながら松明を投げる鬼3匹を毘沙門天が退治。鬼の魔性を調伏する。
  • 安倍文殊院(奈良県桜井市) - 節分銭ぶつけ厄払い大法要。恵方に当たる方位守護仏に年齢と同数の一円玉を投げ、厄除けをする。
  • 信貴山朝護孫子寺(奈良県生駒郡平群町) - 節分鬼追式。鬼が松明や金棒を持ち本堂から僧侶や年男に追われ逃げ回る。鬼は寺内だけにおさまらず、里の家にも押しかける。
 
金峯山寺節分会
  • 金峯山寺蔵王堂(奈良県吉野郡吉野町) - 節分会・鬼火の祭典。「福は内、鬼も内」と唱え、全国から追われてきた鬼を迎え入れ、経典の功徳や法力と豆まきによって、鬼たちを仏道に導く。

その他編集

  • 鬼恋節分祭(群馬県藤岡市) - 「福は内、鬼は内」。鬼呼び豆まき。合併で消滅した鬼石町の名にちなむ
  • 鬼岩福鬼まつり(岐阜県御嵩町) - 「鬼は内」
  • 鬼の豆広島県三原市) - 子供たちが民家や店などを訪ね「鬼の豆ちょうだい」と言ってお菓子をもらう風習がある[31]

関連作品編集

  • 豆まき(童謡):作詞 日本教育音楽協会、作曲 日本教育音楽協会

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 鈴木昶「くすりと民俗2:疫病追い出す節分」、『月刊漢方療法』第12巻第11号、2009年2月、 p.p.74-76。
  2. ^ 故郷の村人たちと酒を飲み交わした時には、お年寄りより先に部屋を出てはならない。村人たちが儺(おにやらい:旧暦の大晦日に鬼や邪気を祓う儀式 ) をする時には朝服を着て東側の階段に立って出迎えねばならない。《 論語 郷党第十 現代語訳 》
  3. ^ 行誉 『壒囊鈔』 国文学研究資料館、1445年
  4. ^ 瑞渓周鳳 『臥雲日件録抜尤』 国文学研究資料館 鵜飼文庫、1448年(『臥雲日件録抜尤』は1562年に相国寺の僧、惟高妙安が抄出したもの)
  5. ^ “奈良・金峯山寺は「鬼も内」 蔵王堂で節分会”. 岐阜新聞. (2016年2月3日). http://www.gifu-np.co.jp/news/zenkoku/lifestyle/CO20160203010012271358071A.shtml 2016年2月3日閲覧。 [リンク切れ]
  6. ^ 金光と大本122頁
  7. ^ “「福は内、鬼も内」豪快豆まき 山形・鳥海月山両所宮で節分祭”. 山形新聞. (2016年2月3日). http://yamagata-np.jp/news/201602/03/kj_2016020300072.php 2016年2月3日閲覧。 [リンク切れ]
  8. ^ 金光と大本123頁
  9. ^ 本宮町史 第9巻 民俗篇 「年中行事」より
  10. ^ 節分に落花生をまくって、有りですか?(2/3)(All About)
  11. ^ 区立保育園「節分の会」で乳幼児が豆まき体験、品川区HP、2016年プレスリリース、閲覧年月日2017年1月6日
  12. ^ 五来重『宗教歳時記』角川選書、1982年4月。
  13. ^ 公益社団法人全国学校栄養士協議会「節分 なたもち」『伝えたい行事食』
  14. ^ 「年銭(としせん)」『デジタル大辞泉』小学館。
  15. ^ 『子規全集』第11巻(随筆1)講談社、1975年4月。
  16. ^ 「愛南 節分の夜の怪 交差点に履物散乱 地域伝統『厄よけ』の習慣」『愛媛新聞』 2011年2月6日付。
  17. ^ 「節分四方参り」 『京都観光・旅行』、2018年2月15日閲覧。
  18. ^ 西行(著)、佐佐木信綱(解説) 『山家集』 岩波文庫、1928年10月5日、ISBN:978-4003002315。
  19. ^ サンドイッチやワッフル… 一風変わった恵方巻き人気 神戸新聞 2013年1月30日15:49配信 2013年2月1日閲覧
  20. ^ 車浮代 「旬を楽しみ、身体が喜ぶ江戸料理【第16回】『蒟蒻』(こんにゃく)は江戸時代、“お腹の砂下ろし”と尊ばれた健康食材」 『DIAMOND online』  ダイヤモンド社、2012年3月2日。
  21. ^ 「節分には鯨 東流西流」『山口新聞』2014年2月7日。
  22. ^ 「ふるさとの味 おばいけ」『Blue Signal』2014年1月号、JR西日本。
  23. ^ 「八戸で蕪嶋神社節分祭 鮫生活館会場に60人集まる」 『八戸経済新聞』 2018年2月6日。
  24. ^ 『ホテル日航奈良に新メニュー』 2012年7月28日 奈良新聞3面。
  25. ^ 奈良の食文化研究会 『出会い大和の味』 奈良新聞社、2007年7月1日、96頁、ISBN:978-4-88856-065-8。
  26. ^ a b 「大神さん名物『がらがら』」『こうふ取材日記』 2014年1月31日。
  27. ^ 「お菓子の中にはおもちゃが!甲府の節分の名物『がらがら』」 2015年02月10日。
  28. ^ 「小浜独特の風習、節分に小判菓子」 福井新聞 2017年1月31日。
  29. ^ 徳川家康が祈願所とし武運長久を祈っていた
  30. ^ 年中行事/大須観音(名古屋)
  31. ^ 「三原のハロウィン!? 『鬼の豆』」 『三原ふるさと情報』 2018年2月15日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集