築地本願寺和田堀廟所

築地本願寺和田堀廟所(つきじほんがんじわだぼりびょうしょ)は、東京都杉並区にある浄土真宗本願寺派寺院築地本願寺の分院である。

築地本願寺和田堀廟所
Tsukiji-Hongan-ji Wadabori byosho entrance.jpg
所在地 東京都杉並区永福一丁目8番1号
宗派 浄土真宗本願寺派
本尊 阿弥陀如来
創建年 昭和9年(1934年
公式HP 築地本願寺和田堀廟所トップページ
テンプレートを表示

概要編集

1923年大正12年)の関東大震災で築地本願寺は壊滅的打撃を受けた。築地本願寺本寺は現地で再建されることになったが、築地本願寺の中にあった小寺院は各地に分散[1]し、墓地は別の場所に検討することになった[2]

そんな折、陸軍省火薬庫跡地の払い下げ計画が出て、築地本願寺が出願することになった。1930年昭和5年)に築地本願寺に払い下げが決まった[3]。他に明治大学にも払い下げられ、現在同大学和泉キャンパスとなっている。

1934年昭和9年)に、正式に開所した。2年前まで東京府豊多摩郡和田堀町(開所時点では東京府東京市杉並区)だったことから「和田堀廟所」と名付けた[3]

墓地には、著名人の墓が多い。また、築地本願寺の前身の「浜町御坊」時代に、再建等に尽力した江戸佃島(現・東京都中央区)住民の墓もある[2]

ギャラリー編集

交通アクセス編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 和田堀廟所の隣りにある浄土真宗本願寺派の寺院もかつては築地本願寺の寺内にあった寺である。
  2. ^ a b 109 築地本願寺和田堀廟所【寺院】(永福一丁目8番1号)杉並区教育委員会事務局生涯学習推進課文化財係
  3. ^ a b 大谷光男、嗣永芳照 著『杉並区史跡散歩 (東京史跡ガイド15)』学生社、1992年、71-73p

参考文献編集

  • 大谷光男、嗣永芳照 著『杉並区史跡散歩 (東京史跡ガイド15)』学生社、1992年

関連項目編集

外部リンク編集