メインメニューを開く

篠ノ井市(しののいし)は長野県の旧更級郡域北東部地区にあった市である。

しののいし
篠ノ井市
篠ノ井市章
廃止日 1966年10月16日
廃止理由 新設合併
篠ノ井市、長野市、松代町川中島町更北村信更村若穂町七二会村長野市
現在の自治体 長野市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方信越地方
都道府県 長野県
団体コード 当時存在せず
面積 46.65km2.
総人口 29,340
(1965年10月1日(国勢調査))
隣接自治体 長野市更埴市
埴科郡松代町
更級郡川中島町、信更村
上水内郡七二会村
篠ノ井市役所
所在地 388-80
長野県篠ノ井市御幣川281-1
 表示 ウィキプロジェクト
長野市役所篠ノ井支所

更級郡布施村→篠ノ井町時代から県北部の交通の要衝であり、国鉄(→JR東日本)の篠ノ井線信越本線(→篠ノ井以南はしなの鉄道に転換)が分岐し東京方面と名古屋・大阪方面に向う上で重要な地点であったが、1997年の北陸新幹線先行開業において、篠ノ井駅至近を通過するものの駅は設置されなかった。

1959年に誕生したが、1966年(昭和41年)10月16日長野市更級郡川中島町更北村信更村上水内郡七二会村埴科郡松代町上高井郡若穂町と合併(新設合併)し長野市となったためわずか7年で消滅した。

現在は長野市篠ノ井地区となっている。

歴史編集

隣接していた自治体編集

(※=いずれも合併前日の1966年(昭和41年)10月15日現在。更埴市以外は現・長野市、更埴市は現・千曲市

市長編集

関連項目編集