篠原大作

日本の男性俳優・声優(1933−2016)

篠原 大作(しのはら だいさく、1933年7月4日[7] - 2016年2月1日[8][9])は、日本男性俳優声優北海道出身[2]。妻は声優の花形恵子[4](2015年死別)。

しのはら だいさく
篠原 大作
プロフィール
本名 篠原 孝雄(しのはら たかお)[1]
性別 男性
出身地 日本の旗 日本北海道[2]
生年月日 (1933-07-04) 1933年7月4日
没年月日 (2016-02-01) 2016年2月1日(82歳没)
血液型 O型[3]
職業 俳優声優
事務所 81プロデュース(最終所属)[2]
配偶者 花形恵子[4](2015年死別)
公式サイト 篠原大作 - 81プロデュースの公式サイト
公称サイズ(時期不明)[5]
身長 / 体重 174 cm / 67 kg
俳優活動
活動期間 1954年[6] - 2016年
ジャンル テレビドラマ
デビュー作 末吉(『水泥棒』)[6]
声優活動
活動期間 1960年代 - 2016年
ジャンル アニメ吹き替え
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

来歴

編集

明治大学卒業[10]。1954年4月、劇団ぶどうの会に入団[6]。1961年2月、ぶどうの会を脱退し、山田肇、花形恵子、松村彦次郎などともに劇団風を結成[11][12]りんどうプロダクション[13]、竜の会[13]東京俳優生活協同組合を経て[12]81プロデュースに所属していた[2]

真船豊原作の『水泥棒』の末吉で初舞台[6]

快傑ライオン丸』や『特別機動捜査隊』などのナレーターとして知られるほか、俳優としてテレビドラマアナウンサー役で出演することも多かった。

妻の花形とともに『ふたり朗読館』を主宰して[14]朗読の分野でも精力的に活動していた[4]

花形の死去から翌年の2016年2月1日、病気療養中に没した[8][9]。82歳没。

人物

編集

声種ローバリトン[15]

特技はテニス[12]資格普通自動車免許[12]

2人の息子がいた[14]

出演作品

編集

テレビドラマ

編集

映画

編集

舞台

編集
  • エー・アンド・ピープロデュース公演 12人の浮かれる男(陪審員2号)(1980年、1985年)

テレビアニメ

編集
1969年
1970年
1973年
1976年
1977年
1978年
1979年
1991年
1997年
1998年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2011年
2013年
  • 千年の約束(根古本茂兵衛)国税庁企画 ビデオアニメ(2006年)

ゲーム

編集

ドラマCD

編集
  • 七海花音ドラマCDシリーズ 秀麗学院高校物語 伝説の少年(飯倉)

吹き替え

編集

洋画

編集
1960年
1963年
1969年
  • 私生活(ビットリオ、印刷屋、助手3、記者5)
1974年
1975年
1976年
1977年
1979年
1985年
1986年
1987年
1988年
1991年
  • トリック大作戦(チン・ワントウ〈程運涛〉)
1995年
  • 沈黙の戦艦(提督の補佐官)※テレビ朝日版(日本語吹替音声追加収録版ブルーレイに収録)
1999年
2000年
2001年
2002年
2004年
2005年
2006年
2007年
2009年

海外ドラマ

編集
1960年
1964年
1967年
1968年
  • スパイ大作戦 毒には毒をもて!(警官)
1969年
1971年
  • スパイ大作戦 銃殺(軍曹、警察の無線の声)
1973年
  • スパイ大作戦
    • 市街大追跡(シャイナー、ヒューゴ)
    • 暗殺目標変更!(ジェイムソン、ガソリンスタンドの係員)
1977年
1990年
1992年
1993年
  • アボンリーへの道(アラナー公)
  • 名探偵ポワロ エジプト墳墓のなぞ(劇中映像ナレーター)※NHK版
  • 名探偵ポワロ チョコレートの箱(裁判長)※NHK版
1996年
2002年
2005年

海外人形劇

編集

特撮

編集
1964年
1967年
1968年
1972年
1974年
1976年
1977年
1985年
1989年
1990年
1991年

ラジオドラマ

編集
  • NHKラジオ第2放送 朗読の時間 - 朗読
  • LFラジオ劇場「赤いメイフラワー」(1969年)
  • KRラジオ図書館「まぼろしの白熊」(1984年)
  • NHK-FM特集オーディオドラマ「岩場のチングルマ」(1993年)

人形劇

編集

モーションコミック

編集

ナレーション

編集

ボイスオーバー

編集

その他コンテンツ

編集
  • 現代ヴィオル・コンソート展「ヴィオル七変化」 - 語り
  • 文春カセットライブラリー「吉村昭 山本長官機 撃墜さる 実録・海軍甲事件」(朗読)

脚注

編集
  1. ^ 『芸能手帳タレント名簿録Vol.39('04〜'05)』連合通信社・音楽専科社、2004年5月3日、134頁。 
  2. ^ a b c d 篠原 大作 - (メモリアル):株式会社81プロデュース‐声優プロダクション”. 2022年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年12月31日閲覧。
  3. ^ “篠原大作”. Excite News. エキサイト株式会社. https://www.excite.co.jp/news/dictionary/person/PEaf7896b13e8b5c9b7aefbc496a387cda67017b34/ 2020年2月14日閲覧。 
  4. ^ a b c 朗読”. プチぶんか村. 2020年1月31日閲覧。
  5. ^ 『日本タレント名鑑(2016年版)』VIPタイムズ社、2016年1月27日、185頁。ISBN 978-4-904674-07-9 
  6. ^ a b c d 「新劇便覧」『テアトロ』、カモミール社、1965年8月、275頁。 
  7. ^ 篠原大作のプロフィール”. allcinema. 2020年1月13日閲覧。
  8. ^ a b ニュースバックナンバー”. 81プロデュース. 2018年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月29日閲覧。
  9. ^ a b “篠原大作さん死去 82歳 『3年B組金八先生』『太陽にほえろ!』などに出演”. ORICON NEWS. (2016年2月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2066352/full/ 2018年4月10日閲覧。 
  10. ^ 『日本タレント名鑑(2001年〜2002年版)』VIPタイムズ社、2001年、208頁。 
  11. ^ 『劇団協議会月報』12月号、劇団協議会幹事会、1965年、8頁。 
  12. ^ a b c d 篠原大作”. 東京俳優生活協同組合. 2002年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月25日閲覧。
  13. ^ a b 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、85頁。 
  14. ^ a b 「私流「うれしいこと楽しいこと日記」のススメ」『ゆうゆう』2004年1月号、主婦の友社、2004年1月、86-87頁。 
  15. ^ 『日本音声製作者名鑑2007』小学館、2007年3月25日、56頁。ISBN 978-4-09-526302-1 
  16. ^ ひかりのまち[DVD] CD Journal公式サイト 2017.12.24 09:10 (UTC) 閲覧
  17. ^ ハリー・ポッターと秘密の部屋”. 金曜ロードSHOW!. 2016年9月6日閲覧。

外部リンク

編集