メインメニューを開く
篠原淺茅

篠原 淺茅(しのはら あさぢ、本名:淺野靜子[1]1898年明治31年)10月30日[2] - 没年不明)は元宝塚少女歌劇団主演娘役クラスの人物である。大阪府大阪市出身[2]。特技はソプラノ[1]。妹は宝塚歌劇団10期生原幹子
1919年頃には、雲井浪子高峰妙子高砂松子らと共に、『寳塚四天王』として人気の中心にいた[3]
この芸名は小倉百人一首の第39番:参議等の「淺茅生の 小野の篠原 忍ぶれど 餘りて何どか 人の戀しき(あさぢふの をのゝ しのはら しのぶれど あまりてなどか ひとのこひしき)」より命名された。

略歴編集

宝塚少女歌劇団時代の主な出演編集

  • 『平和の女神』(1915年3月31日 - 5月23日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『舌切雀』『御田植』(1915年7月31日 - 8月31日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『霞の衣』『竹取物語』(1916年3月19日 - 5月31日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『夕陽ケ丘』(1916年7月20日 - 8月31日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『中將姫』(1916年10月20日 - 11月30日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『笑の國』『歌かるた』(1917年1月1日 - 1月10日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『花爭』(1917年3月20日 - 5月20日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『桃色鸚鵡』『リザール博士』(1917年7月20日 - 8月31日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『下界』『ゴザムの市民』『屋島物語』((1917年10月20日 - 11月30日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『新世帶』『靜御前』(1918年3月20日 - 5月20日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『造物主』『クレオパトラ』(1918年7月20日 - 8月31日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『馬の王様』『靑葉の笛』『お蠶祭』(1918年10月20日 - 11月30日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『鞍馬天狗』『啞女房』(1919年1月1日 - 1月20日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『千手の前』『家庭敎師』(1919年3月20日 - 5月20日、宝塚新歌劇場(公會堂劇場))
  • 『源氏物語』『世界漫遊』(1919年7月20日 - 8月31日、宝塚新歌劇場(公會堂劇場))
  • 『燈籠嶋』『ジヤンヌ・ダルク』『女醫者』(1919年10月20日 - 11月30日、宝塚新歌劇場(公會堂劇場))
  • 『餘吾天人』(1920年1月1日 - 1月20日、宝塚新歌劇場(公會堂劇場))
  • 『思ひ出』『毒の花園』『酒の行兼』(1920年3月20日 - 5月20日、宝塚新歌劇場(公會堂劇場))
  • 『八犬傳』『正直者』(1920年7月20日 - 8月31日、宝塚新歌劇場(公會堂劇場))
  • 『お夏笠物狂』『小野小町』『月光曲』(1920年10月20日 - 11月30日、宝塚新歌劇場(公會堂劇場))
  • 『岩戶開』『アラビアンナイト』(1921年1月1日 - 1月20日、宝塚新歌劇場(公會堂劇場))
  • 『王女ニーナ』『筑摩神事』(第一部)(1921年3月20日 - 5月20日、宝塚新歌劇場(公會堂劇場))
  • 『希臘神話パンドーラ』『田樂男』(第一部)(1921年7月20日 - 8月31日、宝塚新歌劇場(公會堂劇場))

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『日本歌劇俳優写真名鑑』藤山宗利著、歌舞雑誌社、1920年、P147
  2. ^ a b 『歌劇と歌劇俳優』藤波楽斎著、文星社、1919年、P96
  3. ^ 『歌劇と歌劇俳優』藤波楽斎著、文星社、1919年、P104