メインメニューを開く

篠塚藩(しのづかはん)は、上野邑楽郡篠塚村(現在の群馬県邑楽郡邑楽町)に存在した。居館は篠塚陣屋

目次

藩史編集

延享4年(1747年)7月、陸奥桑折藩主であった松平忠恒が、陸奥伊達郡など1万2250石ほどの所領を上野国に移され、邑楽郡篠塚村に陣屋を構えたことから立藩した。表高は2万石である。翌年8月、忠恒は所領を碓氷郡などに移されたため、上里見藩として存続することとなり、篠塚藩は短期間で廃藩となった。

歴代藩主編集

松平(奥平)家編集

2万石。譜代

  1. 忠恒(ただつね)

関連項目編集