篠田 一士(しのだ はじめ、1927年昭和2年〉1月23日 - 1989年平成元年〉4月13日)は、日本文学研究者文芸評論家翻訳家である。

来歴・人物編集

岐阜県出身。旧制岐阜中学から旧制松江高等学校へ進み、1948年東京帝国大学文学部英文科入学、1951年卒業、高校教諭を経て、1955年東京都立商科短期大学専任講師、1957年旧・東京都立大学英文科専任講師、1960年助教授、1973年教授。

松江高校時代に駒田信二から新しい文学状況に関しての知見を得て、当時刊行され間もないマチネ・ポエティク運動の加藤周一中村真一郎福永武彦共著『1946・文学的考察』(後年刊の冨山房百科文庫版で解説を担当)に出会い、日本の私小説的風土を克服する、国際的な文学のありかたに関心をもつ。1952年、丸谷才一中山公男と三人で季刊同人雑誌『秩序』を創刊。のち菅野昭正も加わる。

1950年代後半から評論活動をはじめ、欧米世界の新しい“20世紀小説”とよばれる作品の紹介に力を注いだ。評論を含め、ラテンアメリカ文学を日本への紹介に先鞭をつけ、各種世界文学全集刊行で、編集委員・監修他で広く企画に関わった。川村二郎清水徹ら外国文学者出身の文芸評論家とは、企画出版を含め終生交流があった。

音楽に関して専門的知識と見識を有しており、幾つかの翻訳、雑誌記事(レコード評論など)執筆、対談などの実績がある。ワーグナーから近代英国音楽までを広く論じた。

近現代日本文学の面では、詩と小説との広いジャンルにわたり発言し、横光利一幸田露伴斎藤緑雨らの再評価を促した。また中原中也の評価をめぐって、大岡昇平と論争したこともあった。その評論集に付けられた詳細な脚注・索引がその博大な文学的教養の証しである。

長年持病の高血圧に悩まされていたが、1989年4月夫人(篠田綾子は東大英文科の同級生で翻訳家)がアメリカ旅行中に、自宅マンションの洗面所で倒れ、そのまま急死した。子息篠田徹は社会学者早稲田大学教授)である。

著書編集

単著編集

  • 『邯鄲にて 現代ヨーロッパ文学論』弘文堂、1959、新版<現代芸術論叢書>、1970/小沢書店、1986
  • 『現代イギリス文学』垂水書房、1962/小沢書店(新編)、1991 
  • 『伝統と文学』筑摩書房、1964/筑摩叢書、1986 - 正式には「傳統と文學」 
  • 『詩的言語』晶文社<晶文選書>、1968/小沢書店、1985
  • 『作品について』筑摩書房、1971
  • 『日本の近代小説』集英社、1973
  • 『続 日本の近代小説』集英社、1975
    • 新編『日本の近代小説』 集英社、1988。正+続、付・著作目録
  • 『音楽の合間に』音楽之友社、1978
  • 『音楽に誘われて』集英社、1978
  • 『読書の楽しみ』構想社、1979
  • 『日本の現代小説』集英社、1980
  • 吉田健一論』筑摩書房、1981
  • 『ヨーロッパの批評言語』晶文社、1981
  • 『現代詩髄脳』集英社、1982
  • 『バンドゥシアの泉』小沢書店、1982 
  • 『世界文学「食」紀行』朝日新聞社、1983/「グルメのための文芸読本」 朝日文庫、1986/講談社文芸文庫、2009
  • 『読書三昧』晶文社<犀の本>、1983
  • 幸田露伴のために』岩波書店、1984 - 「露伴小説」(全6冊)を編んだ
  • 『現代詩人帖』新潮社、1984
  • 『ノンフィクションの言語』集英社、1985
  • 『現代詩大要-三田の詩人たち』小沢書店、1987/講談社文芸文庫、2006
  • 『日本詩人選28 心敬』筑摩書房、1987
  • 『創造の現場から-文芸時評 1979~1986』小沢書店、1988
  • 二十世紀の十大小説』新潮社、1988/新潮文庫、2000
  • 『樹樹皆秋色 篠田一士評論集』筑摩書房、1989
  • 『篠田一士評論集 1980~1989』小沢書店、1993 - 年譜・著作目録付

共著・主な編著編集

  • 世紀末芸術と音楽』 諸井誠との往復書簡、音楽之友社、1983
  • 『世界教養全集36 東西文芸論集』平凡社、1963(新版1974) - 師・中野好夫と共編だが実際は篠田単独での編著
  • 『20世紀の文学 世界文学全集36 現代評論集』 集英社、1967。新版『20世紀評論集-批評のよろこび』1974
  • 『20世紀の文学 世界文学全集35 現代詩集』 集英社、1968
  • 『現代人の思想14 伝統と現代』平凡社、1969(新版2000) 
  • 「世界批評大系」 筑摩書房(全7巻)、1974-75 - 18世紀から20世紀半ばの文芸論集。第1・4巻目を解説担当
    • 1近代批評の成立、2詩の原理、3詩論の展開、4小説と現実、5小説の冒険、6詩論の現在、7現代の小説論
  • 『世界の文学38 現代評論集』 集英社、1978
  • 『世界の文学37 現代詩集』 集英社、1979
  • 『ポケット 世界の名詩 人生のアンソロジー』平凡社、1982(新版1996)
  • 『筑摩世界文学大系88 名詩集』筑摩書房、1991

訳書(共訳含む)編集

  • 新版は「汚辱の世界史」を増補。 同「世界の文学」、1978、同「ラテンアメリカの文学」、1984
  • 『近代の音楽家』 ネヴィル・カーダス、白水社、1969
  • 『西欧の眼の下に』 J・コンラッド 「世界文学全集」集英社、1970、新版1981 
  • 『日本との出会い』 ドナルド・キーン中央公論社、1972、中公文庫、1978
  • 『日本文学散歩』 ドナルド・キーン、朝日選書、1975
  • 『伝奇集』 ボルヘス、集英社、1975
  • 『砂の本』 ボルヘス、集英社、1980、新版1987 / 集英社文庫、1995、新版2011 - 文庫判は「汚辱の世界史」を収録
  • 『伝奇集、エル・アレフ、ブロディーの報告書』 筑摩書房、1984
    「筑摩世界文学大系81 ボルヘス/ナボコフ」 - 後者は、富士川義之訳「青白い炎」