篠田 勝英(しのだ かつひで、1948年12月18日[1] - )は、日本フランス文学者、白百合女子大学教授。中世フランス文学専攻。

略歴 編集

石川県金沢市出身[1]1973年東京大学文学部仏文科卒。1979年 同大学院博士課程単位取得満期退学、白百合女子大学文学部専任講師。1982年助教授、1992年教授。

1984年、デュビー『中世の結婚』の翻訳で渋沢クローデル賞受賞。1997年、『薔薇物語』の翻訳で読売文学賞受賞。2011年『慈しみの女神たち』で日本翻訳出版文化賞受賞。

著書編集

翻訳編集

論文編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.320

参考編集

  • J-GLOBAL研究者情報