メインメニューを開く

篠田 浩一郎(しのだ こういちろう、1928年2月18日 - )は日本のフランス文学・比較文学者、記号学者。東京外国語大学名誉教授。

東京生まれ。1954年東京大学文学部仏文科を卒業。1957年から東京外国語大学で教え、助教授、教授。1991年定年退官、名誉教授。

19世紀フランス文学の研究から出発し、記号学物語論など当時先端的な文学理論を吸収しながら、文学評論にとどまらず、強制収容所文学の分析などを含めた視野の広い研究を展開した。晩年は日本文化の研究にも手を染めた。翻訳も多数ある。とりわけポール・ニザン『アデン・アラビア』、ミシュレ『魔女』、ロラン・バルト『サド、フーリエ、ロヨラ』は有名。

著書編集

  • 1965年 『フランス・ロマン主義と人間像』未來社
  • 1967年 『フランス 美と歴史の発見』美術出版社 
  • 1972年 『ゲーテの木 戦闘的ヒューマニズムの文学』晶文社 
  • 1977年 『形象と文明 書くことの歴史』白水社 
  • 同年 『フランス美と歴史を歩く』美術出版社 
  • 1978年 『中世への旅 歴史の深層をたずねて』朝日選書 
  • 同年 『構造と言語』
  • 1979年 『批評の記号学』未來社 
  • 1980年 『閉ざされた時空 ナチ強制収容所の文学』白水社 
  • 1981年 『竹取と浮雲 説話はいかに書かれるか』集英社 
  • 同年 『空間のコスモロジー』岩波書店 - フーリエピエール・ルルージュール・ヴェルヌ、ミシュレ論
  • 1982年 『小説はいかに書かれたか 『破戒』から『死霊』まで』岩波新書 
  • 1982年 『都市の記号論』青土社 
  • 1982年 『再びセーヌは流れる 歴史の中のフランス作家群像』TBSブリタニカ 
  • 1983年 『物語と小説のことば』国文社 
  • 同年 『仮面・神話・物語 ふたたび中世への旅』朝日選書 
  • 1984年 『幻想の類型学』筑摩書房 
  • 1986年 『カオスから/カオスへ』洋泉社 
  • 同年 『新ふらんす記』白水社 
  • 1989年 『ロラン・バルト 世界の解読』岩波書店 
  • 1990年 『修羅と鎮魂 日本文化試論』小沢書店 

訳書編集

  • 1958年 (渋沢孝輔と共訳)ソーニェ『十九世紀フランス文学』(文庫クセジュ
  • 同年 アンドレ・クレソン『フランス哲学入門』(文庫クセジュ)
  • 1965年 (朝倉剛と共訳)ジュール・ロワ『ディエンビエンフー陥落』至誠堂
  • 1966年 モーリス・ナドー『戦後のフランス小説』みすず書房 
  • 同年 ポール・ニザン『アデン・アラビア』晶文社
  • 同年 (山崎庸一郎, 岩崎力と共訳)ジュール・ロワ『中国で経験したこと』至誠堂 
  • 1967年 ミシュレ『魔女』現代思潮社 のち岩波文庫 
  • 1968年 ビュルニエ『実存主義と政治』紀伊国屋書店 
  • 同年 ゾラ『テレーズ・ラカン』(世界文学全集)講談社 のち文庫  
  • アントワーヌ・ブロワイエ ニザン、晶文社、1968 
  • 同年 (望月一雄と共訳)アンドレ・ロビネ『フランス哲学史』(文庫クセジュ)
  • 1969年 ピエール・ガスカール『街の草』晶文社 
  • 1970年 ピエール・ガスカール『シメール』筑摩書房
  • 1972年 (高坂和彦, 渡瀬嘉朗と共訳)ロラン・バルト『エッセ・クリティック』晶文社
  • 同年 (朝倉剛と共訳)ジャン・セルヴィエ『ユートピアの歴史』筑摩叢書 
  • 1975年 ロラン・バルト『サド、フーリエ、ロヨラ』みすず書房 
  • 1976年 モーリス・ナドー『現代フランス小説史』みすず書房 
  • 1978年 (中島弘二と共訳)ムハンマッド・ディブ『アフリカの夏』(現代アラブ小説全集9)河出書房新社 
  • ユートピア ジャン・セルヴィエ 朝倉剛共訳 白水社・文庫クセジュ 1983
  • 1986年 (山崎庸一郎と共訳)ルイ・マラン『絵画の記号学 エクリチュール, パンチュール』岩波書店

他にボードレールフローベールの翻訳(全集版)もあり