篠田 知和基(しのだ ちわき、1943年1月28日[1]- )は、日本フランス文学比較神話学者、名古屋大学元教授。

来歴・人物編集

東京市(現中野区)生まれ。1966年横浜市立大学文理学部卒、1971年東京教育大学大学院文学研究科博士課程中退、1969年グルノーブル大学博士課程修了、1971年静岡大学教養部専任講師、1973-1974年パリ大学に学ぶ。1974年静大助教授。1978年パリ第8大学文学博士1981年名古屋大学文学部助教授、1995年教授2001年退職、広島市立大学教授。2007年退職。甲南大学人間科学研究所客員研究員。比較神話学研究組織主宰。

ネルヴァルを専門とし、のち比較神話学に進む。1970年ラルース・アシェット賞、1997年フランス政府より教育功労章シュヴァリエ受章。

著書編集

  • 『幻影の城 ネルヴァルの世界』思潮社、1972
  • 『土手の大浪 近代文学逍遥』コーベブックス〈南柯叢書〉、1976。内田百閒
  • 人狼変身譚 西欧の民話と文学から』大修館書店、1994
  • 『竜蛇神と機織姫 文明を織りなす昔話の女たち』人文書院、1997
  • 『日本文化の基本形〇△□』勉誠出版、2007
  • 『世界動物神話』八坂書房、2008
  • 『ヨーロッパの形 螺旋の文化史』八坂書房、2010
  • 『愛の神話学 世界神話・文学・絵画にみる愛と苦しみ』八坂書房、2011
  • 『魔女と鬼神の神話学』樂瑯書院、2012
  • 『世界植物神話』八坂書房、2016
  • 『世界神話入門』勉誠出版、2017
  • 『世界鳥類神話』八坂書房、2017
  • 『世界昆虫神話』八坂書房、2018
  • 『フランスの神話と伝承』勉誠出版「勉誠選書」、2018
  • 『世界魚類神話』八坂書房、2019
  • 『世界風土神話』八坂書房、2020

共編著編集

  • 『神話・象徴・文学』2-3 楽浪書院、2002-2003
  • 『神話・象徴・文化』1-3 楽浪書院、2005-2007
  • 『世界の洪水神話 海に浮かぶ文明』 丸山顯徳共編 勉誠出版、2005
  • 『神話・象徴・言語』2-3 楽瑯書院、2009-2010
  • 『天空の神話-風と鳥と星』 楽瑯書院、2009
  • 『天空の世界神話』 八坂書房、2009
  • 『水と火の神話 水中の火』 楽瑯書院、2010
  • 『愛の神話学』 編 楽瑯書院、2011
  • 『罪と贖罪の神話学 シンポジウム論文集 2011年9月-2012年1月』 樂瑯書院、2012
  • 『神話のシルクロード』井本英一ほか編 楽瑯書院、2014
  • 『神話・象徴・儀礼』 編 楽瑯書院、2014
  • 『世界神話伝説大事典』 丸山顕徳共編 勉誠出版、2016

翻訳編集

論文編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『現代日本人名録』

参考文献編集