篠田 豊(しのだ ゆたか、1943年4月11日[1] - )は、日本のジャーナリスト、国際政治学者。

略歴編集

満洲生まれ。別名・篠田侑尚(ゆうしょう)。1966年慶應義塾大学経済学部卒[2]ダルエスサラーム大学大学院政治科修了。毎日新聞外信部記者ののち、聖学院大学経済学部教授、江戸川大学教授を務めた。

著書編集

  • 『アフリカの青い風 第2巻 (モザンビーク有情)』門土社 1983
  • 『アフリカの青い風 第1巻 (ダルエスサラーム留学記)』門土社 1984
  • 『苦悶するアフリカ』1985 岩波新書
  • 『アパルトヘイト,なぜ? 南アの実情,歴史,そして私たち』1985 岩波ブックレット
  • 『米ソ首脳会談 レーガンとゴルバチョフ』篠田侑尚 教育社 入門新書 時事問題解説 1985
  • 『ブッシュ政権 大統領とそのマシーン』三一書房 1989

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 『苦悶するアフリカ』著者紹介