メインメニューを開く

簡公(かんこう、? - 紀元前481年)は、春秋時代の君主。姓は姜、諱は壬。

簡公 姜壬
公(周制における爵位は侯)
王朝
在位期間 前485年 - 前481年
姓・諱 姜壬
諡号 簡公
没年 前481年
悼公

生涯編集

斉の悼公の子として生まれた[1]。父とともにに亡命していたとき、闞止中国語版を気に入り、近づけるようになった[2]紀元前485年3月、悼公が殺害された。夫差が水軍を率いて斉を攻撃したが、斉軍はこれを撃退した。趙鞅が軍を率いて斉を攻撃し、犁と轅を奪い、高唐の城郭を破壊し、頼まで進軍して凱旋した[3]。斉の人々は壬(簡公)を斉の国君として擁立した[4]紀元前484年春、簡公は国書中国語版に命じてに侵攻し、清に達した。魯は呉と結んで反攻し、5月に博を攻め落とし、嬴に達した。斉軍は呉軍と艾陵で会戦して大敗し、国書・公孫夏・閭丘明らが捕らえられた[5]。ときに簡公が闞止を執政に任用したので、田恒(田成子)は闞止を恐れはばかった。簡公の御者の田鞅は田氏と闞氏は並び立たないので、どちらかを排除するようにと進言したが、簡公は聞き入れなかった。紀元前481年5月、田恒が起兵して闞止を攻め殺し、簡公は舒で田恒に捕らえられた。6月、簡公は舒で田恒に殺害された[2]

脚注編集

  1. ^ 史記』斉太公世家による。『史記集解』は徐広を引いて「年表は簡公壬が景公の子であるという」と記すが、現行本の『史記』十二諸侯年表は簡公は悼公の子としている。
  2. ^ a b 『春秋左氏伝』哀公14年
  3. ^ 春秋左氏伝』哀公10年
  4. ^ 『史記』斉太公世家
  5. ^ 春秋左氏伝』哀公11年