メインメニューを開く

米倉 龍也(よねくら りゅうや、1885年明治18年)8月6日 - 1980年昭和55年)10月24日)は、日本の政治家衆議院議員参議院議員

経歴編集

長野県南安曇郡烏川村(現安曇野市)出身。旧制松本中学(長野県松本深志高等学校)を経て、盛岡高等農林学校卒業。在学中に「平民新聞」を愛読し、河上肇の著作に感銘を受け、産業組合運動に強い関心を持つ。1907年に卒業後は千葉県農業会技師から1916年南安曇郡北部農業学校(長野県穂高商業高等学校)校長となり、烏川信用購買組合創立に参加し、理事となる。1920年から長野県農商課産業組合理事、1925年に長野県信連主事となり、昭和初期の金融恐慌に緊急貸し出しで手腕を発揮し、県下各地の産業組合や農協の充実に奔走し、各農業団体の最高責任者を歴任する。1941年会長。1946年長野県農業会長、1950年長野県教育指導連会長を歴任し、1949年長野県農協中央会発足とともに初代会長に就任。

1945年の第22回衆議院議員総選挙、1947年の第1回参議院議員通常選挙に出馬し、衆議院議員と参議院議員を各1期務める。1950年執行の県知事選挙では、現職の林虎雄に敗れ落選したが、「竜虎相打つ」と謳われた。

1964年から翌年まで全国農業協同組合中央会会長。1969年に長野県農協中央会を引退し、同顧問。長野県農村文化協会理事長。1956年藍綬褒章、1964年勲三等旭日中綬章受章。

参考文献編集