メインメニューを開く

米山 舞(よねやま まい)は、長野県出身[1]アニメーター、及びイラストレータ。1988年7月12日生まれ。東京デザイナー学院(現:東京ネットウェイブ)卒業[1]

目次

経歴編集

日本人で建築士の父親と、台湾人の母親の下に生まれる[1]。幼稚園生時代に1年間、小学生時代に2年間ほど台湾に在住していた[1]

建築士である父親の影響を受けて、建築科の高校に入学する[1]。地元に芸術科の高校がないからという理由で選んだが、絵あまり描かず、専ら計算ばかりする高校生活を送る[1]。『edge』というイラスト集を買い、掲載されていた今石洋之吉成曜田中達之すしおなどのアニメーターのイラストを見たことで衝撃を受け[1]、アニメータ科への進学を決意する。

東京デザイナー学院を卒業後、クロッキーの先生が定期的に開催していたクロッキーの会で、『ブブキ・ブランキ』の監督を務めた小松田大全と出会い、ポートフォリオを見せたことろ、ガイナックスへ勧誘[1]され2009年に入社を果たす。動画マンとして『まほろまてぃっく』に携わる[1]。初任給は1万円ほどで、ゲームをブックオフに売りに出したり、具なし素麺を食べるなどして生計を立てていた[2]。動画マンから約1年かけて、『パンティ&ストッキングwithガーターベルト』では原画マンに昇格した[1]

5年ほど所属したガイナックスを退社し、大塚雅彦今石洋之、舛本和也の3人が立ち上げたアニメ制作会社トリガーにフリーランスとして身を置く[2]。『ブラック★ロックシューター』(2012)で初めて作画監督[3]、『HILL CLIMB GIRL』(2014)及び『キズナイーバー』(2016)ではキャラクターデザイン[3]、『ダーリン・イン・ザ・フランキス』(2018)ではエンディング演出[3]を担当した。

キズナイーバー』(2016)の仕事が終わった時点で、徐々にイラストの仕事を増やし始める[2]。2016年に、コヤマシゲトの紹介で初音ミクGTプロジェクト『レーシングミク 2016ver.』のデザインを担当した[4]

現在のアニメ業界における立場はフリーランスである[2]

参加作品編集

テレビアニメ編集

OVA編集

劇場アニメ編集

小説編集

  • 『うさぎ強盗には死んでもらう/ 橘ユマ』(2016年:イラスト)
  • 『学園交渉人 法条真誠の華麗なる逆転劇 / 柚本 悠斗』(2017年:イラスト)
  • 『海辺の病院で彼女と話した幾つかのこと / 石川博品』(2018年:イラスト)
  • 『ダンジョン・スクールデスゲーム / スフレ』(2018年:イラスト)

ゲーム編集

Web編集

その他編集

  • 初音ミクGTプロジェクト『レーシングミク 2016ver.』(2016年:イラスト)
  • 専門学校東京クールジャパン『2019年度 学校案内冊子』(2018年:イラスト)[3]
  • RADIOEVA 10周年記念 (2018年:販促イラスト)[3]
  • SANYO 『アイマリンプロジェクト 第5弾』(2018年:キャラクターデザイン・イラスト)[3]

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集