メインメニューを開く

米山 香織(よねやま かおり、1981年2月26日 - )は、日本の女子プロレスラー

米山 香織
Kaori Yoneyama
米山 香織 Kaori Yoneyamaの画像
プロフィール
リングネーム 米山 香織
米山 蛇織
井上 京子シート
グレート唯我
北海 珍子
T-2マスク
ヨネヤマカオ・リー
YONEみちのく
本名 米山 香織
ニックネーム ゴキゲンレスラー
身長 150cm
体重 57kg
誕生日 (1981-02-26) 1981年2月26日(38歳)
出身地 神奈川県逗子市
所属 フリー
スポーツ歴 バドミントン
トレーナー 加藤泰貴
倉垣翼
デビュー 1999年11月29日
春山香代子
テンプレートを表示

目次

所属編集

経歴編集

  • 総合格闘家の加藤泰貴が率いる格闘技スクール&フィットネスジム「ロデオスタイル」でトレーニングを積む。その後、JWP女子プロレスに入団。
1999年
2000年
2001年
2002年
  • 6月2日、蛇界転生。リングネームを「米山蛇織」とする。
  • 6月29日ポイズン澤田JULIEと組んでコマンド・ボリショイ&GAMIが持つJWP認定タッグ王座挑戦。この選手権試合は男子選手による初の同王座挑戦となるが、ボリショイのタイガースープレックスで敗戦。試合後、真人間に戻る。
  • 7月6日、金町地区センターにおいて、渡辺えりかとの第10代JWP認定ジュニア王座決定戦を制して同王座獲得。
  • 7月20日桂スタジオでの全女において、春山とのタッグで全日本タッグ王座獲得。
  • 11月29日東京武道館での全女において、全日本シングル王座獲得。
2003年
2004年
2005年
2006年
2009年
  • 7月19日、後楽園ホールにて、さくらと組んでコマンド・ボリショイ&藪下めぐみが持つJWP認定タッグ王座を奪取。
  • 9月20日、NEO後楽園大会において、夏樹☆たいようが持つNEO認定ハイスピード王座に挑戦し、米-ZOUで王座獲得。
  • 9月21日、アイスリボン板橋大会において、さくらと組んで高橋奈苗&牧場みのりが持つインターナショナル・リボンタッグ王座に挑戦し、王座獲得。
2010年
2011年
  • 1月16日、東京キネマ倶楽部にてヘイトレッドとのタッグ「クィーンズレボリューション」でデイリースポーツ認定女子タッグ王座に挑戦。春山に片エビ固めで敗れ王座奪取ならず。この試合は「JWPタッグリーグ・ザ・ベスト2011」開幕戦も兼ねていた。
  • 3月21日OSAKA女子プロレスMアリ大会で、下野佐和子をダイビング延髄ニーからの片エビ固めで破り、JWP無差別級王座10度防衛。
  • 4月3日、後楽園ホールでLeonとJWP無差別級王座とハイスピード王座の2冠戦を行う。JWP王座防衛戦としては初めて団体内選手を相手とするが、敗戦し王座陥落。
  • 4月11日、下顎骨骨折のため欠場に入る[1]
  • 6月26日、大阪IMPホール大会で復帰。
  • 7月10日、東京キネマ倶楽部大会終了後、年内での引退を表明。
  • 10月10日、初の自主興行「よねやまつり」を東京キネマ倶楽部で開催。最初で最後の顔合わせとなる神取忍と三番勝負。
  • 11月13日、クイーンズレボリューションでJWP二冠タッグを獲得し、TLWとの三冠王座統一に成功。
  • 12月12日から15日、自主興行「よねやマニア」をイサミレッスル武闘館で開催。14日の同所で開かれるアイスリボンにも参戦。
  • 12月23日、後楽園大会での春山戦で引退。のはずであったが、10カウントゴングの途中で前代未聞の引退撤回。試合前の記者会見では春山から「引退したくないでしょ?」と諭されていた。翌日、引退撤回を重く受け止めボリショイと米山が記者会見を開き、引退発表から引退試合までのJWP全興行のチケット払い戻し、本人から退団の意向を受けるが団体側は拒否したことを発表した。[2]この引退試合にも関わらず、突然の当日引退撤回という前代未聞の事態に関しては批判の声も上がった。
2012年
  • 2月12日、JWPキネマ大会に来場し、私物のフリーマーケットを開いた、さくらにタイ行きを提案された際にJWPへの入団を逆提案。4月22日のJWP後楽園大会で「(さくらえみ)JWP入団」コントラ「(米山)タイ行き」のコントラ・マッチが組まれる。
  • 4月22日、「JWP入団・コントラ・タイ行きマッチ」で、さくらに31秒で秒殺され、共にタイで活動することが確定した。
  • 5月4日、さくらとのタッグでJWPタッグ二冠王座奪取。
  • 5月16日、新団体「プロレスリング我闘雲舞」PRのためバンコクMBKセンターでさくらとシングル。
  • 9月14日、我闘雲舞市ヶ谷大会でさくら、米山、モーリー中森華子の4人でユニット「ハートムーブ系リフォーム」を結成。
  • 10月21日、JWP博多スターレーン大会でJWP認定無差別級選手権に挑戦するも王者春山に敗れて、次の挑戦者が、さくらに決まる(さくらは11月4日に春山に勝利して新王者となった)。
2013年
  • 1月6日、板橋大会において試合後、退団を発表。期日は追って発表されるが、13・14日の北千住2daysは出場が決まっているためそれ以降になる。去就についても我闘雲舞への移籍も否定していないが[3]、その可能性はさくらが後日否定した。
  • 1月13日、27日の新宿FACE大会が所属として最後の大会となることが発表された。出場が決まっていた2月17日の大阪大会はフリーとして参戦。
  • 1月27日、昼のJWP新宿大会にて所属最後の試合としてモーリー&中森のHMKトリオでボリショイ&中島安里紗&華名と対戦。夜の我闘雲舞市ヶ谷大会がフリーとしての初戦となる。
  • 2月3日スターダム新木場大会に乱入し、参戦を表明。
  • 2月13日、ユニオン新木場大会にて新設される女子王座のデザイン案と命名権を懸けた試合で勝利し、権利を獲得。
  • 3月3日、スターダム新木場大会で夏樹☆たいようが持つハイスピード王座に挑戦するが、敗れる。
  • 3月10日、ユニオン横浜大会にて自身が命名したユニオン認定Fly to Everywhereワールドチャンピオンシップをチェリーと争い勝利。初代王座獲得。
  • 6月2日、スターダム後楽園大会でハイスピード王座に再挑戦し、奪取に成功。その後敗れる。
2014年
  • 2013年に結成したゲリラライブなどを行うYMZ(よねやまどかだぜ!)名義で興行を行っている。主に我闘雲舞、スターダム、OZアカデミー女子プロレスに参戦中。我闘雲舞では、よねやまどか、スターダムでは初日の出仮面と双方の友達で組むトモダチメイニア・OZアカデミーではダイナマイト関西とタッグチーム「ダイナマイトよねちゃん」を結成。
  • 8月10日、たわしーずvsトモダチメイニアの敗者ユニット解散マッチとなったアーティスト・オブ・スターダム王座の挑戦が決定。最終兵器倉垣翼を投入し最後は米山が脇澤を丸め込み勝利しトモダチメイニアの解散を阻止する。
2015年
  • 4月11日、みちのくプロレスで活躍中のムーの太陽に入信。入信理由は引退撤回時マスターから年賀状で励ましの言葉をもらったから。
  • 8月16日、引退撤回後初のJWPに参戦。PURE-PLUM スペシャル6人タッグマッチにて引退を控えた春山香代子とラビット美兎&ライディーン鋼のタッグを相手に倉垣翼&ダイナマイト関西とのタッグで対戦。
  • 12月22日、我闘雲舞板橋大会で、DJニラが持つIWA三冠統一王座に挑戦して勝利。王座を奪取した[4]

2018年

得意技編集

スノーボードスプラッシュ
ダイビング千豚
ダイビングセントーンと同型。
リロールジャーマン
ぐるんちょ
ローリングバッククラッチと同型。
米-ZOU
米-ZOU改
千豚

入場曲編集

  • 初代 : CP time(MISTAKEN IDENTITY)
  • 2代目:Come'n Get Me(Solid Base)
  • 3代目以降 : 米山です。

タイトル歴編集

エピソード編集

  • 父親は武術心体バランス研究会光武会代表の米山俊光。[5]
  • Leonアルシオンの時代から米山をライバルとしており、後にJWP入りした。なお、米山もアルシオンの新人テストを受けていたが落選[6]
  • さくらえみとはFMWに参戦した頃からの親友であり、後にさくらが旗揚げしたアイスリボンにもJWPと並行する形でレギュラー参戦している。
  • 新北京プロレスでは、中国の親戚だというヨネヤマカオ・リーも活躍している。
  • タイ料理が好物。特にグリーンカレーを好んでいる。

トモダチメイニア編集

スターダムアーティスト・オブ・スターダム王座に挑戦した際に米山と初日の出仮面の、よね日の出を筆頭にしたタッグチーム。パートナーは米山と初日の出仮面の双方の友達限定。

YMZ編集

YMZ(ワイ・エム・ズィー)は、米山香織が中心となってプロレス興行を開催したりYouTubeで活動するユニット。現在の名称はYMZゴキゲンなプロレス(ワイ・エム・ズィー・ゴキゲンなプロレス)。「Z」は「ゼット」とは読まない。

特徴編集

  • 米山が中心になって開催しているが自主興行ではなく団体や組織でもないと公言している。
  • ライヴや選手へのオファーなどは事前予告無しに行うゲリラオファーという独自の方法を多用して、その大半をYouTubeで映像公開している。
  • 老若男女、動物、物でも条件が合えばYMZに入れる。性別や団体の垣根もない。
  • 引き分けになった場合は相撲マッチ、柔道マッチ、剣道マッチ、お絵かき、じゃんけん、しりとり、などのどれかによる3本勝負で決着をつけることがある。決着がついてても選手の発案により行われることが多く2本先取しても大逆転ボーナスポイントつきで3本目が行われることも珍しくない[7]
  • 2014年から毎年1月1日に最も日の出の時間が早い千葉県銚子市犬吠埼で初日の出の時刻6時51分に合わせて初日の出仮面を中心とした「初日の出プロレス」を開催している。

歴史編集

メンバー編集

スタッフ編集

  • みならい・いー子(リングアナウンサー)
  • F美(受付担当)
  • ミスターS(WEB担当)
  • マサキ(映像担当、音楽担当)

フリー、他団体参戦選手編集

女子プロレスラー編集

プロレスラー編集

試合会場編集

YMZ道場
東京都葛飾区にあるYMZの道場。
西新井大師西スタジオ
東京都足立区西新井にあるプロレス興行、イベント、舞台、各種撮影ができるスタジオ。
ロデオスタイル
神奈川県横須賀市船越町にある格闘技スクール&フィットネスジム。

脚注編集

外部リンク編集

YMZ