メインメニューを開く

米沢鯉(よねざわこい)は、山形県米沢市周辺で飼育される食用のである。米沢のABCとして、舘山林檎(apple)・米沢牛(beef)とならぶ米沢の名産品となっている。

目次

歴史編集

1802年享和2年)、内陸で水産資源に乏しい羽前米沢の領民の水腫病、乳不足などの医療食として、上杉鷹山福島県相馬から稚魚をとりよせ、米沢城の濠で育てたのがはじまりといわれている。家臣たちにも屋敷内に池を掘らせて養鯉をすすめた。鯉の甘煮は、米沢の祝いの席では欠かせない食べ物となっている。

特徴編集

清流と冬の厳しい寒さが鯉の身を引き締めるため、泥臭さがほとんどない。卵から育て、体長50センチ〜60センチ、重さ約2キロに育った三歳の鯉である。

米沢鯉の専門店編集

  • 鯉よし
  • 鯉の宮坂
  • 鯉の六十里

外部リンク編集