メインメニューを開く

米津政崇

米津 政崇(よねきつ まさたか)は、江戸時代中期の大名武蔵国久喜藩4代藩主。

 
米津政崇
時代 江戸時代中期
生誕 享保9年(1724年
死没 天明4年5月21日1784年7月8日
改名 勘兵衛(幼名)→政崇
戒名 遠室紹久真性院
墓所 東京都東久留米市前沢の米津寺
官位 従五位下伯耆守越中守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重家治
武蔵久喜藩
氏族 米津氏
父母 父:米津政容
兄弟 政崇武田信村婚約者、酒井忠陸正室、
酒井忠陸継室、近藤英用継室、
青木直暢正室、
竹中元躊正室(後渋谷良紀正室)
正室:建部政民
通政政美(次男)、
金森政樹(三男)、
関盛有正室(後柴田勝房正室)

略歴編集

享保9年(1724年)、3代藩主・政容の三男として誕生。長兄と次兄が早世したために世子となり、元文4年(1739年)の父の死去により家督を継いだ。延享4年(1747年)3月に大番頭に任じられ、寛延2年(1749年)8月に大坂定番に任じられたが、10月に辞職した。

明和4年(1767年)10月11日、子・通政に家督を譲って隠居する。

天明4年(1784年)5月21日、死去。享年61。