メインメニューを開く

米津 政敏(よねきつ まさとし)は、江戸時代後期の大名出羽国長瀞藩5代藩主。上総国大網藩知藩事常陸国龍ヶ崎藩知藩事。子爵

 
米津政敏
Yonekitsu Masatoshi.jpg
米津政敏
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 嘉永4年3月29日1851年4月30日
死没 明治28年(1895年10月30日
墓所 青山霊園
官位 従五位下伊勢守子爵
幕府 江戸幕府
主君 徳川家茂慶喜明治天皇
出羽長瀞藩
氏族 米津氏
父母 父:米津政明
兄弟 政敏酒井忠利
正室:堀田正睦娘・千勢
政賢、前(松平直敬正室→河村隆美室)

生涯編集

嘉永4年(1851年)3月29日、4代藩主・米津政明の長男として誕生。慶応元年(1865年)12月11日、父の隠居により家督を相続する。

慶応2年(1866年)12月18日、従五位下・伊勢守に叙任される。戊辰戦争では庄内藩側に与し、慶応4年(1868年)閏4月に天童藩に陣屋を占拠されている。明治2年(1869年)6月、版籍奉還により長瀞藩知藩事となる。同年11月、政庁を上総山辺郡大網村に、明治4年(1871年)2月にはさらに常陸河内郡龍ヶ崎村に移した。同年7月15日、廃藩置県により、知藩事を免官となる。

維新後は陸軍戸山学校を卒業し、明治10年(1877年)に陸軍少尉、のち中尉に昇進して近衛師団文庫主管などを務めた。明治17年(1884年)、子爵。明治23年(1890年)7月、貴族院議員に当選して終生在任した。また、梨本宮家家令をも勤めている。

明治28年(1895年)10月30日、死去。享年45。

栄典編集

脚注編集

  1. ^ 『官報』第3702号「叙任及辞令」1895年10月30日。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
長瀞米津家初代
1884年 - 1895年
次代:
米津政賢