メインメニューを開く

米津氏(よねきつし)は、日本氏族

米津氏
No image available.svg
米津棕櫚
五つ星
本姓 出自不詳[注釈 1]
家祖 藤原親勝
種別 武家
華族子爵
出身地 三河国碧海郡米津 ?
三河国高橋荘 ?
主な根拠地 常陸国河内郡龍ヶ崎村
著名な人物 米津常春
米津田政
米津政敏
凡例 / Category:日本の氏族

目次


概要編集

藤原道隆の後裔信濃守藤原親康、その子親勝、米津大夫と称した。

戦国時代には米津勝信常春政信松平氏に仕え活躍した。政信は徳川家康に仕え、元亀3年(1572年三方ヶ原の戦いで討死した[1]

江戸時代に入り、常春の系統は子の代で断絶したが、政信の系統が残った。初代田政慶長5年(1600年上杉景勝攻撃などで功績をあげ、武蔵国などで知行5千石を与えられた[2]寛文6年(1666年)、2代田盛が大坂定番を命ぜられると共に、1万石を加増されて旗本から1万5000石の大名に列し[3]武蔵国久喜藩1万2千石(後に分知で1万1千石)、出羽国長瀞藩1万1千石の領地を治めた(版籍奉還後に大網藩龍ヶ崎藩に移る)。11代政敏明治4年(1871年廃藩置県後、西南戦争で活躍して功績をあげ、明治17年(1884年子爵を授けられた[4]

知行地の一つであった旧前沢村(現在は東京都東久留米市幸町)の米津寺(べいしんじ)にある米津家墓所は、東京都多摩地区唯一の大名墓所として東京都指定史跡に指定されている。

歴代当主編集

系譜編集

実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。
藤原道隆
 
 
 
伊周
 
 
 
忠周
 
 
 
惟康
 
 
 
親康
 
 
 
米津親勝
 
 
 
信顕
 
 
 
勝正
 
 
 
正重
 
 
 
正種?
 
 
 
勝信
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
常春政信
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正勝康勝田政
 
 
 
 
 
正守田盛
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
政武田賢
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
政矩政容伊沢政周田賢田岡田和内藤清行
 
 
 
政容
 
 
 
政崇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
通政政美金森政樹
 
 
 
政懿
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
政饒[※ 1]政易[※ 2]
 
 
 
政明[※ 3]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
政敏酒井忠利
 
 
 
政賢
 
 
 
政福
  1. ^ 伊勢桑名藩主松平忠翼の6男。
  2. ^ 出羽庄内藩主酒井忠器の10男。
  3. ^ 出羽庄内藩主・酒井忠器の11男。

系譜参考編集

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ 東久留米市郷土史研究会(1995)p.227
  2. ^ 国史大辞典編集委員会(1993)p.458
  3. ^ 東久留米市史編さん委員会(1979)p.469
  4. ^ 東久留米市郷土史研究会(1995)pp.228-229、国史大辞典編集委員会(1993)p.459

参考文献編集

  • 東久留米市郷土史研究会『記念誌「ふるさと東久留米」』東久留米市郷土史研究会、1995
  • 東久留米市史編さん委員会『東久留米市史』東久留米市史編さん委員会、1979
  • 国史大辞典編集委員会『国史大辞典 第十四巻』吉川弘文館、1995