米津 通政(よねきつ みちまさ)は、江戸時代中期から後期にかけての大名武蔵国久喜藩5代藩主、出羽国長瀞藩初代藩主。官位従五位下出羽守播磨守

 
米津通政
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 寛延3年(1750年
死没 文政2年6月13日1819年8月3日
改名 勘兵衛(幼名)、通政
墓所 東京都東久留米市前沢の米津寺
官位 従五位下出羽守播磨守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
武蔵久喜藩主、出羽長瀞藩
氏族 米津氏
父母 米津政崇
兄弟 通政政美金森政樹
関盛有正室
本多忠可養女
政懿中山信敬養女ら
テンプレートを表示

略歴編集

寛延3年(1750年)、久喜藩4代藩主・米津政崇の長男として誕生。明和4年(1767年)、父の隠居で家督を継ぐ。

寛政10年(1798年)7月6日、所領の6,400石を出羽長瀞に移されたため、米津氏は久喜藩から長瀞藩となった。通政は藩政において、農業を奨励して荒地を開発し、藩法である14か条を制定した。

寛政11年(1799年)12月8日、家督を長男・政懿に譲って隠居し、文政2年(1819年)6月13日、死去。享年70。

系譜編集