メインメニューを開く
日本 > 兵庫県 > 姫路市 > 米田町 (姫路市)

米田町(よねだまち)は、兵庫県姫路市町名住居表示未実施。郵便番号は670-0042。

歴史編集

米田町は、龍野町1丁目に続く国道南北の筋である[1]池田家配地の時、米字街を作りこの所に瓦屋町があったのを廃して町名を立てた[1]

人口編集

『姫路市統計一斑 明治31-33年』(1902年印刷・発行)によれば、米田町の戸数、人口(1898年)は87・360である[2]。『姫路誌』(1912年印刷・発行)によれば、63・277である[3]2017年6月末の世帯数・人口は66・126[4]

経済編集

店・企業
  • 高砂屋三左衛門本店
  • 土井地所
  • 原田光明堂(仏壇仏具製造卸・稚児衣装)
かつて米田町に居住した商人など
かつて存在した店・企業
  • 神戸仏具店[6]
  • 神戸金物合資会社[6]
  • 姫路船場無尽[8]
  • 矢倉[6]
  • 吉田商店(高等洋服商)[7]
  • 茶用精撰 御菓子調進 吉田徳潤堂[6]
  • 薬種商 山本進盛堂 薬房[6]

地域編集

健康編集

医療機関
  • 有方歯科医院
  • 末廣歯科
薬剤師
  • 吉田乙女[6]

出身・ゆかりのある人物編集

  • 岡久治(政治家)[5] - 市会議長。
  • 岡玖平(政治家、実業家)
明治維新後城南小学校が始めて開かれると学務委員となった[9]姫路銀行頭取、市会議員、市参事会員等を務めた[9]。姫路紡績所、飾磨精米所、姫路織物会社、高砂紡績会社等の創立に努めた[9]1898年4月30日没した[9]
  • 蟹江寿一郎(政治家)[5][10] - 県会議員。

脚注編集

  1. ^ a b 『姫路市史 市制施行三十年記念』205頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月24日閲覧。
  2. ^ 『姫路市統計一斑 明治31-33年』5頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月24日閲覧。
  3. ^ 『姫路誌』75頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月24日閲覧。
  4. ^ 町別人口・年齢別人口(平成29年6月末)、姫路市統計情報ホームページ。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『姫路飾磨神崎紳士大鑑』61-63頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月24日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j 『実業家案内』1-88頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年9月5日閲覧。
  7. ^ a b 『関西実業名鑑 明治40年』46-52頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月24日閲覧。
  8. ^ 『日本全国諸会社役員録 第36回』上編649頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年8月13日閲覧。
  9. ^ a b c d 『姫路市史 市制施行三十年記念』260頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月24日閲覧。
  10. ^ 『兵庫県官民肖像録』114頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年8月13日閲覧。

参考文献編集

  • 姫路誌編『姫路市統計一斑 明治31-33年』姫路市、1902-1903年。
  • 橋本治策編『関西実業名鑑 明治40年』関西実業名鑑編纂所、1908年。
  • 姫路誌編『姫路誌』姫路市、1912年。
  • 宮井茂市『実業家案内』一市七郡実業家案内発行所、1913年。
  • 『兵庫県官民肖像録』博道社、1918年。
  • 播磨史談会編『姫路市史 市制施行三十年記念』姫路市、1919年。
  • 『姫路飾磨神崎紳士大鑑』姫路興信所、1924年。
  • 商業興信所編『日本全国諸会社役員録 第36回』商業興信所、1928年。