粋な風来坊』(いきなふうらいぼう)は、1946年(昭和21年)製作・公開、マキノ正博監督による日本の長篇劇映画である。

粋な風来坊
監督 マキノ正博
脚本 小国英雄
陶山鉄
製作 松竹京都撮影所
製作総指揮 マキノ正博
出演者 佐野周二
山内明
音楽 大久保徳二郎
主題歌 美ち奴「粋な風来坊」
小野巡「裾野の唄」
撮影 三木滋人
配給 日本の旗 松竹
公開 日本の旗 1946年2月28日
上映時間 86分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

略歴・概要編集

マキノ正博(のちのマキノ雅弘)が所長在任時の松竹京都撮影所作品であり、製作と監督に名を連ねる[1]。マキノの監督作としては、同年1月3日公開の『グランドショウ1946年』の次回作であり[2]松竹が配給し、同年2月28日に公開された[1]

主題歌の『粋な風来坊』(美ち奴)、『裾野の唄』(小野巡)はカップリングされて、映画の公開同月にテイチクレコード(現在のテイチクエンタテイメント)からリリースされている。

当時の「松竹京都撮影所」は下加茂にあり、同撮影所は1950年(昭和25年)、フィルム原版倉庫から火災が発生しており、同年以前に製作された作品の原版はすべて焼失している。本作もこの火災を免れられず、現存しないフィルムである。したがって本作の上映用プリントは、現在、東京国立近代美術館フィルムセンターには所蔵されてはいない[3]

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

編集

  1. ^ a b 粋な風来坊、日本映画データベース、2010年2月18日閲覧。
  2. ^ マキノ雅弘、日本映画データベース、2010年2月18日閲覧。
  3. ^ 所蔵映画フィルム検索システム東京国立近代美術館フィルムセンター、2010年2月18日閲覧。

外部リンク編集