粗品 (お笑い芸人)

日本のお笑い芸人

粗品(そしな、1993年1月7日 - )は、日本お笑いタレントである。お笑いコンビ・霜降り明星のツッコミ担当。相方はせいや。本名、佐々木 直人(ささき なおと)[1]吉本興業東京所属。大阪NSC33期生扱い。『R-1ぐらんぷり2019』王者で、『オールザッツ漫才』・『M-1グランプリ』・『R-1ぐらんぷり』いずれも最年少優勝記録保持者。

粗品
本名 佐々木 直人
(ささき なおと)
生年月日 (1993-01-07) 1993年1月7日(27歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市中央区
血液型 O型
身長 180 cm
言語 日本語
方言 大阪弁
最終学歴 同志社大学中退
コンビ名 霜降り明星
相方 せいや
芸風 漫才コント(ツッコミ)・ピン芸
立ち位置
事務所 吉本興業東京本社
活動時期 2011年 -
同期 コロコロチキチキペッパーズ
ZAZY
ネイビーズアフロ
きみどり
マユリカ
しゃかりき
ヒガシ逢ウサカ
男性ブランコ
ゆにばーす
公式サイト 霜降り明星 公式プロフィール
受賞歴
2012年 オールザッツ漫才 優勝
2019年 R-1ぐらんぷり 優勝
テンプレートを表示

来歴編集

コンビではツッコミ担当、立ち位置は右。大阪府大阪市中央区出身。同志社国際高等学校卒業。同志社大学中退。芸名には「『つまらないものですが…』と謙虚な姿勢で」の意味を込めている[2]。実家は焼肉屋(焼肉屋開店以前は海鮮料理屋)。焼肉屋を始めた後、父親が他界し、父の遺した店を守るべく母親と粗品で切り盛りする。

高校時代編集

1年生編集

2009年、同志社国際高等学校1年生の時に『R-1ぐらんぷり』に初出場。2019年の優勝時と同じフリップネタだったが、結果は1回戦敗退に終わる[3]

2年生編集

同級生とのコンビ『スペード』を結成。ハイスクールマンザイに出場し、決勝進出。当時はボケ担当だった。『スペード』時代の相方は現在、関西テレビ放送に勤務している[4]。『R-1ぐらんぷり2010』に出場し、2回戦敗退[5]

3年生編集

同じコンビでハイスクールマンザイに出場し、セミファイナル(近畿地区)進出[6]。この時、コンビ『ドンパルトン』として同大会に出場していたせいやと出会う。また、第2回漫才台本甲子園に『佐々木直人』名義で13作品を応募、その内の『電車』で入選(優勝)[7]。さらにこの年、『R-1ぐらんぷり2011』に出場し、準決勝進出。インディーズのライブにほんの少し出た程度の舞台経験しかなかったにも関わらず、ぶっつけ本番で準決勝に行けたことで、「俺、お笑い向いてるんちゃう?」と思ったことが芸人になるきっかけとなった[8]

大学入学後編集

大学1年生の時にオーディションを受け、ピン芸人として吉本入り。2013年1月にお笑いコンビ『霜降り明星』を結成。当初はコンビでの活動時は本名の佐々木直人、ピン芸人としての活動時に芸名の粗品として使い分けていたが、暫くしていずれの活動も『粗品』の名前で統一するようになった。

人物編集

趣味は、アニメ(主に『ひぐらしのなく頃に』、『涼宮ハルヒの憂鬱』、『とらドラ!』などの深夜アニメ)、ゲーム(『Call of Duty』、『Clash of Clans』、『東方Project』)、パソコン、音楽、麻雀、パチンコ、競馬[9][10]

移動や収録待ちの時間はずっと『シャドウバース』をプレイしており、ゲームは寝る前や起きた後を含めて一日に3時間から4時間はプレイしている[11]

特技はタイピング、音楽全般(ピアノを2才から、ギターを中一からやっている)、ジャンケン(2013年のカウントダウンライブで行われた5upよしもとに所属する約800名の芸人たちによるじゃんけん大会で優勝した)[12]絶対音感があり、「本質で笑う声」、「芸人が好きだから笑っているだけの声」などの様々な種類の笑い声を聞き分けることができる[13]

顔を「スプーンに映った小栗旬」や「三面鏡の奥の方にいる小栗旬」、「汚い川の水面に映った小栗旬」と例えられる[14]

オールザッツ漫才2012』で行われたFootcutバトルに当時19歳で初出場にして優勝し、更にコンビで出場した『M-1グランプリ2018』とピン芸人として出場した『R-1ぐらんぷり2019』においても優勝し、先述通りいずれの大会も最年少記録となっている。

冷静で落ち着いた性格と一般的には思われがちだが非常に怖がりで、特にが大の苦手。驚いた時の声はまるで女性の悲鳴のように非常に甲高い[15]

2歳の頃からピアノの弾き方を習ったり、学生時代にジュニアオーケストラで指揮したりしたほど、音楽への造詣が深い。邦楽ロック、アニソン、クラシックなど幅広いジャンルに精通しているほか、絶対音感の持ち主でもある。クラシック音楽の指揮者では佐渡裕の大ファンで、毎年の暮れには、「サントリー1万人の第九」(佐渡が1999年から総指揮を担当する大阪城ホールでの音楽イベント)のダイジェスト番組(毎日放送制作)を欠かさず見ているという。2018年の『M-1グランプリ』優勝後のインタビューで「いつか出たい番組は?」と訊かれた時にも、「『1万人の第九』」と即答している。さらに、そのやり取りを報道で知った佐渡からのオファーで、相方のせいやと共に翌2019年の第37回公演へゲスト出演。第2部(「交響曲第9番」の合唱および演奏)の前には、2018年の公演まで主に俳優が担っていた「よろこびのうた」(フリードリヒ・フォン・シラー詩作品歓喜に寄せて』の日本語訳)の朗読を、お笑い芸人から初めて任された。史上最年少(出演時点での年齢は26歳)の朗読ゲストでもあったが、第35回(2017年)の朗読を小栗旬が担当したことにちなんで、「100万回ダビングした小栗旬です」と挨拶してから朗読をスタート。シリアスな朗読の合間に、後述するフリップ漫談を応用した「スクリーン芸」を通じて、シラーやルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(「交響曲第9番」の作曲者)が作品に込めたメッセージを解説する異色の構成で場内の喝采を浴びた[16]

    • ポケモンのブースターで抜いたことがある(霜降りチューブより)

芸風編集

ピン芸としては「病院から抜け出してきた男」という設定のもと、パジャマ姿でハイテンポなフリップ漫談を行う。コンビではツッコミを担当。初期のルパン三世のコスチュームを舞台衣装としていたが、2017年頃から黒のスーツに黄色のネクタイを着用している。『R-1ぐらんぷり』出演時のピンの衣装は2018年では作務衣姿でのネタ披露をしていたが、2019年には「原点回帰」として初期設定に戻していた。

賞レースでの戦績編集

アマチュア時代編集

  • R-1ぐらんぷり2009 1回戦敗退[3]
  • ハイスクールマンザイ2009 決勝進出 ※コンビ「スペード」として[4]
  • R-1ぐらんぷり2010 2回戦敗退[5]
  • ハイスクールマンザイ2010 セミファイナル(近畿地区)進出 ※コンビ「スペード」として[6]
  • 第2回漫才台本甲子園 入選 ※「佐々木直人」名義[7]
  • R-1ぐらんぷり2011 準決勝進出[8]

プロ入り後編集

出囃子編集

出演編集

テレビ番組編集

テレビドラマ編集

脚注編集

  1. ^ “「霜降り明星」粗品が結婚へ タレント秋山衣梨佳と高級マンションで同居 「彼女のことを真剣に…」”. スポニチアネックス. (2020年1月1日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/01/01/kiji/20191231s00041000324000c.html 2020年1月10日閲覧。 
  2. ^ “「霜降り明星」がABCお笑いグランプリ優勝!次はM-1目標「霜降り肉は和牛に負けられん」”. スポーツ報知. (2017年7月9日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170709-OHT1T50183.html 2017年7月9日閲覧。 
  3. ^ a b 霜降り粗品、R-1はネタ直前変更でV M-1優勝で得た余裕「賢くなれたのはM-1のおかげ」”. ORICON NEWS. 2019年7月21日閲覧。
  4. ^ a b 日程・結果 - ハイスクールマンザイ2009”. www.highschool-manzai.com. 2019年7月10日閲覧。
  5. ^ a b アーカイブ - R-1GP2010”. www.r-1gp.com. 2019年7月21日閲覧。
  6. ^ a b 日程・結果 - AEON ハイスクールマンザイ2010”. www.highschool-manzai.com. 2019年7月10日閲覧。
  7. ^ a b 「第2回漫才台本甲子園」結果発表|関西演芸作家協会: 漫才・コント・落語のプロ作家集団”. www.kansai-engei-sakka.jp. 2019年7月10日閲覧。
  8. ^ a b 【インタビュー】R-1王者、粗品の圧倒的な"即応力"! オチを本番中に変えていた - トレンドニュース”. トレンドニュース(GYAO!). 2019年6月11日閲覧。
  9. ^ 公式プロフィールより。
  10. ^ 霜降り明星・粗品、『ダウンタウンなう』で「東方Project」Tシャツを着ていたワケを説明” (日本語). Real Sound|リアルサウンド テック. 2019年8月19日閲覧。
  11. ^ 【インタビュー】霜降り明星・粗品さんが『シャドウバース』に掛ける想いとは…多忙の身でも1日3~4時間プレイ・現地で感じたRAGEの魅力について” (日本語). Social Game Info. 2019年8月19日閲覧。
  12. ^ Inc, Natasha. “5upカウントダウンジャンケン大会優勝は霜降り明星・粗品” (日本語). お笑いナタリー. 2019年6月11日閲覧。
  13. ^ 小杉敏之 (2019年5月4日). “<令和の主役たち> (下)お笑い芸人 粗品”. 中日新聞: p. 9. https://www.chunichi.co.jp/article/culture/CK2019050402000003.html 2019年5月11日閲覧。 
  14. ^ 祝福に号泣!M-1王者・霜降り明星、大阪“凱旋”漫才サンスポ12/5(水) 7:00配信
  15. ^ 霜降り明星・粗品、意外な“ビビリ王”ぶりにファン急増!? | 概要 | 日刊大衆 | 芸能 | ニュース”. 日刊大衆. 2019年6月11日閲覧。
  16. ^ 「霜降り明星」粗品 夢だった「1万人の第九」でよろこびのうた朗読「期待は裏切れないと…」(『スポーツニッポン2019年12月1日付記事)
  17. ^ 下克上なるか!? 37名の芸人が『R-1ぐらんぷり 2015』復活ステージでネタ披露”. Entame Plex (2015年2月10日). 2016年1月30日閲覧。
  18. ^ Inc, Natasha. “霜降り粗品のR-1優勝者特番、ロケでツッコミまくる「我ながら攻めました」(コメントあり)” (日本語). お笑いナタリー. 2019年7月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集