メインメニューを開く

粟屋 元信(あわや もとのぶ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将毛利氏の譜代家臣。父は粟屋元種

 
粟屋元信
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文22年(1553年
死没 天正8年4月14日1580年5月27日
別名 与十郎(通称
主君 毛利輝元
氏族 源姓粟屋氏
父母 父:粟屋元種

生涯編集

天文22年(1553年)、毛利氏の譜代家臣である粟屋元種の嫡男として生まれ、毛利輝元に仕える。

天正6年(1578年)、石山本願寺支援のため、父・元種と共に摂津国木津城に在城した。

天正8年(1580年)、輝元の備中出陣において先鋒部隊の将を務めたが、同年4月14日に備中国下加茂の山中において伊賀久隆の強襲を受け戦死。享年28。この戦いは元信の他にも児玉元房井上元勝奈古屋元賀小寺就武三戸元好宇多田藤右衛門などが討ち取られ、一手の大将を務めた神田元忠が負傷する大敗であった(加茂崩れ)。

元信の戦死によって元種の後継がいなくなったため、元種の弟である元利の次男・元貞が元種の養子として家督を相続した。

参考文献編集