メインメニューを開く

粟屋憲太郎

粟屋 憲太郎(あわや けんたろう、1944年6月11日[1] - )は、日本歴史学者立教大学名誉教授。専門は、日本現代史、とくに東京裁判の研究で知られる。

目次

経歴編集

千葉県出身。東京大学文学部卒業後、同大学大学院人文科学研究科修了。神戸大学教養部講師・助教授、立教大学文学部教授を経て、立教大学名誉教授、上海交通大学名誉教授。

澤藤統一郎が大学時代の同窓[2]

著書編集

単著編集

  • 『昭和の歴史(6)昭和の政党』(小学館, 1983年/岩波書店岩波現代文庫], 2007年)
  • 『東京裁判論』(大月書店, 1989年)
  • 『未決の戦争責任』(柏書房, 1994年)
  • 『十五年戦争期の政治と社会』(大月書店, 1995年)
  • 『現代史発掘』(大月書店, 1996年)
  • 『東京裁判への道(上・下)』(講談社[講談社選書メチエ], 2006年)

共著編集

編著編集

  • 『ドキュメント昭和史(2)満州事変と二・二六』(平凡社, 1975年)
  • 『資料日本現代史(2)敗戦直後の政治と社会』(大月書店, 1980年)
  • 『中国山西省における日本軍の毒ガス戦』(大月書店, 2002年)

共編著編集

  • 小田部雄次)『資料日本現代史(9)二・二六事件前後の国民動員』(大月書店, 1984年)
  • 伊香俊哉・小田部雄次・宮崎章)『木戸幸一尋問調書――東京裁判資料』(大月書店, 1989年)
  • 高橋紘・小田部雄次)『昭和初期の天皇と宮中――侍従次長河井弥八日記』(岩波書店, 1993年-1994年)
  • 吉田裕)『国際検察局(IPS)尋問調書』(日本図書センター, 1993年)
  • 安達宏昭小林元裕)『田中隆吉尋問調書』(大月書店, 1994年)
  • (吉田裕)『国際検察局押収重要文書』(日本図書センター, 1994年)
  • 中園裕)『戦時新聞検閲資料』(現代史料出版, 1997年)
  • (中園裕)『敗戦前後の社会情勢(全7巻)』(現代史料出版, 1998年-1999年)
  • 永井均豊田雅幸)『東京裁判への道――国際検察局・政策決定関係文書』(現代史料出版, 1999年)
  • 竹内桂)『対ソ情報戦資料』(現代史料出版, 1999年)
  • 茶谷誠一)『日中戦争対中国情報戦資料』(現代史料出版, 2000年)
  • ハーバート・ビックス・豊田雅幸)『東京裁判と国際検察局――開廷から判決まで』(現代史料出版, 2000年)
  • 黒田康弘)『言論・出版・集会・結社等臨時取締法制定資料』(現代史料出版, 2005年)

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.296
  2. ^ 靖国参拝についての粟屋憲太郎君発言に拍手する 澤藤ブログ「澤藤統一郎の憲法日記」2014年4月25日