粟崎遊園(あわがさきゆうえん、粟ヶ崎遊園とも表記)は、石川県河北郡内灘村(現・内灘町)にかつて存在した総合レジャー施設である。

当時の粟崎遊園

総工費は35万円(現在の価値で約40億円)。

1925年大正14年)、浅野川電気鉄道社長で、材木商であった平澤嘉太郎によって宝塚と同様の複合エンターテインメント施設を目指して、粟崎海水浴場のとなりに開設された。およそ6万坪の広い園内には遊園地や大劇場(1,000人収容)、大浴場、動物園、旅館、食堂、野球場、スキー場まであった。同時期、金石電気鉄道が経営する涛々園が近くにあり、互いに競い合うように拡張を行っていた。

1941年昭和16年)に軍に接収され閉園。戦後もほとんどの建物が解体されたため再開されることなく歴史を閉じた。本館正面にあったアーチ型のゲートは、『歴史民俗資料館 風と砂の館』の横に移築され、現存している。

主な施設編集

「大山すべり」と呼ばれるすべり台は全長が70mを超え、大人にも好評であった。

年譜編集

参考文献編集

  • 『金沢市史 通史3 近代』 2006年
  • 『日本の遊園地』 2000年、講談社現代新書・橋爪紳也著
  • 『粟崎遊園物語』 1998年、内灘町
  • 『石川のトリセツ』 2021年2月1日、昭文社

外部リンク編集

  • [1]NHK日本映像の20世紀「石川県」
  • 粟崎遊園 粟崎遊園についてのホームページ