メインメニューを開く

粟末靺鞨(ぞくまつまつかつ)は、中国の時代に中国東北部(現在の外満州)に存在した農耕漁労民族である靺鞨の七部のうちの一部である[1]

概要編集

大祚栄高句麗に附いていた粟末靺鞨出身者であり、高句麗が滅ぶと、家族を率いて営州に移り住んだ。

万歳通天元年(696年)、契丹首領の李尽忠孫万栄が反乱を起こし、営府を攻め落としたため、東突厥可汗阿史那默啜周朝に契丹討伐を願い出て、これを大破させた。この時、舎利の乞乞仲象という人物は靺鞨酋長の乞四比羽や、高句麗の残党たちと東へ逃れ、遼水を渡って太白山の東北に割拠した。武則天は初め、乞四比羽を封じて許国公とし、乞乞仲象を震国公としてその罪を赦したが、乞四比羽がその命を受けなかったため、玉鈐衛大将軍の李楷固中郎将の索仇を遣わしてこれを攻撃させた。乞四比羽と乞乞仲象は斬首され、乞乞仲象の子である大祚栄は余衆を率いて遁走した。李楷固は大祚栄らを追撃したが、大祚栄が高句麗,靺鞨の兵を使って反撃してきたため敗北した。

時に契丹が東突厥に附いて中国~靺鞨間の道を遮断したため、周は再び大祚栄を討伐することができなくなった。大祚栄は乞四比羽の衆を併合し、中国から遠いことを利用して震国を建国。自らを震国王と号して東突厥に臣従した。また、夫余沃沮弁韓などの諸国を支配下に置いた。

中宗(在位:683年 - 684年705年 - 710年)の時代、大祚栄は息子をに遣わして入侍した。睿宗先天中期(712年 - 713年)、唐は大祚栄を拝して左驍衛大将軍・渤海郡王・忽汗州都督とした。この頃より大祚栄は靺鞨の号を使わなくなり、専ら渤海と称すようになる[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ デジタル大辞泉+Plus『靺鞨』 - コトバンク
  2. ^ 『新唐書』列伝第一百四十四 北狄