メインメニューを開く

粟津の戦い(あわづのたたかい)は、寿永3年1月20日1184年3月4日)に近江国粟津にて行われた源義仲源頼朝派遣の東国諸将との間の戦い。治承・寿永の乱の1つ。

粟津の戦い
Battle of Awazu.jpg
粟津ヶ原の戦い(歌川芳員画)
戦争治承・寿永の乱
年月日:寿永3年(1184年)1月20日
場所近江国粟津 (現在の滋賀県大津市晴嵐2丁目、盛越川ほとりの今井兼平の墓付近と推定される)
結果頼朝軍の勝利
交戦勢力
Sasa Rindo.svg源氏(頼朝)軍 Sasa Rindo.svg源氏(義仲)軍
指導者・指揮官
源範頼 源義仲
戦力
数千騎 数騎
損害
数名 数名
治承・寿永の乱

経過編集

法住寺合戦後、源頼朝は後白河法皇の命を受けて弟の範頼義経以下、傘下の東国諸将に義仲討伐を命じた。宇治川の戦いなどで敗れた義仲は後白河法皇を連行して京都を脱出しようと図るが、六条河原の戦いで再度敗れて、今井兼平らわずかの兵を連れて根拠地のある北陸への逃走を試みた。

平家物語では悲壮感が多く主従がお互いへの愛情など平家物語での涙を誘うクライマックスシーンの1つである。 義仲が近江国粟津に着いたところ、長年信濃国の支配を巡る争いで因縁があった一条忠頼率いる甲斐源氏軍と遭遇、最早戦力として成り立たなくなっていた義仲軍は潰滅し、義仲 今井兼平 巴御前 手塚光盛 手塚別当の僅か5綺であった。義仲が 手塚別当に逃げよと促す最中に別当は躊躇する。更に手塚光盛が別当に逃げよと催促するも討死する。手塚別当を逃げよと催促する間に 手塚光盛は敵に囲まれて討ち死にし果てる。義仲が落ち延びよとの巴御前に催促し巴は義仲に最後の咆哮と敵恩田八郎の首をねじきり離脱する。辛うじて逃げ切った義仲に従うのは兼平のみであった。そこで義仲は覚悟して自害の場所を求めて粟津の松原に踏み込んだところ、馬の脚が深田に取られて動けなくなり、そこを顔面に矢を射られて討ち死にし、これを見た兼平も自害して、木曾源氏勢力は崩壊した。

なお、義仲を討った人物については諸説あり、『平家物語』『吾妻鏡』は三浦氏庶流の石田為久、『愚管抄』は義経配下の伊勢義盛と伝えている。

参考文献編集

 
義仲最期の地近くにある義仲寺