メインメニューを開く

粟田口 忠良(あわたぐち ただよし)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての公卿歌人摂政近衛基実の次男。官位正二位大納言鳴滝大納言と号す。粟田口を家号とし、粟田口家の祖となる。

 
粟田口忠良
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代初期
生誕 長寛2年(1164年
死没 嘉禄元年5月16日1225年6月23日
別名 鳴滝大納言
官位 正二位大納言
主君 安徳天皇後鳥羽天皇土御門天皇順徳天皇
氏族 近衛家庶流粟田口家
父母 父:近衛基実、母:藤原顕輔
兄弟 近衛基通、通子、忠良、覚尊、祐覚、
道鑑
滋野井実国娘、藤原定能娘、藤原師長
藤原基良衣笠家良、良全、良覚、
忠源、忠豪、良性、良勝
テンプレートを表示

経歴編集

治承4年(1180年)、元服して正五位下に叙爵。以後、寿永2年(1183年)に従三位非参議文治5年(1189年中納言建久2年(1191年権大納言建仁2年(1202年)に大納言と進み、建仁4年(1204年)辞職。

承久3年(1221年)出家し、嘉禄元年(1225年)、薨去。享年62。

人物編集

体格は痩せていて性質は温和であったといい、政治の表舞台に立つより歌人としての活動が主であった。勅撰集に69首が入集しており、『新百人一首』の一人にも選ばれている。『古今著聞集』には、長期間ろくに出仕しなかったため危うく大納言の地位を剥奪されそうになり、その心境を和歌を通じて異母兄・近衛基通と語り合う逸話が収録されている。

系譜編集