メインメニューを開く

粟野 秀用(あわの ひでもち)は、安土桃山時代武将大名伊予国正木城主。

 
粟野秀用
時代 安土桃山時代
生誕 不明
死没 文禄4年7月15日1595年8月20日
別名 通称:藤八郎、喜右衛門
戒名 真光院殿秀明大居士
官位 木工頭
主君 伊達政宗豊臣秀吉秀次
テンプレートを表示

略歴編集

陸奥国の出身。当初は伊達政宗の家臣であったが、罪を犯し、死罪に処せられることを知って逃亡。京都に出奔。尾張国豊臣秀吉に仕えた。勇敢な働きによる軍功をあげて知行1万石を与えられた。これを聞いた政宗は人を介して秀用を引き渡すように請うたが、秀吉は自分に仕えて功をあげて扶持を与えた者だからと拒否した。政宗は敢えてそれ以上求めず、秀用は益々忠勤するようになった。

天正13年(1585年)、四国攻めに従軍。その功により伊予正木城10万石を与えられ、木工頭にも任じられた。その後、豊臣秀次に転属、その重臣なって3万石を加増され、さらに天正18年(1590年)また3万石を追加された。この所領の中には三河国碧海郡池鯉鮒村1,000石が含まれている。

文禄4年(1595年)の秀次事件に連座して、京の三条河原にて斬首、または大雲院に入って秀次の無罪を訴えて自害した。法名は真光院殿秀明大居士[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 辞書にある「大雄誓義」は雀部重政のもので誤記。

出典編集

関連項目編集