メインメニューを開く

粟飯原 常世(あいはら つねよ、嘉永3年8月1850年) - 1919年大正8年)9月24日[1])は、大日本帝国陸軍軍人。最終階級は陸軍少将。位階勲等は従四位勲二等功三級[2]

粟飯原 常世
生誕 1850年8月
Ichimonjimitsuboshi.svg 長門国 長州藩
死没 (1919-09-24) 1919年9月24日(69歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1872年 - 1905年
最終階級 帝國陸軍の階級―肩章―少将.svg 陸軍少将
テンプレートを表示

経歴・人物編集

長門国出身。長州藩士・粟飯原右衛門兵衛の子[要出典]

1872年明治5年)2月、陸軍少尉に任官[3]1891年(明治24年)4月に陸軍歩兵中佐歩兵第19連隊長に補任され、第3師団桂太郎中将隷下で日清戦争に出征し、海城攻防戦にて奮戦した[1][3][4]

その後、1894年(明治27年)11月に陸軍歩兵大佐1896年(明治29年)9月には本職を免じられ歩兵第14連隊長に補され、翌年の1897年(明治30年)12月に陸軍少将・歩兵第7旅団長に任官する[1][3][5][6]

1900年(明治33年)3月に休職するが、のち復職し、留守歩兵第20旅団長、そののち後備歩兵第5旅団長となり日露戦争に出征した[1][7]1905年(明治38年)11月、予備役[1]

栄典編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『日本陸軍将官辞典』12頁。
  2. ^ a b 陸軍中将勝田四方蔵外六名特旨叙位ノ件』 アジア歴史資料センター Ref.A10110257600 、明治40年5月22日。
  3. ^ a b c 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』31頁。
  4. ^ 『官報』第2333号、明治24年4月14日。
  5. ^ 『官報』第3976号、明治29年9月28日。
  6. ^ 『官報』第4334号、明治30年12月10日。
  7. ^ 『官報』第5020号、明治33年3月30日。
  8. ^ 『官報』第3485号「叙任及辞令」1895年2月14日。
  9. ^ 『官報』第4347号「叙任及辞令」1897年12月25日。

参考文献編集

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。