精神外科(せいしんげか)とは、かつて精神疾患の治療法として流行した、大脳外科手術を行うことにより、精神科医による患者治療が行えるとした医療分野であった。代表的なものに前頭葉切截術(ロボトミー)がある。

目次

概説編集

かつては、精神外科の名のもとに爆発性精神病質などの診断を受けた患者に対し、情動緊張や興奮などの精神障害を除去する目的で前頭葉白質を切除する手術(ロボトミー)が実施されていた[1]。しかし、ローズマリー・ケネディが父親の命で前頭葉白質を切除する手術を受けたところ後遺症を負うなど、のちに前頭葉切截術(ロボトミー)の問題点が明らかとなった[1]。前頭葉切截術(ロボトミー)が禁忌とされるに至った経緯については#歴史を参照。

なお、語源については、人を「ロボット (robot)」 のようにしてしまうからロボトミーという誤解が一部ある。ロボトミー(lobotomy)は、肺や脳などで臓器を構成する大きな単位である「葉(lobe)」[2]を一塊に切除することを意味する外科分野の術語である。ロベクトミー(lobectomy, 葉切除)と同義である

当項目のロボトミーでは「前頭葉切除」を意味し、「大脳葉にある神経路を1つ以上分断すること」と定義される[3]。肺がんなどのため肺の一部を葉ごと切除(例:肺下葉切除)することもロボトミーの一種であるが、臨床ではロベクトミーの方が用いられる。

術式編集

種類編集

モニス術式
両側頭部に穴をあけ、ロボトームという長いメス前頭葉を切る。
経眼窩術式
ウォルター・フリーマンが考案した術式。眼窩の骨の間から、アイスピックの様な器具を大脳前頭葉部分に到達させ、神経繊維を無造作に切断する。頭蓋骨を壊さず、外側から見える傷跡がないというメリットがあった。
眼窩脳内側領域切除術
広瀬貞雄日本医科大学名誉教授が開発した術式。

生理学的観点から編集

当時の標準的なロボトミーの術式は、前側頭部の頭蓋骨に小さい孔を開け、ロイコトームと呼ばれたメスを脳に差し込み、円を描くように動かして切開するというものであった。前頭前野と他の部位(辺縁系や前頭前野以外の皮質)との連絡線維を切断していたと考えられる。前頭前野は、意志、学習、言語、類推、計画性、衝動の抑制、社会性などヒトをヒトたらしめている高次機能の主座である。

歴史編集

欧米編集

1935年、ジョン・フルトン(John Fulton)とカーライル・ヤコブセン(Carlyle Jacobsen)が、チンパンジーにおいて前頭葉切断を行ったところ、性格が穏やかになったと、ロンドンで行われた国際神経学会で発表したのを受け、同年、ポルトガル神経科エガス・モニスが、リスボンのサンタマルタ病院で外科医のペドロ・アルメイダ・リマ(Pedro Almeida Lima)と組んで、初めてヒトにおいて前頭葉切截術(前頭葉大脳のその他の部分から切り離す手術)を行った。

その後1936年9月14日ワシントンD.C.ジョージ・ワシントン大学でも、ウォルター・フリーマン (Walter Jackson Freeman II) 博士の手によって、アメリカ合衆国で初めてのロボトミー手術が、激越性うつ病患者(63歳の女性)におこなわれた。

当時に於いて、治療が不可能と思われた精神疾病が、外科手術である程度は抑制できるという結果は、注目に値するものであって、世界各地で追試され、成功例も含まれたものの、特にうつ病の患者の6%は手術から生還することはなかった。また生還したとしても、しばしばてんかん発作・人格変化・無気力・抑制の欠如・衝動性など、重大かつ不可逆的な副作用が起こっていた。

しかし、フリーマンとジェームズ・ワッツ (James W. Watts) により術式が「発展」されたこともあり、難治性の精神疾患患者に対して、熱心に施術された。1949年にはモニスにノーベル生理学・医学賞が与えられた。しかし、その後、抗精神病薬の発明とクロルプロマジンが発見されたことと、ロボトミーの予測不可能な副作用の大きさと人権蹂躙批判が相まって規模は縮小し、精神医学ではエビデンスが無い禁忌と看做され、廃止に追い込まれる。

また、モニス自身もロボトミー手術を行った患者に銃撃され重傷を負い、諸々の施術が(当時としては)人体実験に近かった事も含め、医学倫理上の槍玉に挙げられ、外科手術が廃れる事になる[4]

日本編集

日本では1942年昭和17年)、新潟医科大学(後の新潟大学医学部)の中田瑞穂によって初めて行われ[5]第二次世界大戦中および戦後しばらく、主に統合失調症患者を対象として各地で施行された。

日本では、1975年(昭和50年)に、「精神外科を否定する決議」が日本精神神経学会で可決され、それ以降は行われていない。日本では、このロボトミー手術を受けた患者が、インフォームド・コンセントのないまま手術を行なった精神科医の家族を、復讐として殺害した事件に発展した(ロボトミー殺人事件)。

名古屋大学医学部精神医学教室で、ロボトミーを受けた患者の病理解剖では、前頭葉全体が空洞化されており、スカスカだったという。当時解剖した患者で一番多かったのはアルコール依存症であった。なお、同教室の医師が他の医師と手術の統計をまとめようとしたところ、手術記録や診療録が、何処にも見当たらなかったという。これは前出のロボトミー否定の学会決議を受け、病院側が資料を破棄したものと見られている[6]

日本精神神経学会の1975年(昭和50年)の精神外科を否定する決議でロボトミー手術の廃止を宣言したことから、日本精神科において、精神疾患に対してロボトミー手術を行うことは、精神医学禁忌である。しかし、精神障害者患者会の一つ、全国「精神病」者集団の声明(2002年9月1日)では『厚生省の「精神科の治療指針」(昭和42年改定)はロボトミーなど精神外科手術を掲げており、この通知はいまだ廃止されていない。』と主張している[7]

年表[8]編集

精神外科を取り上げた作品編集

  • 手塚治虫の漫画『ブラック・ジャック』では精神外科の描写がある第58話「快楽の座」が単行本未収録となっている。他にも未収録の作品はあるが、文庫版や他の書籍での収録や改作などが行われていないのはこの作品のみである。漫画雑誌『少年チャンピオン』に掲載後、表現などの問題で抗議が来たためと考えられるが[独自研究?]、この話において手塚は精神外科に対し否定的な描写をしている。また、単に言葉が使われているだけ、しかも誤用されているもの(これは「快楽の座」も同様)として、第41話「植物人間」がある。これは単行本(旧版少年チャンピオン第4巻)に収録されていたが、後に、「からだが石に…」に差し替えられた。
  • 医学博士で作家の渡辺淳一による『脳は語らず』は、1970年代に日本の大学で行われ、後で週刊誌などに取り上げられた「事件」に発展したロボトミー手術をドキュメンタリータッチで描いた小説である。

脚注編集

  1. ^ a b 安達和俊『現代社会の健康科学』エンタプライズ、2008年、345頁
  2. ^ 葉とは、大脳では前頭葉や側頭葉、頭頂葉などから構成され、肺では上葉、下葉などから構成される。
  3. ^ ステッドマン医学大辞典改訂第5版(メディカルレビュー)
  4. ^ ジョン・F・ケネディの妹ローズマリー・ケネディは、先天性の軽い知的障害を患い、体面を気にした父親ジョセフにより、ロボトミー手術を無理矢理受けさせられた。
  5. ^ 『東大病院精神科の30年』 28頁によると、「1938年(昭和13年)新潟大学ロボトミー開始(中田瑞穂)」とある。
  6. ^ 精神科がおかしい―「医者」も「患者」も大混乱ありのまま!〈宝島社〉2001年
  7. ^ 『精神保健従事者団体懇談会特別フォーラムに参加された皆様へ』[1]全国「精神病」者集団 2010年1月22日閲覧
  8. ^ 『東大病院精神科の30年』 28-43頁他
  9. ^ a b 『封印作品の謎』安藤健二 太田出版 ISBN 978-4872338874

関連項目編集

参考文献編集